2007年04月30日

イルカちゃ〜ん♪♪ (写真)

20070430(01).jpg 20070430(02).jpg
20070430(03).jpg 20070430(04).jpg
20070430(05).jpg 20070430(06).jpg
20070430(07).jpg 20070430(08).jpg
( 2007/04/29 Photo by Masa. Hattori )
posted by LB at 19:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 (Nature Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

雲の合間からお月様。(先行投稿:写真)

20070427(01).jpg 20070427(02).jpg
20070427(03).jpg 20070427(04).jpg
20070427(05).jpg 20070427(06).jpg
20070427(07).jpg 20070427(08).jpg
20070427(09).jpg 20070427(10).jpg
( 2007/04/24, 04/25 Photo by Masa. Hattori )


[2007/04/25 23:23:37 フライング投稿。]
posted by LB at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 (Nature Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

大好きな自転車。命を吹き込み、イノチをもらう。

20070426(01).jpg 20070426(02).jpg
20070426(03).jpg 20070426(04).jpg
20070426(05).jpg 20070426(06).jpg
( 2007/04/25 Photo by Masa. Hattori )


□ 大好きな自転車をメンテナンス。

パンクしていた自転車をようやく修理しました。

大抵は、水を使わなくとも、大体、パンクした穴の箇所を、触感で特定できていたので、
それを特技だと思っていたのですが・・・・。
今回だけは、なぜか、どこだか分かりませんでした。

常套手段の水を使いました。一発で分かりました。
いつでも水が近くにあるといいのですが、なかなかそう都合のよいようにはいきませんね。

それから、ダメになっていた左のブレーキ(後輪)のワイヤーを取り替えました。
実に、数ヶ月近く、前輪のブレーキだけで、運転していました。あぶないあぶない。
おかげで、いつもよりスピードをコントロールして、安全運転していたような気がします。

片方だけのブレーキで運転していたときには、もう、左のブレーキが使えないことが、
当たり前のような運転をしていました。
両方のブレーキが使えるようになって、これが当たり前だということを思い出しました。

そこで、JAISTの井川研究会の自主ゼミで、「なぜ車のアクセルは右足にあるのか」
というお題が出たのを思い出しました。ドミナント・デザインがテーマの日でした。

第一の理由は、人体科学的な理由から。もともと右足がアクセルに相応しい説。
第二の理由は、最初に車を設計した人が、アクセルは、右だと決めたから。

結局は、そのどちらも正しそうだという結論になった気がします。

さて、私が次に車のアクセルを踏むのはいつのことだろうかー。
ゲームセンター以外の車のアクセルを踏んだのは、もう前世紀(2000年)の話だったような記憶が・・・。
21世紀になってもう7年目。そろそろ踏んでみたい衝動にかられてはいます。
あとはそれがイツカということだけで・・・。


□ 本。

ここ10日ほどでまたいろいろな興味のもとにいろいろ本を買っているのですが。

最近斜め読みしたのは、「三国志」「ローマ帝国」「聖書」の3冊。
まだよく読んでいないのは、江国香織さんの3冊。

昨日買ったのは、4冊。脳の図解の本。早分かり、地球と宇宙。
Newtonのムックの宇宙137億年なんちゃらかんちゃらと、ゼロと無限の科学。
4冊で〆て、7770円。何かラッキーな数字でした。
というか、ちょっと買いすぎたか・・・。ちゃんと読まないともったいないです。


□ 真空は、無ではない。はじまりも、おわりも、同じようなもの。

真空でも、素粒子の世界では、粒子と反粒子が、出来ては消えているんだそうですね。

知りませんでした。無知でした。

ある方が、無知とは無限と書いていましたが、何か似た性質のもののように思えます。
昔、数学科出身の先輩が、ゼロから無限が導き出せる話をしていたのを思い出しました。
確かに、限りなくゼロと、限りなく無限というのは、数学的にはほとんど同じもののように、私には思えます。

ゼロも、無限も、特異点のようなものと考えられるでしょうか。
それは、はじまりも、おわりも、同じもののようなもの。ということかもしれませんね!

プラスの世界から見たら、ゼロの先にはマイナスがある・・・・。
では、無限の先には何があるのでしょうか。別の宇宙!? よくわかりません。(><)


[2007/04/25 23:59:49 文章掲載。]

posted by LB at 00:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

作者取材のため暫く執筆休止。

といいつつ、来週あたりにまた復帰前特別投稿の可能性は否定できませんが。。。。。。

posted by LB at 09:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

きのう。

20070420(01).jpg 20070420(02).jpg
20070420(03).jpg 20070420(04).jpg
( 2007/04/19 Photo by Masa. Hattori )


きのうはまだ空気は肌寒さが残ってはいましたが、
久しぶりに青空を垣間見ることができました。

今日は天気がいいですね!

しかし・・・。帰宅時に自転車がまたパンクしてしまいました。
きっと「歩きなさい。」というメッセージなのだろうと思うことにしました。
パンク修理は週末にします。

そうそう、体重は昨年同時期から、切捨てで3キロほど・・・ 太っとりました。3キロくらいなら〜。今年の夏に向けて、きっとなんとかなるに違いない。そう違いない。きっとなんとかなる。・・・ ちょっとくどかったでしょうか!?


[2007/04/20 07:12 一部追加。]
posted by LB at 06:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

サイクリング (おととし)

20070419(01).jpg 20070419(02).jpg
20070419(03).jpg 20070419(04).jpg
20070419(05).jpg 20070419(06).jpg
( 2005/09/03 Photo by Masa. Hattori )


最近本当に寒いですね!
意地でTシャツですごしているのですが、今朝は風邪ぎみの気配。

凍てつくような寒さの中ではありますが〜、
なぜかある公園でサイクリングしたおととしに、夏〜秋の写真をひっぱり出してきました。

さるすべるりですよ!! 全く季節感の違う風景ですみません。
不思議なことに清涼飲料水をみると、ふるえが起きてしまいそうではありますがー。
さるすべりが咲き乱れる季節が恋しいですね!

それから、今日は健康診断の日。体重測定がこわ〜いです。
でも今回は歯は治療中ですから!!
別のところで去年より少しだけ成長しているような気がします。
posted by LB at 08:12| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツセラピー (Sports Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

宇宙: 「ユニバース」 そして・・・ 「シツケ・メディア」の提唱。

 
□ 宇宙: 「ユニバース」。

「ユニバース」。

それは、わたしが大学時代のゼミでM教授から何度も聞かされた「名詞」。
(他にも、「シンプルかつエレガント」も、M教授からもらったプレゼントです。)

ある「ユニバース」を構成する、「定数」と「変数」。そして「論理演算」。
「ユニバース」が変わった場合にも、それらの構成要素は、似ている場合がある。
それは、ガロア群のようなものかもしれません。
ただ、気をつけなければいけないのは、「ユニバース」が変わった場合に、
それらの構成要素が、まるっきり別のものになるケースも、世の中には往々にして
あります。

例えば、小説や、映画や、ゲームや、ネットのような仮想世界でつくられた世界を
そのまま現実の世界に適用してしまうような事故が、犯罪を生んでしまう可能性は
ゼロではありません。

それらの仮想世界と、現実世界の切り替えのスイッチ。
コンテクストスイッチの切り替えのスイッチ。

これは、大変重要なスイッチであるとともに、また、複数の危険な条件や危険な環境が
積み重なってしまった場合に、このスイッチが間違って入ってしまうという事故が、
人生の中では何回かは、誰にでもあるもののように、私には思えます。


□ 躾について

( このあたりから、話が、全く変わってゆきます。 )

大体、犯罪歴はないとしても、心の中で罪の意識のある過去を、
全く持っていない人というのは、存在しないのではないでしょうか!?

罪の意識のない者には、何が犯罪かが分かっていないに違いないからです。

これを裏返すと、過去に罪の意識があるからこそ、その人は、それ以上の罪を
おかすことができないような、そんな人格ができているのだと思います。

こういう公の場で言うことではないのかとは思いますが・・・・・・、
私は、幼少時代に、数々の不徳を冒しました。

大体、自分の人生の大きな罪というのは、小学校中学年くらいまでには
一通りやってしまいました・・・。(あちゃ〜。)


あまりにも恥ずかしいので、具体的には、書きませんが・・・。
今、命名したタイトルだけを列挙すると〜。

サクラ吹雪事件、自動販売機事件、殺傷事件、100円事件・・・・・・。
このくらいで止めて置きましょう。


その度に、近所の雷親父や、うるさいばーさんやら、家族やら、教師やらに、
散々に、おこられたり、なぐられたり、したわけで・・・。
何か英雄伝説を書いているような気になってきましたが、きっと、そういう幼少時代を、
少なからず、我々の世代は持っているはずです。

つまりは、幼少時代の、ご近所や、家庭や、学校といういろいろな環境内での、躾。
これが、現在の日本には、圧倒的に欠けていると思います。
もっともっと、幼少時代に、罪をおかして、怒られるべきだと思います。
あの、仏教の創設者の仏陀も、放蕩息子だったと言われていますし(!?)


□ 「躾・メディア」の提唱

もし、現実社会にそういう機能がないのだとしたら・・・。

それを補うような、「新しいメディア」が必要だと思います。
例えば、「シツケ・漫画」。「シツケ・アニメ」。「シツケ・ゲーム」。なんていかがでしょうか!?


「甘い香り」につられて、少年が「不徳」を冒します。それはとても楽しくて甘美な体験です。
でも、実は、少年も、その楽園のような世界が、永遠のものではないことを知っています。
そして、「天罰」が、いろいろな環境から、襲い掛かります。
自分をとりまく世界のすべてが、閻魔大王がとり仕切っている世界へと変貌します。

しかし、「「「自分の不徳」が十分に不徳」だったということを十分に理解」したとき・・・・・・。
女神があらわれるのです。
「もう、2度と、そんなことはしないわよね? 約束したら、もとの世界に戻してあげるから。」

そして主人公はいいます。
「はい。誓います。もう・・・・・・。やりません。」

「・・・・・・」の部分は、「2度と」というフレーズを入れるかどうかを、迷いつつ、躊躇した瞬間です。
それは、本人が、「2度としない」ということが、未来永劫にわたって規定されてしまうことを、
否定したかったからに違いありません。

つまりは・・・。たまには似たようなことを、やってしまう可能性は否定できない気がします。
ただ、その可能性は、日に、日に、少なくなってゆくことでしょう。

そして、立派なオトナになるときには、その可能性は限りなくゼロに近づいてゆく・・・・・・。
ことが望ましいです。

なんて・・・。まだ独身の私には、「躾について語る権利」は全くないのかもしれませんが。
あくまでも、自分の幼少時代のことを思い起こすことで、将来の躾について思いを馳せてみました。

ああ、しかし、きっと、オヤも、つらい思いをしながら、躾をしているに違いない・・・。
そういうことはしっかり感じました。


□ 再び、大学時代に戻って


当時、証明問題が嫌いだったわたし。
基本的には、その姿勢は、当時から変わっていません。

自分が直感で正しいと思ったものが、もし、別に他の人に信じてもらえなくとも、
その当時の私にとっては、全く問題のないことだったのです。

ただしかし、自分の生活に直接的に利害関係のある世の中では、
さすがに、自分だけ分かっていればいいというだけでは済まないことが
多々あります。

過去に嫌いだった「証明問題」。少しづつではありますが、その「証明問題」の
「意味の深さ」を理解しはじめているような気がします。


□ 最後に、ひとりごと

ぼくも、高い高いされてみた〜い。
という発言をして、ぼくも、投げ飛ばされてみた〜い。
いいな〜、Sさん・・・・・・。


□ 最後の最後に、ひとりごと

オム、オム、オム、オム・・・。


[2007/04/18 07:59 独り言追加。]
posted by LB at 07:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

富士山、富士山。

20070417(01).jpg 20070417(02).jpg
20070417(03).jpg 20070417(04).jpg
( 2007/04/14 Photo by Masa. Hattori )

今朝はなぜか、69円の絹ごしドウフが食べたい気分です。
posted by LB at 08:08| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 (Nature Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

JAISTパーティー。

20070416(01).jpg 20070416(02).jpg
20070416(03).jpg 20070416(04).jpg
( 2007/04/14 Photo by Masa. Hattori )


土曜日にJAIST 東京MOTコースの博士前期課程(修士)2.5期生の修了パーティーに行ってきました。

久々に東京駅の地下街を通ると通路の片側のお店が3末で閉店ラッシュ。また東京駅周辺には新しいビルが顔を出し始めたようです。
30分ほど遅れてジョインすると、すでに宴タケナワのようでした。

その土曜日に初めて気がついたのですが、どうやら、わたしのニックネームは「テンサイ」ということになっているようでした。

みなさん、にこにこしながら、わたしをそう呼んでくださいます。
つまりは・・・・・・。誰も私のことを本当にそうだとは思っていない証拠に違いないのです。
そんな小粋な名前をつけてくださる同士の方々との距離がまた縮まったような気がしました。

最初は言ったもの勝ちだとは思ったものの、毎日そんなニックネームで呼ばれたりしては、たいへんです。いちいち笑顔で、「いやいや〜、本当はどう思ってるのでしょうか!?」
のような、アイコンタクトならぬ、フェイスコンタクトをしなければいけないではありませんか。

これも自業自得のようです。しばらくはそのニックネームと対峙してみようかと思います。

さて、この週末は部屋の片付けを予定していたのですが、5月頭の連休に持ち越しになる公算が高いです。もともと連休は車の運転のリハビリをする予定だったのですが・・・。
それはいつのことになるだろうか。
もう少し真面目にスケジューリングするべきだという声が、天から聞こえてきそうな、そんな気配を感じたような気がしました。
posted by LB at 00:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

六本木、元防衛省跡地で10枚の写真。(写真)

20070413(01).jpg 20070413(02).jpg
20070413(03).jpg 20070413(04).jpg
20070413(05).jpg 20070413(06).jpg
20070413(07).jpg 20070413(08).jpg
20070413(09).jpg 20070413(10).jpg
( 2007/04/11 Photo by Masa. Hattori )
posted by LB at 07:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラッキーナンバーとは!?

以前に未来のある時点で4や13がラッキーナンバーとなると書いたことがありましたが・・・。

ずばり、すべてのナンバーがラッキーナンバーなのではないかと、私は思います。6も9もラッキーナンバーだと思います。7も14もそうだと思います。
つまりは、数に対する偏見やイメージが、その数の意味に魔法を与えていたのではないかと思います。同様にしてモノの名前もそうだと思います。
確かに美しい名前というのはあると思います。ただ名前とモノの対応に開きがある場合に、名前のイメージがモノに魔法を与えてしまう場合もあると思います。そういう場合にニックネームをつけてみたりして別名をつけてみると以外とバランスが取れるものなのかもしれません。
私が改名や別名を頻繁に使用していたのはそういう理由だったのかもしれません。さて、今日は13日の金曜日。あまりいい日柄ではないとは言われますが・・・。わたし的には普通の日とはまた少し違うかもしれないという意味において、ラッキーな日になるのではないかと、勝手に予想します。そのようにいい意味に解釈する能力というのは少なくとも悪いことではない・・・ と思いませんでしょうか!?

「ロングボード」
posted by LB at 02:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

ま、ままままま。

 
松坂さまさま。お強いです。
まるで牛のようです。食べたくなりました。
イチローとの2打席目以降を生で見られないのが大変心残りです。
無念・・・・・。
しかし日本のオリックスも広島も5位で並んでなんと仲の良いことか♪
結局はイーブンというところに落ち着きますでしょうか。
posted by LB at 08:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

朝の散歩。ふたたび。

20070411(01).jpg 20070411(02).jpg
20070411(03).jpg 20070411(04).jpg
20070411(05).jpg 20070411(06).jpg
20070411(07).jpg 20070411(08).jpg
20070411(09).jpg 20070411(10).jpg
(2007/04/11 Photo by Masa. Hattori)


ふたたび、ひさびさに、朝の散歩をしてまいりました。

今日はガッツポーズの日なのだそうですが〜。
わたし的には、「4はイイの日」です。

あしたは、松坂とイチローの大リーグ初対決だそうですね。
歩きながら、どのような対決になるのか、勝手に想像してみました。

・・・・・・。

想像した内容は秘密で〜す。
でも、何かイチローが洗礼をあびせつつも、松坂が最終的には、勝つような
そんな気がしたものです。当たらぬも八景。

すでにサクラも、うちの前にある大樹(ポプラみたいでもっと大きな木。)にも、
やわらなかで透明な緑いろの芽(眼!?)が、さきはじめました。
木々の宇宙も、ビッグバンがはじまったような、そんなオモムキです。

空気が美味しい。おなかがぐーぐーなっています。
何かカリーの匂いが十万しているような、そんなアサです。


[2007/04/11 08:15 写真掲載。]
[2007/04/11 08:02 まるみえ〜。じゃなくて・・・、掲載予定時間。]
[2007/04/11 08:01 文章掲載。]
[2007/04/11 07:49 準備ちゅう。]
posted by LB at 07:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

写真22。捨身22。

20070410(01).jpg 20070410(02).jpg
20070410(03).jpg 20070410(04).jpg
20070410(05).jpg 20070410(06).jpg
(2007/03/31, 04/01, 04/07 Photo by Masa. Hattori)

20070410(07).jpg 20070410(08).jpg
20070410(09).jpg 20070410(10).jpg
20070410(11).jpg 20070410(12).jpg
20070410(13).jpg 20070410(14).jpg
(2007/03/31, 04/01, 04/07 Photo by Masa. Hattori)

20070410(15).jpg 20070410(16).jpg
20070410(17).jpg 20070410(18).jpg
20070410(19).jpg 20070410(20).jpg
20070410(21).jpg 20070410(22).jpg
(2007/03/31, 04/01, 04/07 Photo by Masa. Hattori)


[2007/04/10 07:25 16枚実体アップ。]
[2007/04/10 07:21 16枚追加。]
[2007/04/10 07:12 06枚掲載。]
[2007/04/10 07:00 準備中。]
posted by LB at 07:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

This is Not Real, But Real. It's Game, But Not Only Game.

 
□ 参考人物

タモリさん(1945年08月22日)、ビートたけし(1947年01月18日)
黒澤 明(1910年03月23日)、山田洋次(1931年09月13日)
鈴木 裕(1958年06月10日)、岡本 吉起(1961年06月10日)
松たか子(1977年06月10日)
吉澤一彦(1955年02月17日)、古館 伊知郎(1954年12月07日)
滝沢秀明(1982年03月29日)、長澤 まさみ(1987年06月03日)
細木数子(1938年04月04日)
posted by LB at 08:09| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

多次元展開

 
「新しい作品」は、漫画、アニメ、ゲーム、映画、音楽、書籍、ネット、理論、論文、金賞、プロモーション、人事、政治、経済、と、多次元展開できる可能性を秘めている・・・ のかもしれません♪
そのような原書を、マニュアルや、バイブルと呼ぶ・・・・ のかもしれません♪♪
posted by LB at 13:25| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キ=ワード

 
□ 復活祭 / イースター

2007/04/08, 復活祭, イースター・エッグ (Easter Egg) , 2008/03/23, 2009/04/12

0(a), 4(e), 7(h), 9(j), 11(l), 12(m), 13(n), 14(o), 18(s), 24(y) 60(cm)
あいうえお(50進法), アルファベット(26進法), 音階(8進法)
旧・思考法(4進法, 4次元), 新・思考法(5次元, 10次元, 26次元, ... 3次元, 1次元 ...)


□ ガリレオ と コペルニクス

ガリレオ、望遠鏡、真空実験、木星の衛星、星界の報告
コペルニクス、天動説、地動説、回転、1年の長さを365.2425日、グレゴリオ暦への改暦、グレシャムの法則

「金価」と「知価」の逆転の可能性。ベクトル。ミライ。


□ ハリウッド と 日本の和洋折衷

The Beatles、Frankie Goes To Hollywood、リバプール。ハリウッド。
米欧・日。西洋・「和洋折衷」・東洋

ハリウッド / 当て字: 針森(木) / しんしん / しんちゃん


□ 電脳 と 宇宙人

2199, 2200, 29万6千光年, 30万光年

「人脳」「電脳」「天災」「宇宙災」「宇宙戦争」「時間旅行」「次元旅行」「イメージ旅行」
「幽体離脱」「テレパシー」「波動拳」「カメハメハー」「波動砲」

宇宙戦艦ヤマト、西暦2199年、超光速宇宙戦艦、地球防衛軍
14万8千光年彼方の大マゼラン星雲イスカンダル星、29万6千光年への挑戦
古代進(富山敬)、森雪(麻上洋子)、島大介(仲村秀生)、沖田十三(納谷悟朗)、スターシャ(上田みゆき)

「地震。磁心。時針。自信。自身。」
「津波。津浪。」大波。中並み。小波。
「防波堤。境界。協会。(教会。教戒。教誨。)」
「ノアの箱舟。長板。中板。小板。」


□ ストリートファイターII、1987年

2006年10月31日 実写映画製作発表。2008年公開予定。
隆(リュウ、Ryu)、波動拳〔はどうけん〕
春麗(チュン・リー、Chun-Li)、百裂脚(百裂キック)


□ 自然世界

「谷。木。山。」
「海。太陽。」
「空。月。」
「人。」
「神。愛。気。機。」


[2007/04/08 13:32:22 13, 14, 18, 24 追加。]
[2007/04/08 12:50:40 ストII追加。「糸毬・法鍵」に贈る。]
[2007/04/08 12:40:59 タイトル改名: キワード -> キ=ワード。]
[2007/04/08 12:39:56 キーワード追加。]
[2007/04/08 12:01 準備宙。]
posted by LB at 12:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇宙の中心とは・・・・・・。

どこなんでしょう。
ガリレオ的客観論ではどこかにあるはず。
コペルニクス的に逆転すると主観では自分が中心ではないでしょうか。
さて・・・。自分に対応する宇宙の中心とはどこだろうか。
銀河系は、何か、大脳周辺系のような、カリフラワーの末端に位置しているようなイメージがします。
ではどちらが上で、どちらが下なのだろうか。
その先に中心は見えるのだろうか・・・。
そこから、宇宙人との関連性は導かれるのだろうか・・・。

やはり・・・。新しい羅針盤とともに新・ヤマトを想像創造する必要がありますでしょうか!?

「ロングボード(ギンギン)」。
posted by LB at 10:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

「男女女男に贈るアイのメロディ」

20070406(01).jpg 20070406(02).jpg
20070406(03).jpg 20070406(04).jpg
(2007/04/02 Photo by Masa. Hattori)


□□ 「男女女男に贈るアイのメロディ」
Otoko Onna and Onna Otoko Songs"s"
Genuis Groups Songs "1984 | 2008" 「 Masa."s.O.s" Go To Hollywood, in A-shita. 」

01. 03:58 | Frankie Goes To Hollywood - Relax (1983)
02. 07:26 | Frankie Goes To Hollywood - Relax (new york mix - the original 12)
03. 09:28 | Frankie Goes To Hollywood - The Power of Love (Ext Mix)
04. 03:56 | Frankie Goes To Hollywood - Two Tribes (1984)
05. 13:37 | Frankie Goes To Hollywood - Welcome To The Pleasuredome (album Version)
06. 09:33 | Frankie Goes To Hollywood - Welcome To The Pleasuredome (T.Horn Mix)
07. 19:01 | Duran Duran - The Reflex (The Dance Mix) - (06:34-12:27)
08. 06:32 | New Order - Substance 1987 - State Of the Nation
09. 03:39 | Pat Benatar - We Belong
10. 04:09 | Pat Benatar - Ooh Ooh Song
11. 03:39 | Heart - Alone
12. 05:24 | Heart - These Dreams (80's 12 inch extended mix)
13. 05:47 | Tompson Twins - Doctor Doctor (12 inch tracks)
14. 07:08 | Tompson Twins - Hold Me Now (Best of Tompson Twins)
15. 06:15 | Yes - Owner of a Lonley Heart (megamix)
16. 09:28 | Yes - Leave It ('80s 12 inch Hello Goodbye Mix)
17. 07:17 | DJ | Prince - 1999 (White Label Mix)
18. 07:46 | Prince - when doves cry (2002) (sean mccann / various records feb 2002)
19. 08:43 | Prince - Purple Rain
20. 06:35 | Howard Jones - What Is Love (extended mix / The 12- Album)
21. 03:40 | Howard Jones - What Is Love
22. 07:32 | Madonna - Borderline 2002
23. 03:58 | Madonna - Borderline
24. 06:05 | Madonna - like a virgin (extended dance remix)
25. 05:16 | Erotica [Sex Remix]
26. 04:03 | Cyndi Lauper - Time After Time
27. 04:29 | Cyndi Lauper - All Through the Night (She's So Unusual)

※ トータルの躁演奏距離は・・・・・不明フメイです。


「ロングボード(そろそろ)」


[2007/04/06 11:03:18 芸名:「伊藤マリア」と「服部フランキー」に贈る。]
[2007/04/06 10:20:00 バランスを撮るために「タイトル改名」]
[2007/04/06 10:19:47 「写真」をツイカ。]
posted by LB at 10:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージック (Music Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新・自由民主「逆転」主義 (別名) 新・両政党「逆転」主義

 
□ 新・自由民主「逆転」主義 (別名) 新・両政党「逆転」主義

それは「あいきとう」「愛気・トウ」(糖当党頭島唐棟投陶凍逃盗透涛橙討"島")」
一言で言えば「自由民主「逆転」主義」。
それは自由共和的な組織と民主愛主的な組織で「逆転「戦争・共鳴」」することで「運用成長」できるだろう。

「ロングボード(ソロソロ)」
posted by LB at 09:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アカデミック (Academic) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。