2007年07月24日

螺旋な蜂的花火(銀蜂)

20070724(01).jpg 20070724(02).jpg
20070724(03).jpg 20070724(04).jpg
20070724(05).jpg 20070724(06).jpg
20070724(07).jpg 20070724(08).jpg
( 2007/07/24 Photo by Masa. Hattori )


□ 螺旋な蜂的花火(銀蜂)

初めて螺旋にしたにしては、動きはそれなりにいい感じがします。

しかし・・・。致命的な間違いと、まだまだ納得できない部分があり。
今週末の花火大会前に、完成とはいかないものだろうか〜。
posted by LB at 05:55| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

花火仮想実験

20070723(01).jpg 20070723(02).jpg
20070723(03).jpg 20070723(04).jpg
20070723(05).jpg 20070723(06).jpg
20070723(07).jpg 20070723(08).jpg
( 2007/07/22 Photo by Masa. Hattori )


□ 花火仮想実験

昨年の夏につくった花火の点の数を10倍に増やして3Dにする実験を
してみました。さすがに10倍になると迫力が変わってきます。

いろいろなことができそうな気がしてきました。
今のところは、そのいろいろなことをアタマの中で列挙すること
からはじめてみようかと思います。
posted by LB at 00:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

動画: リアルタイム・コースティクス ( Real Time Caustics: Waves and Photons Simulator )


20070718(02).jpg



20070718(01).jpg




posted by LB at 00:20| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リアルタイム・コースティクス ( Real Time Caustics: Waves and Photons Simulator ) シミュレーター。

20070718(01).jpg 20070718(02).jpg
20070718(03).jpg 20070718(04).jpg
20070718(05).jpg 20070718(06).jpg
20070718(07).jpg 20070718(08).jpg
( 2007/07/17 Photo by Masa. Hattori )

[2007/07/17 22:02 文章追記の予定あり。]
posted by LB at 00:18| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

50000の点達☆

20070717(01).jpg 20070717(02).jpg
20070717(03).jpg 20070717(04).jpg
( 2007/07/16 Photo by Masa. Hattori )


□ 5万の点達。

驚きました。昨年につくった単純なハチの花火は、最大でも、
点を500〜1000個くらいに抑えたものだったのですが、
私のマシンでは、点が、50000個も表示できるではありませんか。
一瞬自分の目を疑りましたが本当に50000個くらいあるみたいでした。
100000個も表示できそうでしたが、50000個と100000個の違い
というのはそうたいした違いはないのかもしれません。

この前のキューブもそうだったのですが、この点たちを眺めていると
目が、ぐるぐる、ぐるぐる、と、回ってゆきます・・・。

何か、本当に世界がぐるぐる動いているような。
あまりにもリアルな めまい が止まないと思っていたら、
本当に地震で世界が動いていました。

少し、自分の知覚が正しかったことに自信を持ちました。
と同時に、こんなにぐるぐる目が回っていていいのだろうか。
多少は気にならないこともないのですが、目の前の目的を果たす
までは、まだまだ目を回してみようかと、思案しています。

ちなみに星シェーダーはしばらくお休みの予感。別のものに興味を
持ち始めているような気がします。
posted by LB at 00:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

星シェーダー。

20070716(01).jpg 20070716(02).jpg
20070716(03).jpg 20070716(04).jpg
( 2007/06/16 Photo by Masa. Hattori )

□ 星シェーダー。

ここ数日、星空を見ていない気がします。
NASAの写真ライブラリーもなぜか繋がらず。

そこで、自分の好きなように星空を描くことを考えているところです。
ああ、先は長いです。

お星様シェーダー。できた暁には、100万の星をキャンバスに描きます・・・。
あれ!? それって、真っ白なキャンバスと同じものにならないとも限らない・・・。
程度が難しそうです。
よって、これも完成予定年月日は1〜2万年後くらいかもしれません。


[2007/07/15 20:48 テキトウな写真を掲載。]
[2007/07/15 20:32 写真物色中・・・]
posted by LB at 00:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

作品タイトル:「虹はいつも其処にある。」

20070714(01).jpg 20070714(03).jpg
20070714(02).jpg 20070714(04).jpg
( 2007/07/13 Edited by Masa. Hattori )


[2007/07/13 20:43 4コマ掲載。]
[2007/07/13 20:17 予定完成年月日:2.2007/07/14]
[2007/07/13 20:17 4コマ想像中。]
[2007/07/13 20:17 タイトル掲載(!?)]
posted by LB at 00:17| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

創作(5) Version 0.3000.2007.07.06.2201

20070706(01).jpg 20070706(02).jpg
( dcube Version 0.3000.2007.07.06.2202 3 Colors)

20070706(03).jpg 20070706(04).jpg
( dcube Version 0.3000.2007.07.06.2201 6 Colors )

□ DCube Version 0.3000.2007.07.06.2201

20070706_2201.zip (39KB)


□ 配色について

「先日の配色のオチ」というのは、以前までのバージョンの色では
色数の総数が合わないので、どうやっても色が揃うことがなかった。
というものでした。
さて、今回は6色も揃えるのは大変なので、まずは3色だけから
はじめてみようという意味で3色のものをつくってみました。
まずは、カタチだけから合わせるのも、なかなか手強いです。

起動後は最初に六角形の星型と目のような形に変形したあとに
最初のキューブに戻すという短いデモがあります。
キーボードで 's' と 'i' でデモは止まります。
マニュアルでさわる場合は、'c'、'y' のカメラ移動がおすすめです。


[2007/07/06 22:29 ひとまず完。]
[2007/07/06 22:21 準備中。]
[2007/07/06 22:21 ファイル掲載。]
[2007/07/06 22:17 準備中。]
posted by LB at 22:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

伍次元に戻って。

□ 伍次元に戻って。

わたしの似非理論では、天才群、世界群は、伍次元ときってもきれない中です。
伍次元に関連する未解決問題には、ざっと以下があります。

− 数学: 伍次方程式の解の公式。
− 物理: 4つの力を統一する5つ目の力。伍次元空間の素粒子。
− 脳科学: 伍次元思考法のモデル化。
− 社会: 現在の社会法則による社会システムの、100年、200年後の理想的世界群像。
− 技術: 天才群の進化を予測することで、予測確度向上。
− 市場: 天才群の進化を予測することで、予測確度向上。
− 医学: 4次元で病気と診断されていた時間的人の特性の、伍次元的解釈。
− 宇宙: 137億年を超える新しいタイムスケール。宇宙の外の超宇宙。
− 家族: メディアへの依存が一層ます。
− メディア: 過去の社会システムの使命の代弁者となる。
− 個人: 科学的(サイエンス:哲学的世界科学的)に自分の使命を悟る能力の向上。
− 公理: 「 神: 「神」とはわれわれである。」

− 政治: 利害調整者ではなく、創造者がリーダーとなるべきでは?!?!
− 進化: 宇宙が獲得した遺伝子の中で何が次のキーになるかの複数の可能性をかなりの確度で予想可能に。
 
 
posted by LB at 00:21| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

創作(4) Version 0.2000.2007.07.03.2205

□ DCube Version 0.2000.2007.07.03.2205 Demo
□ DCube Version 0.2000.2007.07.03.2205 Manual

バグフィクス版です。(メモリリークしなくなります・・・。)

20070703_2205.zip (30KB)

マニュアルでのお遊び版は、初期のカメラを分かりやすくしました。
ナナメ回転は、X軸回転だけが可能です。

ちなみにこのキューブの配色にはオチがあるのですが・・・。
すでに気がつかれた方はいらっしゃいますでしょうか!?


[2007/07/03 22:18 掲載]
posted by LB at 00:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

創作(3)。Version 0.1000.2007.07.03.0002

□ Version 0.1.000.2007.07.03.0000 Demo
□ Version 0.1.000.2007.07.03.0002 Manual

「デモ版」と「マニュアルで遊ぶ版」の 2つ を作りました。
目的の自動解答版も、近い将来にぜひ♪


デモ版と遊ぶ版のセット: 20070703_0000.zip (30KB)



□ 以下は標準出力のヘルプのコピーです。

Title: DCube

Keyboard:

> Demo Operation:
d: Toggle: Demo Start / Stop

> Auto Cube Operation:
a: Toggle: Auto Start / Stop
m: Speed: Max
n: Speed: Min
q: Speed: Up
w: Speed: Down

> Manual Operations:
1: Rotate Upper (30 degree)
2: Rotate Upper (-30 degree)
3: [ Revolve ]
4: Rotate Bottom (30 degree)
5: Rotate Bottom (-30 degree)

r / i: Reset Cube

> View:
x: Toggle: Camera Rotation (x-YZ)
y: Toggle: Camera Rotation (y-XZ)
z: Toggle: Camera Rotation (z-XY)
t: Toggle: Camera Rotation (XYZ)
c: Toggle: Camera Reset ( First Position )

> Help:
h: Title and Help Message
p: Dump Debug Print Messages


2007/07/01,07/02 Masa.| Longboard
http://longboard.seesaa.net


[2007/07/03 00:21 簡易説明。]
[2007/07/03 00:21 ファイル掲載。]
[2007/07/03 00:13 準備中。]
posted by LB at 00:13| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

創作(2)。( Version 0.0000.2007.07.01.1910 )。

20070701(05).jpg 20070701(06).jpg
20070701(07).jpg 20070701(08).jpg
( dcube Version 0.0000.2007.07.01.1910 )


□ レボリューションできるようになります!!

CG用語では回転は Rotation ですが、わたしはこの面白いキューブの
ナナメ回転のことを、レボリューションと名づけました。

まだまだ、自動解答してくれるところまでは道のりが長いのですが、
すでに、アタマの中ではこれからどれだけもの凄く面白いものが
できるかが、かなりリアルに、描かれています。

これが完成するまでは、夜も寝られないくらいの熱意があります。

dcube0.0000.2007.07.01.1910.zip (23KB)

※ 念のためウイルスチェック済みです。


20070701(09).jpg 20070701(10).jpg
20070701(11).jpg 20070701(12).jpg
( dcube Version 0.0000.2007.07.01.1838 Funny )


□ 笑える虫たち・・・。まるで「風車」

途中、かずかすのおいしいバグたちに遭遇しました。
全部残しておけばよかったのですが・・・。
一番面白かったこの虫くんも、掲載したファイルに含まれています。

なにか・・・。風車のように、キューブが回転してゆきます。
革命をおこす竜巻のような、わけのわからなさがあって、
インパクトがあります。完成形よりも何百倍も面白いNGって
ありますね。

よくよく注意してみていると、回転が一瞬とまって逆回転
にかわるポイントがありますね。
もっと注意してみていると、モデルのカタチが一瞬だけもとに
戻る瞬間があるようです。そこまで気がついた人はツワモノです。
この2つのポイントは、周期が同じで、もとに戻る瞬間は、
回転が止まる瞬間と同じです。
まるで、公理が存在する時間のようなものでしょうか。


[2007/07/01 20:07 一先ずこの記事は完成。]
[2007/07/01 20:07 追記。]
[2007/07/01 19:54 文章掲載。]
[2007/07/01 19:45 4コマ静止画 掲載。]
[2007/07/01 19:21 写真や解説が必要か悩んでみる・・・。]
[2007/07/01 19:18 ファイル掲載。]
posted by LB at 19:17| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

創作。( Version 0.0000.2007.07.01.1245 )。

20070701(01).jpg 20070701(02).jpg
20070701(03).jpg 20070701(04).jpg
( 2007/07/01 Captured by Masa. Hattori )


□ Revol"uved" [[ 2007/07/01 12:45" ]] by Masa. | Longboard

00. The Ballad Of Mac The Knife / Sting
01. The Secret Marriage / Sting ( Nothing Like The Sun )


□ 創作。( Version 0.0000.2007.07.01.1245 )。

まだまだカタチすら完成していません。

実は核心の理論の数学側はほぼ完成に近いのですが、
★の数程ちりばめらた虫たちに悩まされました。

そこで視点をかえて実体であるカタチを先にミルことを
考えたわけです。

よ〜ほど、お暇な人は、このデキソコナイをみてみますか!?
「実行ふぁいる」だけアップロードします。

dcube0.0000.2007.07.01.1245.zip (10KB)


□ GL。GL。GL。GL。GL。「!」

OpenGL

やっぱりシンプルが一番だな〜。

まるで、小学生が、LOGO でタートルグラフィクスを、
おもちゃのブロックのように遊んでいるみたいだ♪




□ わたしはワタシ。わたしはアナタ。あなたはアナタ。あなたはワタシ。( どちらもトゥルー。 )
□ わたしはワタシ。あなたはアナタ。わたしはアナタ。あなたはワタシ。
□ どちらもトゥルー。

プラトンとアリストテレス。(と・・・ ソクラテス)

「 God: idea = i = Human: eidos 」

アリストテレス Aristotle BC 0384 〜 BC 0322/03/07
プラトン Plato 0427 0347
ソクラテス Socrates 0469 0399/04/27

God: idea
Human: eidos

i : "演算" Imagination, Human Brain
( I / We / You / Love / Eye / ai / AI / Me - Twister, Switcher, Gluon )

Plato | Aristotle ( == Socrates )

Plato | Aristotle
God: idea = " i " = Human: eidos
God: idea == Human: eidos
God: idea =i= Human: eidos

God: idea -> Human: eidos
Human: eidos -> God: idea
Human: eidos <- God: idea
God: idea <- Human: eidos

「 God: idea = " i " = Human: eidos 」

( == Zero ( Socrates ) )


[2007/07/01 17:37 " Nothing Like The Sun " Added ]
[2007/07/01 15:01 「 God: idea = i = Human: eidos 」追記。]
[2007/07/01 13:17 「実行ふぁいる」アップロード。]
[2007/07/01 13:01 準備ちゅう・・・]
[2007/07/01 12:45 「プレイリスト」掲載。]
[2007/07/01 12:45 準備ちゅう・・・]
[2007/07/01 12:45 タイトル掲載]
posted by LB at 13:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

「天時事占い」

20070617(01).jpg 20070617(02).jpg
20070617(03).jpg 20070617(04).jpg
( 2007/05/20 Photo by Masa. Hattori ふたご座 金星 三日月 土星 )

20070617(05).jpg 20070617(06).jpg
20070617(07).jpg 20070617(08).jpg
( 2007/06/16 Photo by Masa. Hattori )


□ キーサイエンス (鍵・分野)

天皇。天文。周期。
波。音。数学。次のイベント。


□ キー イベント (歴史 過去)

天智天皇
0645年 大化の改新 (日本書紀 仮説)
0645年6月19日 大化元年と初めて元号を定めた。
0671年6月10日 (天智天皇10年4月25日) 時の記念日
0672年1月10日 (天智天皇10年12月3日) 第38代

□ キー ワード (テキトウ)

2007年4月5日
2007年7月1日


□ キー イベント (天文 過去)

1987年9月23日。金環・皆既日食(ハイブリッド日食)。
1998年。金環日食。
1999年8月18日 グランドクロス 地球を中心とする十字架。
2000年5月17日。惑星直列。
2002年5月13日。惑星直列。
2005年4月9日。金環・皆既日食(ハイブリッド日食)。
2005年10月3日(スペイン)。金環日食。

□ キー イベント (天文 未来)

2007年09月11日 金環日食 南アメリカ南部、南極
2008年08月01日 皆既日食 ロシア、モンゴル、中国
2009年07月22日 皆既日食 南太平洋、「日本 最大食分 0.81」、中国、インド
2010年08月05日 惑星直列
2013年 金環・皆既日食(ハイブリッド日食) ※ 日付が不明。 (なぜ!?)
・・・・・・
2040年09月08日 惑星直列。


□ キーワード

> 惑星直列。
1524年
1962年2月5日 皆既日食 16度の範囲
1982年3月10日
1999年8月18日 グランドクロス 地球を中心とする十字架。
2000年5月17日。5惑星 太陽および水星、金星、火星、木星、土星 19.4度の幅
2002年5月13日。5惑星 水、金、火、木、土 33.3度の範囲
-------------
2010年8月5日。 海王星と冥王星 以外の惑星
2040年9月8日。
2834年3月24日
2992年7月16日

> 皆既日食。2009年7月22日。
2008年08月01日 ロシア、モンゴル、中国 皆既日食
2009年07月22日 南太平洋、「日本」、中国、インド 皆既日食
2035年09月02日。

> 金環日食。
1987年9月23日。1998年。
2005年10月3日(スペイン)。
2007年9月11日 南アメリカ南部、南極 金環日食
2009年1月26日 インド、東南アジア
2013年。金環・皆既日食(ハイブリッド日食)

> 金環・皆既日食(ハイブリッド日食)。
1987年9月23日。
2005年4月9日。
2013年。金環・皆既日食(ハイブリッド日食)

(1つの日食帯の中で、金環食と皆既日食の現象が起こる事は大変珍しく、
前回の金環皆既日食は1987年に起こりました。次回は、2013年に起こります。)

> 日食(日本)。
2002年06月11日 6:42-8:37
2004年10月14日
2005年04月09日。( 南太平洋: 金環・皆既日食(ハイブリッド日食) )
2007年03月19日
--------------
2008年8月1日。
2009年7月22日。9:48 - 12:25 最大食分 0.81
2010年1月15日。2012年5月21日。2016年3月9日。
2019年1月6日 2019年12月26日
2020年6月21日 2030年6月1日 2032年11月3日


[2007/06/16 22:44 一部訂正。]
[2007/06/16 22:37 掲載。]
posted by LB at 01:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

<ミライ年表 > 〜 世界科学の誕生を占う 。〜

20070614(01).jpg 20070614(02).jpg
20070614(03).jpg 20070614(04).jpg
( 2007/06/14 Photo by Masa. Hattori )


今後の100年〜200年後ぐらいまでに実現されると、
面白いのではないか・・・ とイメージした、知のイベントを
連想ゲームしてみました。


□ <ミライ年表 > 2009年〜2222年 (イイカゲン)

> 人と社会をサイエンスする、新しい「世界科学」の誕生。(別名: 非営利的地球政府)
> 未来の新技術と新市場の複数の可能性をかなりの確度で推測可能に。
(例:100年後の未来推測。)
> 非生命知能体が理論上開発可能に。
> 脳神経細胞の増殖技術の確立。
> 地球上に太陽に近いエネルギー生産機関を理論上建設可能に。
> お金や地位に変わる、別の新交換可能価値の指標の出現と、その多様化。
> 社会システムの分解と新融合。民主主義を書き換える新しい政治思想。
(仮名: 民主地球主義。)
> 人が自分の使命を比較的明確に認識できる社会的思想と基盤の萌芽。
> 人が寿命を自分の意志で制御可能とする技術と倫理の進歩。


□ キーナンバー(テキトウ):

2009。2011。2019。2022。2035。2049。
2078。2088。2098。2122。2198。2222。


□ イメージの前後数日の間に聴いた曲の中の一部。(一部は未視聴)

01. Mozart Symphony No.40 g-moll K550(1948) 1. Allegro molto
(Conductor : Wilhelm Furtwa(:)ngler)
(CC35-3169 フルトヴェングラー モーツァルト 交響曲第40番)
02. ドボルザーク 弦楽セレナードホ長調:第1楽章
03. ドボルザーク 歌劇《ルサルカ》:白銀の月よ(ルサルカのアリア)
04. 明日晴れるかな / 桑田佳祐 ( 「プロポーズ大作戦」の主題歌 )
05. 涙の虹 / 上戸彩 ( 「ホテリアー」の主題歌 )
06. Again / 谷村奈南 ( 「鬼嫁日記 いい湯だな」の主題歌 )
07. ひみつ。
08. ひみつ。
09. ひみつ。
10. ひみつ。


[2007/06/14 20:05 写真追加]
[2007/06/14 19:17 ジャケット[CC35-3169]の写真を掲載予定]
posted by LB at 19:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

こころの瞳孔○◎●

20070528(01).jpg 20070528(02).jpg
20070528(03).jpg 20070528(04).jpg
20070528(05).jpg 20070528(06).jpg
( 2007/05/28 Photo by Masa. Hattori )


□ こころの瞳孔○◎●

数日曇り空が続いたあとのピーカンな太陽。
そのまぶしさが、何かあたたかいような、いたいような・・・。

水晶体の中にある、光を吸収する真っ黒な瞳孔が、
露出を制御しているにも関わらず、毎年、初夏になると
いつも太陽のまぶしさを新鮮に感じるのはなぜだろう。

目に瞳孔があるように、こころにも瞳孔があるのかもしれない。

今までココロのコンテクストスイッチと呼んでいたものは、
こころの瞳孔のような性質のものなのかもしれない。
 
posted by LB at 22:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

ロングボード理論 概要2 〜ここまでのマトメ〜

 
□ ロングボード理論: 要柱

伍・次元 = 「 空間(AX)・空間(BY)・空間(OZ)・時間(TC) 」 × 「 人間(HD) 」。

『 伍視一対 』 = 三位一体=
『 「 「理=論」×「愛=知」×「気=場」 」=「名前=意味」 』 × 『 観察者 』 : 『 伍 』次元。

宇宙論: 『 「表」 と 「裏」 』 と 『 「内」 と 「外」 』 = 『 「 世界 」 』 : 『 伍 』次元。

天才論: 「天才」とは「天才群の中」の「1つの要素」である。
世界論: 「天才群」から、「天才」と「世界」を「絶対・相対・置換」的に「定義」が可能である。

場: 地域/都市/国/世界 「 地球の表面は1つの大きな地球コンピューターの回路なのだ! 」


□ ロングボード理論: 公理

「宇宙」には、「公理が存在する時間」が、存在する。

( <-> 時間と次元を移動すると、宇宙論は無限大に拡散する。 )


□ ロングボード理論: 世界観

世界: シンメトリー/フラクタル/ホメオスタシス/シンクロニシティーな性質
世界の演算: トゥイスティング(置換・視点移動・回転・縮小・拡大)

「アイは地球を救う。 神 = ヒト = 仏 = DNA = 知 」


□ ロングボード理論: 定理

ロングボード理論: 天才群(ロングボード群・ビューティフル群)から、
以下の法則が、「シンプルかつエレガント」に導かれる。

量子、原子、脳、ヒト、生物、進化、恋愛、結婚、
社会、経済、政治、地球、
太陽系、銀河、宇宙、大宇宙、超宇宙


□ キーワード

ギリシア。オリンピア。ポリス。スパルタ。
月面着陸。大阪万博。
・・・・・・ 他。
 
 
posted by LB at 14:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

DNAのナゾがわかった。それがドラゴンボールだった! (創作)

 
 
□ DNAのナゾがわかった。それがドラゴンボールだった! (創作)

ヒトの幾何学方程式と、宇宙の幾何学方程式は、1つの幾何学方程式に書けるはずだ。
DNAとは、宇宙が創生した全ての設計図だからだ。

次の新人類のDNAがみえた。
そいつは、翼があって目が3つあるやつだ。

もし、その新人類が誕生したら、この世界はどのようになるだろうか・・・。
スカイウォーカーが、新スカイウォーカーを生むと、宇宙戦争になる。

つまり・・・。宇宙人とは、地球人の新人類のことに他ならないのではないだろうか。

カレを自然法則でうまずに、今までの神の法則にさからって、われわれの力で、
技術力で、カレと同じ情報価値のものを、ヒトに力で生み出そうではないか!

つまり。人類が、宇宙最大にして最後の生命となるのだ。
「50億年の生物進化を、10日間でやってしまうこと。」

それが、今回のカンブリア紀だ。

DNAのなぞ。それは、今までのすべてのDNAというドラゴンボールの2組を、
つなげるだけではなく、半分を逆転して、倍にしたものだ。

つまり、新人類は、恐竜のようなサイズのウルトラマンだ。

それを、宇宙という神の手ではなく、われわれの知性で創造する。
神は、われわれだ!

「我々がハイランダーだ!」

創作 by ロングボード。
2007/05/18 06:40:20


[2007/05/18 07:45:08 「 執筆停止 」。]
[2007/05/18 06:46:24 写真準備中。]
[2007/05/18 06:46:24 初稿文章掲載]
 
posted by LB at 06:42| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

「 宇宙の中心 」がワカッタ。

 
これはかなりの予言の類です。

ワタシの宇宙論はi次元ですから、限りなく無限に存在します。
それが1つに収束するとき、その時点での答えが定まります。
ただし、時間が変われば、別の宇宙となるのかもしれません。


□ ブラックホールは存在しない。(仮説)

ブラックホールは、人脳の視覚野で言えば、盲点のようなものかもしれない。
つまり、「イシキ」と「ブラックホール」から、「視線」が定まるはずだ。

□ 「宇宙」の年齢は150億年〜無限大。(仮説)
□ 「太陽」の寿命は150億年〜無限大。(仮説)

□ 13億年後(仮)にブラックホールは消滅する。(仮説)

地球の愛の総体が正しければ、地球は正しい進化=次元異同を行うことができる。
そのとき、太陽系(!?)が、見かけ上「超大宇宙」の中心となる。


□ 人の脳内での「イシキ」の中心点=特異点とは。(仮説)

もしかして、もしかすると、脳橋の中心にあるかもしれません。

ただし・・・。これも0〜1〜5〜130億個分くらいの次元の話で、何が本当かは定かではありません。見かけ上、時間によって移動しているように見える。というのが、それらしい説明でしょうか。

人にとってはイシキは、人間ですが・・・。
おそらく、オヤレベルのイシキは、上位のレベルの宇宙。つまり、宇宙の中心が、イシキなのでしょう。

「宇宙の中心などない。」というのが現在の定説ではありますが。
少なくとも、イシキは他のイシキとの関連性において説明が可能となる。という表現はできそうです。
 
posted by LB at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

ロングボード予想: 5次元空間の素粒子: トクメイ ( Toku.Mei. ) (仮名) <誤・記事>

 
 
これは「誤・記事」です。過去にも色々ありそうですが☆★

□ ロングボード予想: 5次元空間の素粒子: トクメイ ( Toku.Mei. ) (仮名)

5次元空間の素粒子: トクメイ ( Toku.Mei. ) (仮名)

それは5つ目の極省の力を働かせる素粒子。

まるでワタシのようなニンジャのような性格をしているような気がします。それが個体なのか複数なのかはまだ良く分かりません。
10-18乗mmというサイズの間を動くもののようです。

ニンジャだとしたら・・・、消えたり、分身の術を使ったりするのでしょうか!?

これが、量子論と相対論を結びつける大統一理論の4つの力を1つにする力なのかもしれません。

このロングボード予想は、「 ロングボード理論:5次元絶対相対置換論 」から
導かれたかのように、見かけ上観みえます。

ワタシにはこれを証明する方法論がわからないのですが。(>o<)


□□ 大幅に訂正。

電子は電子と陽電子と見かけ上「影電子」のようなものが、
もしかすると、あるのかもしれません。

10-18乗mmというサイズの間は、5次元空間上の電子のふるまいのようです。
「影電子」・・・・・。

あれれ!? 「クォーク」とか「ニュートリノ」とは何だっただろうか・・・。
今度こそは、アタマが崩壊しているようです。
後日、削除、または、再度の訂正の可能性がオオアリです。

参考図書は京大の方が、2006年11月1日に書かれた本です。


□□ 何か2つの次元を混同しているような気がします!!

まさか・・・。10次元と26次元(22次元!?)と0次元あたりがキーでしょうか!?
次元移動してしまったりして!?!?


[2007/05/15 05:20:21 「次元移動」追加。]
[2007/05/15 05:18:39 追記。]
[2007/05/15 05:15:51 追記。]
[2007/05/15 05:11:46 タイトルに <誤・記事> と明記。]
[2007/05/15 05:08:51 ミライにもっと大幅に訂正の可能性大。]
[2007/05/15 05:08:51 大幅に訂正。]
[2007/05/15 05:03:26 一部訂正。]
 
posted by LB at 05:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。