2007年07月11日

キューブ完成!!

20070711(01).jpg 20070711(02).jpg
20070711(03).jpg 20070711(04).jpg
20070711(05).jpg 20070711(06).jpg
( 2007/07/10 Photo by Masa. Hattori )


□ 完成!!

昨日のキューブですが、やはり折り紙の色を間違って貼っていた
ことが明らかになりました。
白とオレンジの三角のブロックと、緑とオレンジの三角のブロックの
2つがあって、どちらも色がとれて白くなっていたんです。
わたしはなんとなくそのうちの片方に緑の折り紙を張ってしまって
いたのですが・・・。
もう一度観察してみると、緑だと思っていたブロックのオレンジの
色のあせ方は、白側にあると、ちょうど調和がとれることに
気がつきました。2つの色を元通りにしてみました。

これで昨日の2つのブロックとあわせてさらに2つのブロックの、
合計4つを操作すればいいことになります。
3つ〜4つの三角ブロックの操作手順は、すでに編み出して
いましたから、とうとう、キューブの6面が綺麗に揃いました!!

いや〜。すっきりしました。

くらだらないと思っている方々がきっと多いのかもしれないとは
私もなんとなく感じてはおりましたが・・・、こうして、綺麗に
結果をみると、何か達成感があって、嬉しいものですね!
posted by LB at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

「実物キューブ完成目前・・・!?」

20070710(01).jpg 20070710(02).jpg
20070710(03).jpg 20070710(04).jpg
( 2007/07/09 Photo by Masa. Hattori )


□ 「実物キューブ完成目前・・・!?」

写真は、2つのケースの4枚の写真です。

そのうちの1枚づつをとって2枚を選択すると、一見、すべての6面が
同じ色に揃っているように見えます。

あれから60度の角のブロックと、30度の三角のブロックの交換手順を、
それぞれ5、6パターン、合計12パターンくらいを駆使して、ほとんど意のままに、これらのブロックの位置を交換する手順を編み出したのですが・・・。

最後に残った問題は、写真にあるように、2つの30度の三角のブロックのみを入れ替える方法です。

普通のルービックキューブでは、確か、2つのブロックのみを交換する方法は、存在しなかったように思います。考えられる可能性は以下の3つがあります。


□ 考えられる可能性

1)最初から、色のシールが間違って張られていた。
このキューブはかなり使い込まれていて、緑や白や、特に三角のブロックはいくつか色が不明なものがありました。わたしは、折り紙を切って、憶測で色を修正した経緯があります。そのときに色がおかしくなってしまった可能性はあります。

2)ブロックがはずれて、キューブが分解したときに、組み立てで間違ってはめてしまった場合。
ルービックキューブでは、分解してしまった経験が何度かありましたが、このキューブに限って言えば、分解してしまったことは、すくなくとも、わたしが触っているときにはなかったです。

3)ルービックキューブとは違って、このキューブでは、2つのブロックのみを交換する、魔法の手順が存在する・・・。(!?!?)

先日のプログラムに、マクロ機能をつけて、操作を録画して、リピートできるようにしたので、コンピューターでのシミュレーションと、実物のキューブとの組み合わせで、考えられる範囲では、ほとんどの操作はやりつくした感があります。


□ 魔法の手順の存在についての証明

あとは、また、シミュレーションで全ての操作の組み合わせから、「2つのブロックの交換」の手順が、存在するか、しないかを、証明するのが、最後の方法になりそうです。

両面のカタチの組み合わせは165パターン。これに色の区別を考えて、
16個のブロックの順列の、全ての組み合わせを考えるか・・・。
もしくは、「2つのブロックの交換」の手順だけに着目して、それができないことを証明するか・・・。
この方法論を考えるだけでも、いろいろ手はありそうです。

さて・・・。3)の魔法の手順が存在しないことが、証明できたとしたら、最後に行うことは、1)を直すために、2つのブロックの色を、取替えようと思います。
まだ、証明は終わっていませんが、直感からすると、なんとなく色を取替えるのが、最短の方法のように思えます。

また、直感では、2つのブロックの交換手順はないような気になっています。3つのブロックのみを同時に交換する手順は、すでに編み出しているのですが・・・。

2つの場合はいかに!?!? まだ結論は出ていません!!


[2007/07/09 20:39 文章掲載。]
[2007/07/09 20:13 準備中。]
posted by LB at 07:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

キューブのカタチの総組み合わせ♪

 
□ 解説。

例のキューブの操作をシミュレーションして、全ての変形の樹形図を
つくりました。その結果、片面のカタチのパターンは、29個。
両面でのコンビネーションは、165 パターンあるようです。

この樹形図をつくるのに私のパソコンで4分ほどかかりました。

Simulation Start: 2007/07/07 (7) 22:40:26
Simulation End: 2007/07/07 (7) 22:44:48

数字の意味ですが、"1"が内角30度の三角形のブロック。
"2"が内角60度の四角形のブロックを意味しています。
この、1と2の並ぶ順番で、カタチが決まります。

例えば、下が最初のキューブの場合の並び方です。
000 [ 1 2 1 2 1 2 1 2 0 0 ]

以下は、上面と底面のコンビネーションです。
No.000がキューブのとき。No.141 が六角形の星型の場合です。

000 Nums [ 1 2 1 2 1 2 1 2 0 0 | 1 2 1 2 1 2 1 2 0 0 ]
141 Nums [ 2 2 2 2 2 2 0 0 0 0 | 2 1 1 1 1 2 1 1 1 1 ]


□ この樹形図が意味するもの。

カタチの変形の樹形図ができたので、あとは、現在のキューブの
カタチが、この樹形図のどこにあるかが分かれば、それを上に
たどれば、もとのキューブに戻す手順ができます。
( それが最短の解とは言えないのですが。 )

すこし、間があきそうですが、いずれ、自動でカタチを直すような
ものをつくるための準備はできました。

しかし・・・。この方法でイロを合わせようとすると破綻しますね。
カタチがキューブになったあとにイロをあわせるための、
いくつかの手順の組み合わせを探せば、イロも自由自在に入れ替え
できるようになるはずですが、その解法に何パターンの手順が
必要かどうかまでは、今のところはまだ調べていません。

これをつきつめるには、まだまだやれることが一杯ありそうです。

しかし、前日のデモ版のようにランダムで回し続けても、カタチすら
なかなかキューブに戻らないのですから、イロをランダムに戻すのは
ほとんど不可能のように思えます。

私は、一度だけ、全てのイロまで揃えたことがあることを覚えている
のですが、あれは、本当にすごい偶然だったのだと思います。

すべての解法ができあがったら、大体、どれくらいの確率で
すべてのイロまで揃うことがあるのかの計算もできると思います。

とてもイイカゲンな計算ですが、16個のブロックがあるので、
「 16! 」20,9227,8988,8000 20京「以下」であることは間違いないです。
そのうちカタチも、上下のイロもそろった場合は、かなり限られた
組み合わせのはずです。4〜10パターンくらいのイロの置換手順が
あれば、解けそうな気がするのですが・・・。

それは将来の楽しみにとっておくのがよさそうです。


□ 以下が計算した結果のテーブルです。

SingleFaces 29
000 [ 1 2 1 2 1 2 1 2 0 0 ]
001 [ 2 1 2 1 1 2 1 2 0 0 ]
002 [ 2 1 1 2 1 2 1 2 0 0 ]
003 [ 2 1 1 2 2 2 1 1 0 0 ]
004 [ 2 1 1 2 2 1 2 1 0 0 ]
005 [ 1 2 1 2 2 2 1 1 0 0 ]
006 [ 2 2 1 1 2 2 1 1 0 0 ]
007 [ 1 1 2 2 1 2 2 1 0 0 ]
008 [ 2 1 2 1 1 1 2 2 0 0 ]
009 [ 1 1 1 2 1 1 2 1 2 0 ]
010 [ 1 2 2 1 2 2 2 0 0 0 ]
011 [ 1 1 2 2 2 2 1 1 0 0 ]
012 [ 2 2 2 2 1 2 1 0 0 0 ]
013 [ 2 2 1 1 2 1 1 1 1 0 ]
014 [ 1 2 2 1 2 1 1 1 1 0 ]
015 [ 1 1 2 2 2 1 1 1 1 0 ]
016 [ 1 1 2 2 1 1 1 1 2 0 ]
017 [ 1 1 2 2 1 1 1 2 1 0 ]
018 [ 1 1 1 1 2 1 2 1 2 0 ]
019 [ 2 2 1 1 1 1 1 2 1 0 ]
020 [ 1 1 2 2 2 2 2 0 0 0 ]
021 [ 2 1 1 2 1 1 1 2 1 0 ]
022 [ 1 1 2 1 1 2 1 1 2 0 ]
023 [ 2 2 2 2 2 2 0 0 0 0 ]
024 [ 1 1 2 1 1 1 2 1 1 1 ]
025 [ 1 1 1 2 1 1 2 1 1 1 ]
026 [ 1 1 1 1 1 1 2 2 1 1 ]
027 [ 1 1 1 1 1 1 2 1 2 1 ]
028 [ 2 1 1 1 1 2 1 1 1 1 ]

FaceCombinations 165
000 Nums [ 1 2 1 2 1 2 1 2 0 0 | 1 2 1 2 1 2 1 2 0 0 ] Parent 000
001 Nums [ 2 1 2 1 1 2 1 2 0 0 | 2 1 2 1 1 2 1 2 0 0 ] Parent 000
002 Nums [ 2 1 1 2 1 2 1 2 0 0 | 1 2 1 2 1 2 2 1 0 0 ] Parent 001
003 Nums [ 1 2 1 2 1 2 1 2 0 0 | 2 1 1 2 2 2 1 1 0 0 ] Parent 002
004 Nums [ 2 1 1 2 2 1 2 1 0 0 | 1 2 1 2 2 2 1 1 0 0 ] Parent 003
005 Nums [ 2 1 2 1 1 2 1 2 0 0 | 2 2 1 1 2 2 1 1 0 0 ] Parent 004
006 Nums [ 2 2 1 1 1 2 1 2 0 0 | 1 2 1 2 1 1 2 2 0 0 ] Parent 005
007 Nums [ 1 2 1 2 1 2 1 2 0 0 | 1 1 2 2 1 2 2 1 0 0 ] Parent 006
008 Nums [ 1 2 2 1 1 2 1 2 0 0 | 2 1 2 1 1 1 2 2 0 0 ] Parent 007
009 Nums [ 1 1 1 2 1 1 2 1 2 0 | 1 2 2 1 2 2 2 0 0 0 ] Parent 008
010 Nums [ 1 2 2 1 2 1 2 1 0 0 | 1 1 2 1 1 2 2 2 0 0 ] Parent 009
011 Nums [ 2 1 1 2 2 1 2 1 0 0 | 1 2 2 1 2 2 1 1 0 0 ] Parent 010
012 Nums [ 1 2 2 1 1 2 1 2 0 0 | 2 2 1 1 2 2 1 1 0 0 ] Parent 011
013 Nums [ 1 1 2 2 2 1 2 1 0 0 | 1 1 2 2 2 2 1 1 0 0 ] Parent 012
014 Nums [ 2 2 2 2 1 2 1 0 0 0 | 2 2 1 1 2 1 1 1 1 0 ] Parent 013
015 Nums [ 1 1 2 2 1 2 1 2 0 0 | 2 2 2 2 1 1 1 1 0 0 ] Parent 014
016 Nums [ 2 2 2 2 1 2 1 0 0 0 | 1 2 2 1 2 1 1 1 1 0 ] Parent 015
017 Nums [ 1 2 2 1 1 2 1 2 0 0 | 2 2 2 2 1 1 1 1 0 0 ] Parent 016
018 Nums [ 2 2 2 2 1 2 1 0 0 0 | 1 1 2 2 2 1 1 1 1 0 ] Parent 017
019 Nums [ 2 2 1 1 1 2 1 2 0 0 | 2 2 2 2 1 1 1 1 0 0 ] Parent 018
020 Nums [ 2 2 2 1 2 1 2 0 0 0 | 1 1 2 2 1 1 1 1 2 0 ] Parent 019
021 Nums [ 1 2 2 1 1 2 1 2 0 0 | 2 2 2 1 1 1 2 1 0 0 ] Parent 020
022 Nums [ 2 2 2 2 1 2 1 0 0 0 | 1 1 2 2 1 1 1 2 1 0 ] Parent 021
023 Nums [ 2 2 1 1 1 2 1 2 0 0 | 2 2 2 1 1 1 2 1 0 0 ] Parent 022
024 Nums [ 1 1 2 2 1 2 1 2 0 0 | 1 1 2 2 1 2 1 2 0 0 ] Parent 023
025 Nums [ 2 1 2 1 1 2 1 2 0 0 | 2 2 1 1 1 1 2 2 0 0 ] Parent 024
026 Nums [ 1 1 1 1 2 1 2 1 2 0 | 1 2 1 2 2 2 2 0 0 0 ] Parent 025
027 Nums [ 2 1 2 1 2 1 2 1 0 0 | 1 2 1 1 1 2 2 2 0 0 ] Parent 026
028 Nums [ 1 1 1 2 1 1 2 1 2 0 | 2 1 2 1 2 2 2 0 0 0 ] Parent 027
029 Nums [ 1 2 1 2 2 1 2 1 0 0 | 1 1 2 1 1 2 2 2 0 0 ] Parent 028
030 Nums [ 2 1 1 2 2 1 2 1 0 0 | 2 1 2 1 2 2 1 1 0 0 ] Parent 029
031 Nums [ 1 2 1 2 1 2 1 2 0 0 | 2 2 1 1 2 2 1 1 0 0 ] Parent 030
032 Nums [ 1 1 2 2 2 1 2 1 0 0 | 1 2 1 2 2 2 1 1 0 0 ] Parent 031
033 Nums [ 2 2 2 2 1 2 1 0 0 0 | 2 2 1 1 1 1 1 2 1 0 ] Parent 032
034 Nums [ 1 1 1 1 2 2 1 2 1 0 | 2 2 2 1 2 1 2 0 0 0 ] Parent 033
035 Nums [ 2 1 2 1 2 1 2 1 0 0 | 2 1 1 1 1 2 2 2 0 0 ] Parent 034
036 Nums [ 2 1 1 1 1 1 2 1 2 0 | 2 1 2 1 2 2 2 0 0 0 ] Parent 035
037 Nums [ 1 2 1 2 1 1 1 1 2 0 | 1 2 2 1 2 2 2 0 0 0 ] Parent 036
038 Nums [ 1 2 2 1 1 1 1 2 1 0 | 1 2 1 2 2 2 2 0 0 0 ] Parent 037
039 Nums [ 2 1 2 1 1 1 2 1 1 0 | 1 1 2 2 2 2 2 0 0 0 ] Parent 038
040 Nums [ 2 2 1 1 2 1 1 2 0 0 | 1 1 1 2 1 2 2 2 0 0 ] Parent 039
041 Nums [ 1 2 1 1 1 1 1 2 2 0 | 2 1 1 2 2 2 2 0 0 0 ] Parent 040
042 Nums [ 2 2 1 1 1 1 2 2 0 0 | 1 1 1 2 1 2 2 2 0 0 ] Parent 041
043 Nums [ 2 2 2 1 1 2 2 0 0 0 | 1 1 2 2 1 1 1 2 1 0 ] Parent 042
044 Nums [ 2 2 1 1 2 2 2 0 0 0 | 2 1 1 2 1 1 1 2 1 0 ] Parent 043
045 Nums [ 2 1 1 2 2 2 2 0 0 0 | 2 2 1 1 1 1 1 2 1 0 ] Parent 044
046 Nums [ 1 1 1 1 2 2 2 2 0 0 | 2 1 1 2 1 2 1 2 0 0 ] Parent 045
047 Nums [ 1 2 2 1 2 2 2 0 0 0 | 2 1 1 1 1 1 2 1 2 0 ] Parent 046
048 Nums [ 2 1 1 1 1 2 2 2 0 0 | 1 2 2 1 1 2 2 1 0 0 ] Parent 047
049 Nums [ 1 2 2 1 2 2 2 0 0 0 | 2 1 1 1 1 1 2 2 1 0 ] Parent 048
050 Nums [ 2 1 1 1 1 2 2 2 0 0 | 1 2 2 1 2 1 2 1 0 0 ] Parent 049
051 Nums [ 2 1 1 2 2 2 2 0 0 0 | 2 1 1 1 1 2 1 2 1 0 ] Parent 050
052 Nums [ 1 2 1 1 1 2 2 2 0 0 | 2 1 1 2 2 1 2 1 0 0 ] Parent 051
053 Nums [ 2 2 1 1 2 2 2 0 0 0 | 1 1 1 2 1 1 2 1 2 0 ] Parent 052
054 Nums [ 1 2 1 1 1 2 2 2 0 0 | 2 1 1 2 1 2 1 2 0 0 ] Parent 053
055 Nums [ 2 1 2 1 2 2 2 0 0 0 | 1 1 1 2 1 2 1 1 2 0 ] Parent 054
056 Nums [ 1 1 1 2 1 2 2 2 0 0 | 1 2 1 2 2 1 2 1 0 0 ] Parent 055
057 Nums [ 2 1 1 2 2 2 2 0 0 0 | 1 2 1 1 1 1 2 2 1 0 ] Parent 056
058 Nums [ 1 1 1 2 1 2 2 2 0 0 | 2 2 1 1 1 2 2 1 0 0 ] Parent 057
059 Nums [ 1 2 2 1 2 2 2 0 0 0 | 1 2 1 1 1 2 2 1 1 0 ] Parent 058
060 Nums [ 2 2 1 1 2 2 2 0 0 0 | 1 2 2 1 1 1 1 2 1 0 ] Parent 059
061 Nums [ 1 2 2 1 2 2 2 0 0 0 | 2 1 1 2 1 1 1 2 1 0 ] Parent 060
062 Nums [ 1 1 2 1 1 2 2 2 0 0 | 1 2 2 1 1 2 1 2 0 0 ] Parent 061
063 Nums [ 2 1 2 1 2 2 2 0 0 0 | 1 1 2 1 1 2 1 1 2 0 ] Parent 062
064 Nums [ 1 1 2 1 1 1 2 1 2 0 | 2 2 2 2 1 1 2 0 0 0 ] Parent 063
065 Nums [ 2 2 1 1 1 2 1 2 0 0 | 1 1 2 1 1 2 2 2 0 0 ] Parent 064
066 Nums [ 1 1 2 1 1 2 2 2 0 0 | 1 2 1 1 1 2 2 2 0 0 ] Parent 065
067 Nums [ 2 2 2 2 2 2 0 0 0 0 | 1 1 2 1 1 1 2 1 1 1 ] Parent 066
068 Nums [ 1 1 1 1 2 2 2 2 0 0 | 2 2 2 1 2 1 1 1 0 0 ] Parent 067
069 Nums [ 2 2 2 1 1 2 2 0 0 0 | 1 1 2 2 1 2 1 1 1 0 ] Parent 068
070 Nums [ 1 2 2 1 1 1 2 2 0 0 | 2 2 2 2 1 1 1 1 0 0 ] Parent 069
071 Nums [ 2 2 2 1 2 2 1 0 0 0 | 1 1 2 2 2 1 1 1 1 0 ] Parent 070
072 Nums [ 1 1 1 1 2 1 2 2 1 0 | 2 2 2 1 1 2 2 0 0 0 ] Parent 071
073 Nums [ 2 2 1 1 2 2 1 1 0 0 | 1 2 1 1 1 2 2 2 0 0 ] Parent 072
074 Nums [ 1 1 1 2 1 1 1 2 2 0 | 2 2 1 1 2 2 2 0 0 0 ] Parent 073
075 Nums [ 1 1 2 2 1 2 2 1 0 0 | 1 1 2 1 1 2 2 2 0 0 ] Parent 074
076 Nums [ 1 1 2 1 1 2 2 1 1 0 | 1 2 2 1 2 2 2 0 0 0 ] Parent 075
077 Nums [ 2 1 1 2 2 2 1 1 0 0 | 1 2 2 1 2 2 1 1 0 0 ] Parent 075
078 Nums [ 1 1 2 2 2 2 1 1 0 0 | 2 1 1 2 1 2 2 1 0 0 ] Parent 077
079 Nums [ 2 1 1 2 1 1 1 1 2 0 | 2 2 2 1 2 2 1 0 0 0 ] Parent 078
080 Nums [ 2 2 2 1 2 2 1 0 0 0 | 1 1 1 2 1 1 2 2 1 0 ] Parent 079
081 Nums [ 1 2 2 1 1 2 2 1 0 0 | 2 2 2 1 1 1 2 1 0 0 ] Parent 080
082 Nums [ 1 1 2 2 1 2 2 1 0 0 | 1 2 2 1 1 2 1 2 0 0 ] Parent 081
083 Nums [ 2 1 1 2 1 2 2 1 0 0 | 2 2 1 1 1 2 1 2 0 0 ] Parent 082
084 Nums [ 1 1 2 2 2 1 2 1 0 0 | 2 1 2 1 1 2 1 2 0 0 ] Parent 083
085 Nums [ 2 1 2 1 2 1 2 1 0 0 | 2 2 1 1 2 1 2 1 0 0 ] Parent 084
086 Nums [ 1 1 2 2 1 2 1 2 0 0 | 2 1 2 1 2 1 2 1 0 0 ] Parent 085
087 Nums [ 1 2 1 2 2 1 2 1 0 0 | 1 2 2 1 2 1 2 1 0 0 ] Parent 086
088 Nums [ 2 2 1 1 2 1 2 1 0 0 | 2 1 2 1 1 2 1 2 0 0 ] Parent 087
089 Nums [ 1 2 1 2 2 2 1 1 0 0 | 1 2 1 2 1 2 1 2 0 0 ] Parent 088
090 Nums [ 2 1 2 1 2 2 2 0 0 0 | 1 2 1 1 1 1 2 1 2 0 ] Parent 089
091 Nums [ 1 2 1 2 2 2 2 0 0 0 | 1 2 1 2 1 1 1 2 1 0 ] Parent 090
092 Nums [ 1 1 2 1 1 2 2 2 0 0 | 2 1 2 1 2 1 2 1 0 0 ] Parent 091
093 Nums [ 1 2 1 2 1 1 2 1 1 0 | 2 2 2 2 1 2 1 0 0 0 ] Parent 092
094 Nums [ 2 2 2 1 1 2 1 1 0 0 | 2 1 2 1 1 2 1 2 0 0 ] Parent 093
095 Nums [ 1 2 1 2 2 1 1 2 0 0 | 1 1 2 2 1 2 1 2 0 0 ] Parent 094
096 Nums [ 1 2 2 1 2 1 1 2 0 0 | 2 1 2 1 2 1 2 1 0 0 ] Parent 095
097 Nums [ 1 2 1 2 1 2 1 2 0 0 | 1 2 1 2 2 1 2 1 0 0 ] Parent 096
098 Nums [ 2 1 2 1 2 1 1 2 0 0 | 2 1 2 1 1 1 2 2 0 0 ] Parent 095
099 Nums [ 1 1 1 2 1 1 1 2 2 0 | 2 1 2 1 2 2 2 0 0 0 ] Parent 098
100 Nums [ 2 1 2 1 1 1 2 2 0 0 | 1 2 1 1 1 2 2 2 0 0 ] Parent 099
101 Nums [ 2 2 2 2 2 2 0 0 0 0 | 1 1 1 2 1 1 2 1 1 1 ] Parent 100
102 Nums [ 1 1 2 1 1 2 2 2 0 0 | 2 2 2 2 1 1 1 1 0 0 ] Parent 101
103 Nums [ 1 1 2 2 2 2 1 1 0 0 | 2 1 1 2 1 1 2 2 0 0 ] Parent 102
104 Nums [ 2 1 1 2 2 2 1 1 0 0 | 2 2 1 1 2 2 1 1 0 0 ] Parent 103
105 Nums [ 2 1 1 2 2 1 1 2 0 0 | 2 2 1 1 2 1 1 2 0 0 ] Parent 104
106 Nums [ 1 1 2 2 1 2 2 1 0 0 | 1 2 2 1 2 1 1 2 0 0 ] Parent 105
107 Nums [ 2 1 1 2 1 2 2 1 0 0 | 2 2 1 1 1 2 2 1 0 0 ] Parent 106
108 Nums [ 1 1 2 1 1 2 1 1 2 0 | 2 1 1 2 2 2 2 0 0 0 ] Parent 105
109 Nums [ 2 2 1 1 2 1 1 2 0 0 | 1 1 2 1 1 2 2 2 0 0 ] Parent 108
110 Nums [ 2 1 1 2 2 1 1 2 0 0 | 1 1 2 2 2 2 1 1 0 0 ] Parent 109
111 Nums [ 2 2 1 1 1 2 2 1 0 0 | 1 2 2 1 2 2 1 1 0 0 ] Parent 110
112 Nums [ 1 2 2 1 1 2 2 1 0 0 | 1 1 2 2 1 1 2 2 0 0 ] Parent 111
113 Nums [ 2 2 1 1 1 1 2 2 0 0 | 2 2 1 1 1 1 2 2 0 0 ] Parent 112
114 Nums [ 1 1 2 2 2 2 2 0 0 0 | 2 1 1 1 1 1 1 2 2 0 ] Parent 113
115 Nums [ 1 1 1 1 1 1 2 2 2 0 | 2 2 1 1 2 2 2 0 0 0 ] Parent 114
116 Nums [ 2 2 2 2 2 2 0 0 0 0 | 1 1 1 1 1 1 2 2 1 1 ] Parent 115
117 Nums [ 2 2 1 1 2 1 1 1 1 0 | 2 2 1 1 2 2 2 0 0 0 ] Parent 115
118 Nums [ 1 1 2 2 1 1 1 1 2 0 | 2 1 1 2 2 2 2 0 0 0 ] Parent 117
119 Nums [ 2 1 1 2 1 2 2 1 0 0 | 1 2 1 1 1 2 2 2 0 0 ] Parent 118
120 Nums [ 2 2 2 1 2 2 1 0 0 0 | 2 1 1 2 1 2 1 1 1 0 ] Parent 119
121 Nums [ 1 2 1 2 1 2 2 1 0 0 | 2 2 2 1 1 2 1 1 0 0 ] Parent 120
122 Nums [ 1 1 2 2 1 2 2 1 0 0 | 2 1 2 1 2 1 1 2 0 0 ] Parent 121
123 Nums [ 2 1 2 1 2 2 1 1 0 0 | 1 2 2 1 1 1 2 2 0 0 ] Parent 122
124 Nums [ 1 1 2 2 2 1 1 2 0 0 | 2 1 2 1 1 2 2 1 0 0 ] Parent 123
125 Nums [ 2 1 1 2 2 1 1 2 0 0 | 2 2 1 1 2 1 2 1 0 0 ] Parent 124
126 Nums [ 2 1 1 2 1 2 2 1 0 0 | 1 2 2 1 1 2 1 2 0 0 ] Parent 125
127 Nums [ 2 1 2 1 1 2 2 1 0 0 | 2 1 1 2 1 2 2 1 0 0 ] Parent 126
128 Nums [ 1 2 1 2 1 2 2 1 0 0 | 1 2 1 2 1 2 1 2 0 0 ] Parent 127
129 Nums [ 1 2 1 2 1 2 1 2 0 0 | 1 2 2 1 2 1 2 1 0 0 ] Parent 128
130 Nums [ 2 1 1 2 2 1 2 1 0 0 | 1 2 2 1 1 2 2 1 0 0 ] Parent 127
131 Nums [ 1 1 2 2 2 1 2 1 0 0 | 2 1 1 2 2 2 1 1 0 0 ] Parent 130
132 Nums [ 1 1 2 2 2 1 2 1 0 0 | 1 2 2 1 2 2 1 1 0 0 ] Parent 130
133 Nums [ 1 2 2 1 1 1 2 2 0 0 | 1 2 1 2 2 2 1 1 0 0 ] Parent 132
134 Nums [ 1 2 1 2 1 1 2 1 1 0 | 2 2 2 1 2 2 1 0 0 0 ] Parent 124
135 Nums [ 1 2 2 1 1 2 1 1 1 0 | 1 2 1 2 2 2 2 0 0 0 ] Parent 134
136 Nums [ 2 1 2 1 2 1 1 1 1 0 | 1 1 2 2 2 2 2 0 0 0 ] Parent 135
137 Nums [ 2 2 1 1 1 1 1 1 2 0 | 2 1 2 1 2 2 2 0 0 0 ] Parent 136
138 Nums [ 2 2 2 2 2 2 0 0 0 0 | 1 1 1 1 1 1 2 1 2 1 ] Parent 137
139 Nums [ 2 2 2 1 2 2 1 0 0 0 | 1 1 1 2 1 2 1 2 1 0 ] Parent 135
140 Nums [ 2 2 1 1 1 2 2 1 0 0 | 1 2 1 1 1 2 2 2 0 0 ] Parent 118
141 Nums [ 2 2 2 2 2 2 0 0 0 0 | 2 1 1 1 1 2 1 1 1 1 ] Parent 113
142 Nums [ 1 1 1 2 1 2 2 2 0 0 | 2 2 2 1 2 1 1 1 0 0 ] Parent 141
143 Nums [ 2 2 2 1 1 2 2 0 0 0 | 2 1 1 2 1 1 2 1 1 0 ] Parent 109
144 Nums [ 1 2 2 1 1 1 2 1 1 0 | 2 2 2 1 2 2 1 0 0 0 ] Parent 104
145 Nums [ 2 1 1 2 2 1 1 2 0 0 | 2 1 2 1 2 1 2 1 0 0 ] Parent 095
146 Nums [ 2 2 1 1 1 2 1 2 0 0 | 2 1 1 2 1 2 1 2 0 0 ] Parent 095
147 Nums [ 2 1 1 2 1 1 2 1 1 0 | 2 2 2 1 2 2 1 0 0 0 ] Parent 094
148 Nums [ 2 1 1 2 2 1 1 2 0 0 | 1 1 2 2 1 2 2 1 0 0 ] Parent 094
149 Nums [ 2 2 1 1 1 1 2 2 0 0 | 2 2 1 1 1 2 2 1 0 0 ] Parent 148
150 Nums [ 1 2 2 1 2 2 2 0 0 0 | 2 1 1 1 1 2 2 1 1 0 ] Parent 149
151 Nums [ 1 2 2 1 1 1 2 2 0 0 | 1 1 2 2 1 1 2 2 0 0 ] Parent 149
152 Nums [ 1 2 2 1 2 2 2 0 0 0 | 1 1 2 1 1 2 1 1 2 0 ] Parent 094
153 Nums [ 2 2 2 1 2 1 1 1 0 0 | 1 2 1 2 1 2 1 2 0 0 ] Parent 093
154 Nums [ 2 1 2 1 2 1 2 1 0 0 | 2 2 1 1 1 2 1 2 0 0 ] Parent 153
155 Nums [ 1 1 2 2 1 1 2 2 0 0 | 1 2 2 1 2 1 2 1 0 0 ] Parent 082
156 Nums [ 2 2 2 1 2 1 1 1 0 0 | 1 2 2 1 1 2 2 1 0 0 ] Parent 079
157 Nums [ 1 2 1 2 2 2 1 1 0 0 | 1 1 2 2 1 1 2 2 0 0 ] Parent 073
158 Nums [ 2 2 1 1 1 1 1 1 2 0 | 1 2 2 1 2 2 2 0 0 0 ] Parent 072
159 Nums [ 2 1 1 2 1 1 2 1 1 0 | 2 2 2 1 2 1 2 0 0 0 ] Parent 062
160 Nums [ 1 2 1 1 1 1 1 2 2 0 | 2 2 2 1 2 2 1 0 0 0 ] Parent 060
161 Nums [ 1 1 1 2 1 2 2 1 1 0 | 2 2 2 1 2 2 1 0 0 0 ] Parent 057
162 Nums [ 2 2 1 1 1 1 2 2 0 0 | 1 2 1 2 1 2 1 2 0 0 ] Parent 052
163 Nums [ 1 2 2 1 1 1 2 2 0 0 | 2 1 2 1 2 1 2 1 0 0 ] Parent 024
164 Nums [ 1 2 2 1 1 2 2 1 0 0 | 1 2 1 2 2 1 2 1 0 0 ] Parent 024


[2007/07/08 00:04 テーブル更新。]
[2007/07/07 23:12 「解説」掲載。]
[2007/07/07 22:49 準備中。]
[2007/07/07 22:49 テーブル掲載。]
posted by LB at 22:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

そのキューブとは! これです。

20070701(13).jpg 20070701(14).jpg
20070701(15).jpg 20070701(16).jpg
20070701(17).jpg 20070701(18).jpg
( 2007/07/01 Photo by Masa. Hattori )

わたしがナナメの回転を revolution と命名した理由が、この
キューブをみると理解していたいだけるのではないかと思います。

まるで、カンブリア紀に生物の造形が爆発したかのような、そんな
多様性があります。気持ちの悪いカタチと、気持ちのよいカタチが
あります。それがこのキューブのおもしろい理由だと思います。

※ 進化という意味では evolution が連想されました。
posted by LB at 21:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

数独の問題を自動生成する。

20070628(01).jpg 20070628(02).jpg
( 2007/06/28 Photo by Masa. Hattori )


□ 数独のロングボード・オリジナル問題。

写真は毎日新聞掲載の数独を思わずやってしまったの図と、
そのあとに数独プログラムを作成後に、自動生成した問題を
解き始めたの図です。

いくつもの問題が作成できましたが、そのうちの面白そうな
2つの問題を掲載させていただきます。


下の問題は、最初のとっつきはとてもいいのですが、そのうちに
ある数字たちに悩まされます。

( Seed: 29837 )
3 0 0   9 0 6   0 0 4
0 0 0   0 0 0   0 0 0
7 0 0   3 0 2   0 0 0

8 3 0   0 0 7   2 0 0
2 0 0   0 0 4   0 0 1
0 0 4   6 0 0   3 0 9

0 0 0   0 0 0   0 0 0
0 0 6   0 4 0   0 0 3
0 5 0   0 0 0   7 0 0


下の問題は、普通に大変です。手でやったときには2回ほど
ギャンブルをしましたが、どちらもはずれて3回失敗してから、
1つだけインチキして、ようやく解けました。
しかし、あの局面で、次の一手がなぜ見つからなかったのだろう。
時間があれば、また同じ問題をやってみたい気がしないでも
ありません・・・。

( Seed: 233 )
0 0 0   0 0 8   0 0 6
0 0 3   0 0 0   2 7 0
0 5 2   4 0 0   0 0 9

0 0 0   0 3 1   0 0 0
4 7 0   0 0 0   0 0 0
0 1 5   0 0 6   0 0 0

0 8 0   0 0 0   5 0 0
0 0 0   0 7 0   0 0 0
0 0 7   6 5 0   9 0 3


□ 追記

十数年前にお絵かきロジックが流行りましたが、当時も、
自動解答プログラムをつくったのを思い出しました。しかし、
あれは問題を自動生成するのは至難の業のように思えました。


[2007/06/28 23:37 段組変更。]
[2007/06/28 23:32 一部追記]
[2007/06/28 23:17 掲載]
posted by LB at 23:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

ロングボードの最終定理 「太陽の延命方法」

 
□ ロングボードの最終定理

「ワタシは太陽の延命方法を想い尽いた。」
「イマは、その証明式を書き綴るだけの時間がない。」
「50億年の進化を10日で発想。それは360年後に証明される。」


[2007/06/17 10:10 構想暴走膨張中。]
[2007/06/17 10:10 タイトル掲載。]
[2007/06/17 09:05 テレビで太陽と地球の砲丸投げのCMを視る。]
[2007/06/17 02:19 発想した瞬間。]
[2007/06/16 09:34 ピタゴラスの定理。フェルマーの最終定理。コンセプト把握。]
posted by LB at 10:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

伍次元絶対相対置換論 ( 将来: 愛次元*(ひみつ)論。 )

 
「 H = PS3 」

これには、少なく見積もっても、10個の意味があります。
その中で1つだけ披露します。

人間性は、プライド「と」サイエンスの3乗です。(ホント!?)


残りの9つのココロは・・・。まだ「ひ・み・つ」です!!
 
posted by LB at 21:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「 202 」。

 
「 「 202 」。 = 「 2 ( =i= ) 2 」。 」 = 「 H ( No.1 = (1=3) ) 93% 10% 1.008 」 = 「五。」

[2007/05/15 01:16:23 「 1.008 」追加。]
 
posted by LB at 01:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

ヒトの脳の周波数は!?

 
クロック周波数は何ヘルツなんでしょうか!?

随分昔に、脳波はフラクタルだと聞いたことがあります。
それをどうやって証明することができるのだ!?
と、大学時代のゼミで教授に聞かれたのを思い出しました。

あれから10年以上経ちますが、その質問されたシーンを思い出した回数は何回くらいあったでしょうか。少なく見積もっても10回くらいはあったと思います。未だに証明する方法が思い浮かびません。
どなたか、お分かりの方は、教えていただけますとうれしいです!

脳波とクロック周波数についても今現在の素朴な疑問です。
 
posted by LB at 23:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

ラッキーナンバーとは!?

以前に未来のある時点で4や13がラッキーナンバーとなると書いたことがありましたが・・・。

ずばり、すべてのナンバーがラッキーナンバーなのではないかと、私は思います。6も9もラッキーナンバーだと思います。7も14もそうだと思います。
つまりは、数に対する偏見やイメージが、その数の意味に魔法を与えていたのではないかと思います。同様にしてモノの名前もそうだと思います。
確かに美しい名前というのはあると思います。ただ名前とモノの対応に開きがある場合に、名前のイメージがモノに魔法を与えてしまう場合もあると思います。そういう場合にニックネームをつけてみたりして別名をつけてみると以外とバランスが取れるものなのかもしれません。
私が改名や別名を頻繁に使用していたのはそういう理由だったのかもしれません。さて、今日は13日の金曜日。あまりいい日柄ではないとは言われますが・・・。わたし的には普通の日とはまた少し違うかもしれないという意味において、ラッキーな日になるのではないかと、勝手に予想します。そのようにいい意味に解釈する能力というのは少なくとも悪いことではない・・・ と思いませんでしょうか!?

「ロングボード」
posted by LB at 02:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

キ=ワード

 
□ 復活祭 / イースター

2007/04/08, 復活祭, イースター・エッグ (Easter Egg) , 2008/03/23, 2009/04/12

0(a), 4(e), 7(h), 9(j), 11(l), 12(m), 13(n), 14(o), 18(s), 24(y) 60(cm)
あいうえお(50進法), アルファベット(26進法), 音階(8進法)
旧・思考法(4進法, 4次元), 新・思考法(5次元, 10次元, 26次元, ... 3次元, 1次元 ...)


□ ガリレオ と コペルニクス

ガリレオ、望遠鏡、真空実験、木星の衛星、星界の報告
コペルニクス、天動説、地動説、回転、1年の長さを365.2425日、グレゴリオ暦への改暦、グレシャムの法則

「金価」と「知価」の逆転の可能性。ベクトル。ミライ。


□ ハリウッド と 日本の和洋折衷

The Beatles、Frankie Goes To Hollywood、リバプール。ハリウッド。
米欧・日。西洋・「和洋折衷」・東洋

ハリウッド / 当て字: 針森(木) / しんしん / しんちゃん


□ 電脳 と 宇宙人

2199, 2200, 29万6千光年, 30万光年

「人脳」「電脳」「天災」「宇宙災」「宇宙戦争」「時間旅行」「次元旅行」「イメージ旅行」
「幽体離脱」「テレパシー」「波動拳」「カメハメハー」「波動砲」

宇宙戦艦ヤマト、西暦2199年、超光速宇宙戦艦、地球防衛軍
14万8千光年彼方の大マゼラン星雲イスカンダル星、29万6千光年への挑戦
古代進(富山敬)、森雪(麻上洋子)、島大介(仲村秀生)、沖田十三(納谷悟朗)、スターシャ(上田みゆき)

「地震。磁心。時針。自信。自身。」
「津波。津浪。」大波。中並み。小波。
「防波堤。境界。協会。(教会。教戒。教誨。)」
「ノアの箱舟。長板。中板。小板。」


□ ストリートファイターII、1987年

2006年10月31日 実写映画製作発表。2008年公開予定。
隆(リュウ、Ryu)、波動拳〔はどうけん〕
春麗(チュン・リー、Chun-Li)、百裂脚(百裂キック)


□ 自然世界

「谷。木。山。」
「海。太陽。」
「空。月。」
「人。」
「神。愛。気。機。」


[2007/04/08 13:32:22 13, 14, 18, 24 追加。]
[2007/04/08 12:50:40 ストII追加。「糸毬・法鍵」に贈る。]
[2007/04/08 12:40:59 タイトル改名: キワード -> キ=ワード。]
[2007/04/08 12:39:56 キーワード追加。]
[2007/04/08 12:01 準備宙。]
posted by LB at 12:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇宙の中心とは・・・・・・。

どこなんでしょう。
ガリレオ的客観論ではどこかにあるはず。
コペルニクス的に逆転すると主観では自分が中心ではないでしょうか。
さて・・・。自分に対応する宇宙の中心とはどこだろうか。
銀河系は、何か、大脳周辺系のような、カリフラワーの末端に位置しているようなイメージがします。
ではどちらが上で、どちらが下なのだろうか。
その先に中心は見えるのだろうか・・・。
そこから、宇宙人との関連性は導かれるのだろうか・・・。

やはり・・・。新しい羅針盤とともに新・ヤマトを想像創造する必要がありますでしょうか!?

「ロングボード(ギンギン)」。
posted by LB at 10:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

キーアドレス

□ キーアドレス

東京タワー。渋谷。六本木。新・東京タワー。
ここから中心のペアが求められる・・・・ のかもしれません♪
posted by LB at 08:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

地球(世界)の「瞳」と「目」が開いた。

 
□ 地球(世界)の「瞳」と「目」が開いた。

それはとてもスンダ(澄んだ・棲んだ・住んだ・清んだ)、キレイな「ヒトミ」だった。


□ キーシナリオ

ドラゴンボール、ガンダム、ターミネーター、エイリアン
地球大進化 / (キーワード:カンブリア紀)、2010年宇宙の旅
そのとき「歴史」は動いた


□ キーナンバー

2010, 2011, 2022, 2030, 2050, 2099, 2100


□ ロングボード・クイズと仮説。

クイズ: 宇宙に宇宙人はいるだろうか!?

ワタシの答え:
1)ワタシの主観ではイナイと祈りたい。
2)ワタシの客観ではイルと想う。
0)現時点ではまだ実証されていない。未来を「想像創造」する必要がある。そのとき未来が観える。


□ ロングボード 「世界論」・「宇宙論」仮説

地球(世界)の「瞳」と「目」が開いた。
別名は、ロングボード理論(仮説)から導かれる仮説だ。

それは幻想であり妄想であり空想であり・・・・・。
そして、いつかの未来の時点での真実だ。


「ロングボード(名前はマダナイ。)」


[2007/04/05 (月・月月) (M3) 08:08 ・・・・・。]
[2007/04/05 (月・月月) (M3) 07:17 「イメージ」探索中。]
[2007/04/05 (月・月月) (M3) 07:14 初回。]
posted by LB at 07:15| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

「エラー」から生まれる「ひらめき」。(仮説)

 
「神がサイコロをふる。」

過去に数回あったと思います。別名を「偶然の一致」と呼べるのかもしれません。

全く関連性のない2つのものに関連性を見出す、稀有の才能(!?)を持つ人がいる・・・・。
きっと、「あぶない人」に違いありません。わたしは「「自分があぶない」ということを自覚」しています。

おそらく、その「偶然の一致」が起きる確率は1/10000〜1/100くらいでしょうか(!?)。
(この数字はかなりいい加減です。)
「突然変異」は、ひらめきと何かの関連性があるような・・・ 気がします。

誤解を与えないように、もう少し、特定するならば、私も、定常状態では、それほど
エラーを起こすことはないと思います。

定常状態でないときに、そういう状態になるのだと思います。
危なさと創造性は、表裏一体だと、私は信じています。

「突然変異」から連想する別の言葉は、「エラー」。

ハッキングレベルのプログラミングをしたことのある人なら、
自分の書いたコードの、一見して「エラー」のような「バグ」が引き起こす、
その「特異なふるまい」が、かわいくなって、消したくなくなることが
あることを知っていると思います。

「職業的な観点」からは、エラーやバグは、まちがいなく、敵です。
でも、「遊びの世界」では、エラーやバグは、かわいいものです。
このご時勢に、こんなことを言うと、相当、殴られそうではありますが。

誤解を与えないように表現するのが、とても難しいのですが、

「遊びで、楽しむプログラムにはバグはゆるされる。」
「仕事で、書くプログラムにはバグがない、ことが求められる」

ということでよろしいでしょうか!?

仮名漢字変換の変換ミスも、同じようなものだと思います。
過去に、変換ミスをして、わざと訂正しなかった箇所がいくつもあります。
それは、訂正しないほうが、おもしろいと思ったからです。

勘のするどい方は、すでに気がつかれていたかもしれません。
でも、もっと勘のするどい方は、その中に「単なるミス」が含まれていたことも、ご存知かと思います。^^)


[2007/03/29 00:42 確率の数字を若干訂正。]
posted by LB at 00:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

明日の記事予報: 主観と客観の逆転(2) 主観が正しいと仮定した場合

 
□ 主観と客観の逆転(2) 主観が正しいと仮定した場合

以前に主観よりも、客観を重視する思考法について書きましたが、
その逆の発想も、当然できます。
創造性は、主観以外の何者でもないと言えなくもないかもしれません。前回に私が故意に隠していたコンセプトは、主観を絶対的とした場合の世界観です。これだけでは片手落ちなのは自明ではありますが、これがない場合も、同様にして片手落ちだと思います。

ここまで書いておいて・・・ 明日、どこまで書こうとしているかは、今の私には分かりません。またしばらく書かないかもしれません。
posted by LB at 14:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

「超意識」は「世界を超大脳化」する!

20070320(01).jpg 20070320(02).jpg
20070320(03).jpg 20070320(04).jpg
20070320(05).jpg 20070320(06).jpg
20070320(07).jpg 20070320(08).jpg
( 2007/03/19 Photo by Masa. Hattori // Masa. | Longboard )


□ 「超意識」は「世界を超大脳化」する!


[2007/03/20 06:55 執筆断念★★★★★]
[2007/03/20 06:27 写真追加。]
[2007/03/20 06:18 執筆中。。。]
posted by LB at 06:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

頭の良さとは: 経験という記憶のことなのか? (仮説)

20070115(05).jpg 20070115(06).jpg
20070115(07).jpg 20070115(08).jpg
(2007/01/12 - 01/13 撮影 - 記事の内容とは無関係です。)


□ 頭の良さ: 経験という記憶のことなのか? (仮説)

本に、感情や感性は、経験という神経回路の記憶から生まれるとありました。
つまり、人の頭のよさとは、経験と思考によるものだと考えることができるのでしょうか?

経験と思考が多ければ、人は頭がよくなる。
なんでもやって、なんでも考えればいい。それが頭の良さに繋がる!!

そうであれば、経験と思考を続ければ、人はどんどん頭が良くなると言えるでしょうか?
人はいくつになっても新しいことを始めてもいいんだという説の根拠になりそうです。

脳のニューロンの結びつきの神経回路そのものが、感情であり、感性であるという説。
好き嫌いも、経験から生まれる。視点が増えると好き、嫌いの価値観が変わる。

本「海馬 〜脳は疲れない〜」からの引用と私のプラスアルファです。


□ ニューロンの結びつきは、情報の出し手と情報の受け手の関係にあり

Aという情報の出し手のニューロン。
Bという情報の受け手のニューロン。
AでもBでもないCというニューロン。

ニューロンの結びつきの鍵は、Bの受け手にあるそうです。
注釈としては、海馬のニューロンに限っての研究だとありました。

1. AとBが結びついても、AとCとは繋がらない。
2. AとBが繋がっているときにBと同じB2があると、AはB2にも手を伸ばす。

つまり・・・、繋がりは受け手が握っているのです。
本では、これを男女の関係に例えていました。

私はこれをマーケティングの観点から考えました。
と〜ても当たり前のことですが、ヒット商品は、市場が決めるということです。売れる商品は、Bという市場でも、B2という市場でも売れる。

Aが行うべきことは、Bを見つけることと言えますでしょうか?

本「海馬 〜脳は疲れない〜」からの引用と私のプラスアルファです。


[2007/01/15 08:47 一部訂正]
[2007/01/15 08:40 掲載]
[2007/01/15 08:26 執筆中・・・]
[2007/01/15 08:26 写真掲載]
posted by LB at 08:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

ロングボードの脳トレ法 「5つの視点」の拡張は「人」

20070110(01).jpg 20070110(02).jpg
20070110(03).jpg 20070110(04).jpg
(2007/01/10 撮影)

□ 拡張

「人」と「感情」を拡張します。感情も5つの視点に入っていた気がしていましたが、なぜか忘れていたようでしたので、こころと一緒にしてまとめてみます。

「ロングボードの脳トレ法 5つの視点」

五感、 並列、 時空「人」、 「感情」・こころ(心)、 無


□ 前置き

図書館にHarvard Business Reviewとサイエンスを目当てに行ったのですが、見つかりませんでした。かわりに、Newtonの2月号があったので斜め読みしました。「記憶のメカニズム」が書いてありました。

海馬、へんとう体の説明がありました。

海馬は時空軸に沿って短期記憶を蓄え、夢の中でそれを大脳皮質に長期保存するらしいという説明がありました。海馬に記憶が残っているのは1ヶ月〜数ヶ月とのことでした。
以前にも書いたのですが、海馬のそばにあるへんとう体が感情と関わりが深く、感情が、海馬に影響することで、記憶力を高めると言われています。
「好き」「嫌い」「危険」「楽しい」などの感情が、記憶に大きな影響を与えていることはこのメカニズムからも分かります。

記憶に限らず、連想(記憶を思い出す)場合にもこの、時空と感情は、大きな経路になっているに違いありません。記憶と連想は、経路が逆になるだけなのではないか・・・ と素人の私は考えます。
(適当な推量はせずに、きちんと、調べないとだめですね!!)

そして、私が以前に「嫌いなものにも好きな部分を見つけることで、世界中の嫌いなものがだんだんに好きになってくる。」という魔法を、屁理屈のように書いたことがあったかと思いますが、その雑誌にも「関心を持つ。」ことから、記憶力の向上が認められるとありました。
「好奇心」や「嫌いなものにも好きな部分」は、私も実体験からいくつかの成功例があります。

例えば、苦手だと思っていたクロールが泳げるようになった体験は、当時の自分にとても自信をつけたことがありました。
好奇心という意味では、株式投資を始める際に誰もが体験することなのかもしれませんが、投資対象として考えると、物の見方が180度変わる場合があるということを発見しました。
視点が多いと、見方は見事に変わりますね!


□ 脱線: 株価

ちなみに資産運用についてですが、ここ数日の世界金融市場をみるに、先行きが読めなくなりました。今年の元旦に引いたおみくじに、たまたま、「売り」とあったので、大口は売ってしまっていたので、私は運が良かったのかもしれません。でもまた、いきなり戻す可能性もありますし、中期、長期については、私は全く分かりません。毎日ニュースをチェックする以外には、私には他に手段がありません。

しかし、株価予想におみくじを信じるなんていうおバカな人の話は、話半分に聞いておいたほうが、間違いありませんよ! 前にも書きましたが、自己責任でお願いいたします。


□ 拡張 「人」

前置きが異様に長くなりましたが・・・。

「時空」という視点を拡張しようと、実は、ずっと半年くらい前から考えていました。この機会に拡張します。
「時間」「空間」「人間(人と人の間)」この3つの軸が、記憶をたどる重要な経路になると考えます。

身近な例で言えば、年賀状を1枚、1枚手書きで書くときに、その人の顔を思い浮かべる・・・。その時間が、その人が、ある人を想う時間なのだと思います。

今はプリンターで印刷できる時代ではありますが、その場合でも、名前や住所をリストアップする時間が、その人にとって大切な人を想い、1年に1回、長期記憶を温める時間なのかもしれません。

私の年賀状についてですが・・・。

実は、もう10年以上まともに書いていません。今年はえらく珍しくかいてブログ掲載させていただきました。私の親友はそれを知っているので、今でも送ってくれる友人は、本当に奇特な友人に違いありません。
(こんなことを書いてしまうと、来年から本当に一枚ももらえてなくなってしまいそうでこわいのですが、自業自得ですなぁ。)

大学のゼミの教授も、年賀状よりもクリスマスカードがお好きな方でしたので、私の主義はそれから拍車をかけたような気がしないでもありません。

あまりいい例ではなかったかもしれません・・・。

あとは写真でしょうかね〜。誰かの顔を思い浮かべると、あとはその時空の近いところからいろいろな人の顔が浮かんできます。

楽しかった思い出やら、今度は何時会えるだろうかとか、後ろめたさ・・・などなど、色々な記憶が蘇ります。


□ 過去記事: 脳の体操 (Tea Break)

● ロングボードの脳トレ法 - 基本コンセプト: 〜 7つの知性と、5つの視点 〜 ( 2006年07月07日 )
http://longboard.seesaa.net/article/20377812.html

● 脳についてのホームワーク ( 2005年12月29日 )
http://longboard.seesaa.net/article/11134124.html

● 自分の脳に名前をつけてみる 〜私の脳のネーム〜 Poin | Amigos (ポイン・アミーゴ) ( 2005年12月22日 )
http://longboard.seesaa.net/article/10923826.html

カテゴリ: 脳の体操 (Tea Break)
http://longboard.seesaa.net/category/863723-1.html


しばらく非定期掲載を予定しています。


[2007/01/10 23:10 掲載]
[2007/01/10 22:10 執筆中]
posted by LB at 22:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。