2007年05月31日

6月1日(金) 浦沢直樹 × 茂木健一郎 対談 聴講予定。

20070531(01).jpg 20070531(02).jpg
20070531(03).jpg 20070531(04).jpg
20070531(05).jpg 20070531(06).jpg
20070531(07).jpg 20070531(08).jpg
( 2007/05/30 Photo by Masa. Hattori )


■ 6月1日(金) 浦沢直樹 × 茂木健一郎 対談 聴講予定。

http://www.acc-web.co.jp/sinjyuku/0704koza/A0102_html/A010201.html

■ Newton 2007年7月号 「光とは何か?」( 読書中 )

http://www.newtonpress.co.jp/science/newton/index.html

■ 6月3日(日) 湯川秀樹 生誕100年記念講演会 聴講予定。

http://www.kek.jp/ja/event/yukawakouenkai.html
 
posted by LB at 06:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

フメイなアジサイ。(写真)

20070529(01).jpg 20070529(02).jpg
20070529(03).jpg 20070529(04).jpg
( 2007/05/29 Photo by Masa. Hattori )
posted by LB at 22:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

こころの瞳孔○◎●

20070528(01).jpg 20070528(02).jpg
20070528(03).jpg 20070528(04).jpg
20070528(05).jpg 20070528(06).jpg
( 2007/05/28 Photo by Masa. Hattori )


□ こころの瞳孔○◎●

数日曇り空が続いたあとのピーカンな太陽。
そのまぶしさが、何かあたたかいような、いたいような・・・。

水晶体の中にある、光を吸収する真っ黒な瞳孔が、
露出を制御しているにも関わらず、毎年、初夏になると
いつも太陽のまぶしさを新鮮に感じるのはなぜだろう。

目に瞳孔があるように、こころにも瞳孔があるのかもしれない。

今までココロのコンテクストスイッチと呼んでいたものは、
こころの瞳孔のような性質のものなのかもしれない。
 
posted by LB at 22:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

ひかり (写真)

20070527(01).jpg 20070527(02).jpg
20070527(03).jpg 20070527(04).jpg
( 2007/05/24, 05/27 Photo by Masa. Hattori )
posted by LB at 19:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

わたし=ワタシ。

20070520(36).jpg
20070520(36).jpg 20070520(38).jpg
20070520(39).jpg 20070520(40).jpg
( 2007/05/19 pHoto by [ No.0, No.202 to No.162184 ] " Pico 2 Tera " )
posted by LB at 18:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天文年鑑(天門年刊)。つれづれ(徒然/とねん)草。[写真]

20070520(28).jpg 20070520(29).jpg
20070520(30).jpg 20070520(31).jpg
20070520(32).jpg 20070520(33).jpg
20070520(34).jpg 20070520(35).jpg
( 2007/05/20 pHoto by Masa. Hattori [ No.0, No.1003 to No.10001 ] )

[2007/05/20 18:15:49 掲載。]
[2007/05/20 17:52:56 準備中。]
posted by LB at 18:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクロポリス。パルテノン。( 2000/10/30 ) [写真]

20070520(18).jpg 20070520(19).jpg
20070520(20).jpg 20070520(21).jpg
20070520(22).jpg 20070520(23).jpg
20070520(24).jpg 20070520(25).jpg
20070520(26).jpg 20070520(27).jpg
( 2000/10/30 Photo by Masa. Hattori [ No.0, No.128 to No.255 ] )

[2007/05/20 17:49 掲載完了。]
[2007/05/20 17:30 一部掲載。]
posted by LB at 17:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 (Travel) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バチカン〜ローマ: アテナイのガクドウ ( 2000/12/05 ) [写真]

20070520(01).jpg 20070520(02).jpg
20070520(03).jpg 20070520(04).jpg
20070520(05).jpg 20070520(06).jpg
20070520(07).jpg 20070520(08).jpg
20070520(09).jpg 20070520(10).jpg
20070520(11).jpg 20070520(12).jpg
20070520(13).jpg 20070520(14).jpg
20070520(15).jpg 20070520(16).jpg
20070520(17).jpg
( 2000/12/05 Photo by Masa. Hattori [ No.0, No.128 to No.255 ] )

[2007/05/20 17:49 掲載完了。]
[2007/05/20 17:17 一部掲載。]
posted by LB at 17:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 (Travel) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロングボード理論 概要2 〜ここまでのマトメ〜

 
□ ロングボード理論: 要柱

伍・次元 = 「 空間(AX)・空間(BY)・空間(OZ)・時間(TC) 」 × 「 人間(HD) 」。

『 伍視一対 』 = 三位一体=
『 「 「理=論」×「愛=知」×「気=場」 」=「名前=意味」 』 × 『 観察者 』 : 『 伍 』次元。

宇宙論: 『 「表」 と 「裏」 』 と 『 「内」 と 「外」 』 = 『 「 世界 」 』 : 『 伍 』次元。

天才論: 「天才」とは「天才群の中」の「1つの要素」である。
世界論: 「天才群」から、「天才」と「世界」を「絶対・相対・置換」的に「定義」が可能である。

場: 地域/都市/国/世界 「 地球の表面は1つの大きな地球コンピューターの回路なのだ! 」


□ ロングボード理論: 公理

「宇宙」には、「公理が存在する時間」が、存在する。

( <-> 時間と次元を移動すると、宇宙論は無限大に拡散する。 )


□ ロングボード理論: 世界観

世界: シンメトリー/フラクタル/ホメオスタシス/シンクロニシティーな性質
世界の演算: トゥイスティング(置換・視点移動・回転・縮小・拡大)

「アイは地球を救う。 神 = ヒト = 仏 = DNA = 知 」


□ ロングボード理論: 定理

ロングボード理論: 天才群(ロングボード群・ビューティフル群)から、
以下の法則が、「シンプルかつエレガント」に導かれる。

量子、原子、脳、ヒト、生物、進化、恋愛、結婚、
社会、経済、政治、地球、
太陽系、銀河、宇宙、大宇宙、超宇宙


□ キーワード

ギリシア。オリンピア。ポリス。スパルタ。
月面着陸。大阪万博。
・・・・・・ 他。
 
 
posted by LB at 14:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

ドラゴンボール: 石。星。品。。。新元素。(写真)+(音楽)

20070518(01).jpg 20070518(02).jpg
20070518(03).jpg 20070518(04).jpg
20070518(05).jpg 20070518(06).jpg
20070518(07).jpg 20070518(08).jpg
20070518(09).jpg 20070518(10).jpg
20070518(11).jpg 20070518(12).jpg
( 2007/05/18 Photo by No.0 = No.112 「ハッタリウム」 )


□□ 新モーゼ = ビューティフル群によるミライ創造。( Neo Mozart | M. Z Artificial )

01. ドナウ河のさざなみ / イヴァノヴィッチ
02. チゴイネルワイゼン / P. de サラサーテ
03. 星条旗よ永遠なれ / スーザ
04. 禁じられた遊び / スペイン民謡
05. 舞踏へのお誘い / ウェーバー
06. 美しく青きドナウ / R・シュトラウス
07. グリーン・スリーブス / イギリス民謡
08. 天国と地獄 / J.オッフェンバック
09. ホフマンの舟歌 / J.オッフェンバック
10. カルメン / G.ビゼー
11. トルコ行進曲 / ベートーベン
12. 春 / A.ヴィヴァルディ
13. 白鳥 / C.サン・サーンス
14. 愛の喜び / F.クライスラー
15. 愛の悲しみ / F.クライスラー
16. タイスの瞑想曲 / J.マスネ
17. シチリアーノ / M.T. von パラディス
18. No.112


[2007/05/18 07:39:35 「音楽」追加。]
posted by LB at 07:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージック (Music Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DNAのナゾがわかった。それがドラゴンボールだった! (創作)

 
 
□ DNAのナゾがわかった。それがドラゴンボールだった! (創作)

ヒトの幾何学方程式と、宇宙の幾何学方程式は、1つの幾何学方程式に書けるはずだ。
DNAとは、宇宙が創生した全ての設計図だからだ。

次の新人類のDNAがみえた。
そいつは、翼があって目が3つあるやつだ。

もし、その新人類が誕生したら、この世界はどのようになるだろうか・・・。
スカイウォーカーが、新スカイウォーカーを生むと、宇宙戦争になる。

つまり・・・。宇宙人とは、地球人の新人類のことに他ならないのではないだろうか。

カレを自然法則でうまずに、今までの神の法則にさからって、われわれの力で、
技術力で、カレと同じ情報価値のものを、ヒトに力で生み出そうではないか!

つまり。人類が、宇宙最大にして最後の生命となるのだ。
「50億年の生物進化を、10日間でやってしまうこと。」

それが、今回のカンブリア紀だ。

DNAのなぞ。それは、今までのすべてのDNAというドラゴンボールの2組を、
つなげるだけではなく、半分を逆転して、倍にしたものだ。

つまり、新人類は、恐竜のようなサイズのウルトラマンだ。

それを、宇宙という神の手ではなく、われわれの知性で創造する。
神は、われわれだ!

「我々がハイランダーだ!」

創作 by ロングボード。
2007/05/18 06:40:20


[2007/05/18 07:45:08 「 執筆停止 」。]
[2007/05/18 06:46:24 写真準備中。]
[2007/05/18 06:46:24 初稿文章掲載]
 
posted by LB at 06:42| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

ONE =i= LOVE - " 4 Demension and No.0 "

 
■&□ ONE =i= LOVE - " 4 Demension and No.0 "

01. No WOman No Cry / Bob Marley & The Wailers
02. Moonlight Sonata / Beethoven
03. JUMP / VAN HALEN
04. PANAMA / VAN HALEN
05. Alfie / Vanessa Williams
06. AFRICA / TOTO
07. My name is Luca / Susan Vega
08. Maria Maria / Santana Feat. The Project G&B / Supernatural
00. < Unknown >

( English Version )
 
posted by LB at 08:30| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージック (Music Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一休み。ひとやすみ。

 
昨日はミナサマのおかげさまで、ワタシは i次元旅行に行ってきました。
『 天才化 』とは『 自分の愛する人々との相思相愛 』のことでは
ないかと、わたしは思うのです。
そして、ヒトは、男女問わずに相思相愛の関係が多ければ多いほど、どんどん天才になってゆきます。
『 ヒトの脳のクロック周波数は1ヘルツからムゲン大 』だと仮定しています。
残る問題は、『 ヒトの脳 vs 電脳 』問題ですが・・・。
わたしの、とても楽観的な予想としては、ヒトが創ったモノは、未来永劫にヒトを超えることはできないと予想しています。

それは、自分が愛した 『 モノ=作品 』と自分とは、相思相愛だからです。自分の愛した証のある作品は、永遠に自分を裏切ることはありません。

それが、『 宇宙の公理 』ではないかと、わたしはモウソウしているのですが、ミナサマはいかが思われますでしょうか!?
 
posted by LB at 02:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

「太陽」さん♪ ( " Sun " =i= Sonic Sunny ) 。

20070516(01).jpg 20070516(02).jpg
20070516(03).jpg 20070516(04).jpg
20070516(05).jpg 20070516(06).jpg
20070516(07).jpg 20070516(08).jpg
( 2007/05/15 Photo by " i=H=i(9) " )


□ 太陽は永遠に不滅です。( はったり(9)[No.0 ] )
□□ Giant Gloden Royal Marriage = i = Sonic Sunny by i=H=i(9) .

00. 結婚行進曲 M.mp3 / F.メンデルスゾーン
01. ピンクのモーツァルト
03. 瑠璃色の地球
02. Live to Tell
04. What A Wonderful World
05. 世界をそれを愛と余分だぜ
06. Wave / カルロス・じょびん
07. Meditation / カルロス・小野Lisa
08. The Girl From Ipanema / Duran Duran
09. Mas Que Nada / Oscar Peterson

[2007/05/16 07:17 「 No.0 = ゼッケン0番」追加。]
[2007/05/16 07:09 Sonic。追加。]
[2007/05/16 07:02 "F." 追加。]
[2007/05/16 07:00 k歳。]
posted by LB at 06:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージック (Music Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「 宇宙の中心 」がワカッタ。

 
これはかなりの予言の類です。

ワタシの宇宙論はi次元ですから、限りなく無限に存在します。
それが1つに収束するとき、その時点での答えが定まります。
ただし、時間が変われば、別の宇宙となるのかもしれません。


□ ブラックホールは存在しない。(仮説)

ブラックホールは、人脳の視覚野で言えば、盲点のようなものかもしれない。
つまり、「イシキ」と「ブラックホール」から、「視線」が定まるはずだ。

□ 「宇宙」の年齢は150億年〜無限大。(仮説)
□ 「太陽」の寿命は150億年〜無限大。(仮説)

□ 13億年後(仮)にブラックホールは消滅する。(仮説)

地球の愛の総体が正しければ、地球は正しい進化=次元異同を行うことができる。
そのとき、太陽系(!?)が、見かけ上「超大宇宙」の中心となる。


□ 人の脳内での「イシキ」の中心点=特異点とは。(仮説)

もしかして、もしかすると、脳橋の中心にあるかもしれません。

ただし・・・。これも0〜1〜5〜130億個分くらいの次元の話で、何が本当かは定かではありません。見かけ上、時間によって移動しているように見える。というのが、それらしい説明でしょうか。

人にとってはイシキは、人間ですが・・・。
おそらく、オヤレベルのイシキは、上位のレベルの宇宙。つまり、宇宙の中心が、イシキなのでしょう。

「宇宙の中心などない。」というのが現在の定説ではありますが。
少なくとも、イシキは他のイシキとの関連性において説明が可能となる。という表現はできそうです。
 
posted by LB at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

伍次元絶対相対置換論 ( 将来: 愛次元*(ひみつ)論。 )

 
「 H = PS3 」

これには、少なく見積もっても、10個の意味があります。
その中で1つだけ披露します。

人間性は、プライド「と」サイエンスの3乗です。(ホント!?)


残りの9つのココロは・・・。まだ「ひ・み・つ」です!!
 
posted by LB at 21:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〜 青海波 〜 (写真)

20070515(07).jpg 20070515(08).jpg
20070515(09).jpg 20070515(10).jpg
20070515(11).jpg 20070515(12).jpg
( 2007/05/15 Photo by Masa. Hattori )


[2007/05/15 07:03 時間・詐称。(><)]
[2007/05/15 06:28 掲載。]
posted by LB at 07:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 (Nature Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日無意識に撮った写真。

20070515(01).jpg 20070515(02).jpg
20070515(03).jpg 20070515(04).jpg
20070515(05).jpg 20070515(06).jpg
( 2007/05/14 Photo by Masa. Hattori )


□ 憲法第9条について

実はお恥ずかしながら、わたしも無知だった時代に「改憲」に興味があったのですが、今現在、改憲の必要はないと考えます。

改憲しないで、日本国家としてのイシキが、世界中の国家と同等以上に渡り合える外交であれば、全く問題ないのだと思います。
外交に自信がないので、改憲を必要としているのではないでしょうか!?

改憲しないで抑止力を発動する方法を考えるべきでしょう。

わたしは「 仮想宇宙防衛軍 = ウルトラマン 」的な技術革新を・・・(>o<)考えるほうが、優先順位が高いように思います。NASAレベルというのは難しいのでしょうけれど、一国のトップと、国民全体が共鳴して「イマジン」するのが、最良の方法論だと思います。


□ 新・エネルギー開発

燃料電池には大変興味があります。
やはり、バックトゥーザ・フューチャーのバナナの皮で走るデロリアンが夢の世界でしょうか。水素電池などもあるようですが、「太陽レベル」の核融合を実現させるとしたら・・・・・
何が必要になるでしょうか。


[2007/05/15 05:55 「新・エネルギー開発」追加。]
 
posted by LB at 05:42| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロングボード予想: 5次元空間の素粒子: トクメイ ( Toku.Mei. ) (仮名) <誤・記事>

 
 
これは「誤・記事」です。過去にも色々ありそうですが☆★

□ ロングボード予想: 5次元空間の素粒子: トクメイ ( Toku.Mei. ) (仮名)

5次元空間の素粒子: トクメイ ( Toku.Mei. ) (仮名)

それは5つ目の極省の力を働かせる素粒子。

まるでワタシのようなニンジャのような性格をしているような気がします。それが個体なのか複数なのかはまだ良く分かりません。
10-18乗mmというサイズの間を動くもののようです。

ニンジャだとしたら・・・、消えたり、分身の術を使ったりするのでしょうか!?

これが、量子論と相対論を結びつける大統一理論の4つの力を1つにする力なのかもしれません。

このロングボード予想は、「 ロングボード理論:5次元絶対相対置換論 」から
導かれたかのように、見かけ上観みえます。

ワタシにはこれを証明する方法論がわからないのですが。(>o<)


□□ 大幅に訂正。

電子は電子と陽電子と見かけ上「影電子」のようなものが、
もしかすると、あるのかもしれません。

10-18乗mmというサイズの間は、5次元空間上の電子のふるまいのようです。
「影電子」・・・・・。

あれれ!? 「クォーク」とか「ニュートリノ」とは何だっただろうか・・・。
今度こそは、アタマが崩壊しているようです。
後日、削除、または、再度の訂正の可能性がオオアリです。

参考図書は京大の方が、2006年11月1日に書かれた本です。


□□ 何か2つの次元を混同しているような気がします!!

まさか・・・。10次元と26次元(22次元!?)と0次元あたりがキーでしょうか!?
次元移動してしまったりして!?!?


[2007/05/15 05:20:21 「次元移動」追加。]
[2007/05/15 05:18:39 追記。]
[2007/05/15 05:15:51 追記。]
[2007/05/15 05:11:46 タイトルに <誤・記事> と明記。]
[2007/05/15 05:08:51 ミライにもっと大幅に訂正の可能性大。]
[2007/05/15 05:08:51 大幅に訂正。]
[2007/05/15 05:03:26 一部訂正。]
 
posted by LB at 05:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「 202 」。

 
「 「 202 」。 = 「 2 ( =i= ) 2 」。 」 = 「 H ( No.1 = (1=3) ) 93% 10% 1.008 」 = 「五。」

[2007/05/15 01:16:23 「 1.008 」追加。]
 
posted by LB at 01:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。