2007年07月27日

波から音をつくる!?

20070727(01).jpg 20070727(02).jpg
20070727(03).jpg 20070727(04).jpg
20070727(05).jpg 20070727(06).jpg
20070727(07).jpg 20070727(08).jpg
( 2007/07/17,07/27 Photo by Masa. Hattori )


□ 波から音。

らせんな蜂的花火は、ひとまず置いておいて。(つまり、今週末までに
完成の見込みがないということだ・・・。)

音の波形を何かの方法で生成できないか前から考えていたのですが、
先日の水面下のCausticsを計算したときにつくった波の真似部分を
使って、音の波形にしてみようと考えました。

もともと音波は波ですから、きっと素性は悪くないはずだと思った
わけです。

気が短い読者の方のために、結論から先に書きますと、木琴という
よりは鉄琴のような音の主成分と、それのエコーに、太鼓のような、
スネアドラムのような音が混ざって聞こえました。

波の発生源が振動している期間に鉄琴の音が聞こえて、その振幅が
波の世界の中で反射している様子が太鼓の音のように思えました。
その2つの音がアタマの中では全く別物の音で、一箇所で発生した
音が、何でそのように違う音になるのかがよく分かりません。

そのためなのでしょう、綺麗な音とは言えず、くぐもった様な音。
ボリュームを上げて何度も聞いていると、その2つの音を分解して
アタマが認識するような気がします。とてもご披露できるような
音ではありません・・・。

というか、きっと世の中には、すでに波形生成・編集ソフトの定番が
あるような気がしてならない・・・。それでもそのソフトを調べよう
という気にならない・・・。まずは「音」と「波形」の体感把握を
してみたいのだと思います。


□ なぜか進化論

放送大学で、今週、分子生物学をやっているようです。
録画を全てチェックしているわけではないのですが、DNA中の遺伝子を
mRNA(メッセンジャーRNA)に転写するしくみが気になってしょう
がありません。

DNAに原核生物では TATA(A/T)A のような決まった塩基配列があり、
それが転写の開始位置を示す「プロモーター」なのだそうです。
ある条件の下である酵素がそこからはじまる遺伝子を転写して、
そのmRNA等が複製され、それがタンパク質合成の設計図になる。

とここまで書いておいて「波から音」と何の関係があるのかという
ことなのですが、何か音の成分というのは、DNA中の遺伝子のような
ものなのではないかと、漠然とイメージしたからです。

そこに進化の波と、音波との類似性があるような気がしました。
さて・・・、そこから何が導かれるかということについては・・・
ナゾです。


[2007/07/27 22:27 らんせん->らせん 修正。]
[2007/07/27 21:10 文章追加。]
[2007/07/27 20:50 <現在、執筆の途中・・・ 。>]
[2007/07/27 20:40 写真追加。]
[2007/07/27 20:22 <現在、執筆の途中・・・ 。>]
[2007/07/27 20:22 出出し掲載。]
posted by LB at 20:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

螺旋な蜂的花火(銀蜂)

20070724(01).jpg 20070724(02).jpg
20070724(03).jpg 20070724(04).jpg
20070724(05).jpg 20070724(06).jpg
20070724(07).jpg 20070724(08).jpg
( 2007/07/24 Photo by Masa. Hattori )


□ 螺旋な蜂的花火(銀蜂)

初めて螺旋にしたにしては、動きはそれなりにいい感じがします。

しかし・・・。致命的な間違いと、まだまだ納得できない部分があり。
今週末の花火大会前に、完成とはいかないものだろうか〜。
posted by LB at 05:55| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

花火仮想実験

20070723(01).jpg 20070723(02).jpg
20070723(03).jpg 20070723(04).jpg
20070723(05).jpg 20070723(06).jpg
20070723(07).jpg 20070723(08).jpg
( 2007/07/22 Photo by Masa. Hattori )


□ 花火仮想実験

昨年の夏につくった花火の点の数を10倍に増やして3Dにする実験を
してみました。さすがに10倍になると迫力が変わってきます。

いろいろなことができそうな気がしてきました。
今のところは、そのいろいろなことをアタマの中で列挙すること
からはじめてみようかと思います。
posted by LB at 00:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

ヘッドフォン復活!

20070720(01).jpg 20070720(02).jpg
20070720(03).jpg 20070720(04).jpg
20070720(05).jpg 20070720(06).jpg
( 2007/07/19 Photo by Masa. Hattori )


□ ヘッドフォン復活!

愛用の密閉型のヘッドフォンの片方のスピーカーが鳴らなくなって
から、どれくらいの月日が流れただろう。1ヶ月以上経ったと
思います。

久々に原因を解明しようと2回目のトライです!
スピーカー自体に原因があるのか、それともコードに原因があるのか
の原因の切り分けをしようと思ったのです。

調査用のコードをあてて問題のスピーカーの音が鳴るかのテストです。
鳴りませんでした。そのときは何となくスピーカー自体に問題が
あるかのように思えました。
よ〜く観察してみると、電極の先に髪の毛のように細い糸のような
電線が2本、鼓膜のような素材の中に伸びています。よくよく
眺めてみると、鼓膜のような素材の中心の小山を取り囲むように
電気の通り道がありました。これが磁石と関わって振動を起こす
わけか〜。

その2本の細い線と電極との間がうまく繋がっていないのではないか。
いろいろな仮定のもとに、調査用のコードの先の金属の糸の先で
つんつんつついてみたり、もう片方のスピーカーにある3本の電極と
繋げてみたりいろいろ試してみました。

15分程試行錯誤して、もうこれは修理依頼するしかないのではないか
という気持ちになっていました。最後にショートして正常な音が止まる
パターンに、調査用コードを接続したときでした。
「ジリ。」「ジリ、ジリ・・・。」
「おぉ〜。鳴ったぞ〜。」

そのときの私には奇跡としか思えない事態が起こりました。
今まで、極めて小さな音でしかならなくて、故障かと思われた
スピーカーが、急に大きな音で鳴り始めました。

やった〜。これでスピーカー交換という事態から回避できました!!

何が原因だったのかは、直ってしまってからは定かではありませんが
修理の方法論としては、つんつんつつくのと、電気ショックが、
確立!?されました〜。

過去に、暑い夏の日に炎天下の中、自転車に乗りながら耳から発生
する大量の汗が、ヘッドフォンの内部からしたたり落ちる程に過酷な
状況で、突然ショートして、故障してしまったヘッドフォン。
さすがに、そんな過酷な使い方はしないように学習していたのですが。

またまた復活しました!
私の愛用のヘッドフォン♪
posted by LB at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

動画: リアルタイム・コースティクス ( Real Time Caustics: Waves and Photons Simulator )


20070718(02).jpg



20070718(01).jpg




posted by LB at 00:20| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リアルタイム・コースティクス ( Real Time Caustics: Waves and Photons Simulator ) シミュレーター。

20070718(01).jpg 20070718(02).jpg
20070718(03).jpg 20070718(04).jpg
20070718(05).jpg 20070718(06).jpg
20070718(07).jpg 20070718(08).jpg
( 2007/07/17 Photo by Masa. Hattori )

[2007/07/17 22:02 文章追記の予定あり。]
posted by LB at 00:18| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

50000の点達☆

20070717(01).jpg 20070717(02).jpg
20070717(03).jpg 20070717(04).jpg
( 2007/07/16 Photo by Masa. Hattori )


□ 5万の点達。

驚きました。昨年につくった単純なハチの花火は、最大でも、
点を500〜1000個くらいに抑えたものだったのですが、
私のマシンでは、点が、50000個も表示できるではありませんか。
一瞬自分の目を疑りましたが本当に50000個くらいあるみたいでした。
100000個も表示できそうでしたが、50000個と100000個の違い
というのはそうたいした違いはないのかもしれません。

この前のキューブもそうだったのですが、この点たちを眺めていると
目が、ぐるぐる、ぐるぐる、と、回ってゆきます・・・。

何か、本当に世界がぐるぐる動いているような。
あまりにもリアルな めまい が止まないと思っていたら、
本当に地震で世界が動いていました。

少し、自分の知覚が正しかったことに自信を持ちました。
と同時に、こんなにぐるぐる目が回っていていいのだろうか。
多少は気にならないこともないのですが、目の前の目的を果たす
までは、まだまだ目を回してみようかと、思案しています。

ちなみに星シェーダーはしばらくお休みの予感。別のものに興味を
持ち始めているような気がします。
posted by LB at 00:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

星シェーダー。

20070716(01).jpg 20070716(02).jpg
20070716(03).jpg 20070716(04).jpg
( 2007/06/16 Photo by Masa. Hattori )

□ 星シェーダー。

ここ数日、星空を見ていない気がします。
NASAの写真ライブラリーもなぜか繋がらず。

そこで、自分の好きなように星空を描くことを考えているところです。
ああ、先は長いです。

お星様シェーダー。できた暁には、100万の星をキャンバスに描きます・・・。
あれ!? それって、真っ白なキャンバスと同じものにならないとも限らない・・・。
程度が難しそうです。
よって、これも完成予定年月日は1〜2万年後くらいかもしれません。


[2007/07/15 20:48 テキトウな写真を掲載。]
[2007/07/15 20:32 写真物色中・・・]
posted by LB at 00:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

作品タイトル:「虹はいつも其処にある。」

20070714(01).jpg 20070714(03).jpg
20070714(02).jpg 20070714(04).jpg
( 2007/07/13 Edited by Masa. Hattori )


[2007/07/13 20:43 4コマ掲載。]
[2007/07/13 20:17 予定完成年月日:2.2007/07/14]
[2007/07/13 20:17 4コマ想像中。]
[2007/07/13 20:17 タイトル掲載(!?)]
posted by LB at 00:17| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

キューブ完成!!

20070711(01).jpg 20070711(02).jpg
20070711(03).jpg 20070711(04).jpg
20070711(05).jpg 20070711(06).jpg
( 2007/07/10 Photo by Masa. Hattori )


□ 完成!!

昨日のキューブですが、やはり折り紙の色を間違って貼っていた
ことが明らかになりました。
白とオレンジの三角のブロックと、緑とオレンジの三角のブロックの
2つがあって、どちらも色がとれて白くなっていたんです。
わたしはなんとなくそのうちの片方に緑の折り紙を張ってしまって
いたのですが・・・。
もう一度観察してみると、緑だと思っていたブロックのオレンジの
色のあせ方は、白側にあると、ちょうど調和がとれることに
気がつきました。2つの色を元通りにしてみました。

これで昨日の2つのブロックとあわせてさらに2つのブロックの、
合計4つを操作すればいいことになります。
3つ〜4つの三角ブロックの操作手順は、すでに編み出して
いましたから、とうとう、キューブの6面が綺麗に揃いました!!

いや〜。すっきりしました。

くらだらないと思っている方々がきっと多いのかもしれないとは
私もなんとなく感じてはおりましたが・・・、こうして、綺麗に
結果をみると、何か達成感があって、嬉しいものですね!
posted by LB at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。