2007年03月30日

グランフィナーレ。。。

20070330(01).jpg 20070330(02).jpg
20070330(03).jpg 20070330(04).jpg
20070330(05).jpg 20070330(06).jpg
( 2007/03/29 Photo by Masa. Hattori // Masa. | Longboard )


□ エンディングのスタッフロール

ここまでの喜劇のエンディング。
とても長〜いスタッフロールで使われたような・・・

そんな空想がします。

01. 君の瞳に恋している ( Can't Take My Eyes Off Of You ) / Boys Town Gang


[2007/03/30 07:37 追加。]
posted by LB at 06:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

サクラの下で、まるで映画のようなハートフルな場面。

20070329(01).jpg 20070329(02).jpg
20070329(03).jpg 20070329(04).jpg
20070329(05).jpg 20070329(06).jpg
( 2007/03/28 Photo by Masa. Hattori // Masa. | Longboard )


□ 前置き

「天」から、大ブーイングの嵐が吹いたような気がしました。
お口直しに、今日は大サービスで3本目の執筆です!!
最初から、この記事を書かなくて、申し訳ございませんでした。


□ サクラの下で、まるで映画のようなハートフルな場面。

うららかな春の陽気の下、ソメイヨシノを観に、代々木公園に行きました。
平日の昼間っから、一体、私は何をやっているのだろうかという、ツッコミが
聞こえることは、わかっています。

だから、掲載するかどうかは、実はとても悩んだのですが・・・。

お昼休みくらい、何してもいいでしょう。私は平社員ですから!!
植木等さんの無責任男ではありませんが。^^)


池のまわりには、サクラを満喫するためにあつまった、家族ずれや、
カップルやら、海外からの旅行客のような方まで、今までみた
代々木公園の中で、一番、人が盛況だった気がします。

おにぎりを3つほどほうばろうと、ベンチに腰掛けつつ、写真撮影をしていると・・・。

何か、池のまわりが騒がしいではありませんか。

なにやら、5、6人の子供の群れが、池の真ん中のサッカーボールを指差しています。

そして、勇気ある、若手のサラリーマン風の男性が、なんと、池の中心めがけて、
突進してゆくではありませんか。

私も、気になって、前にのりだして、その光景を見つめました。

観客は、池のまわりのほぼ全員だったと思います。

同僚の女性社員らの声援や、2人組の女性からの黄色い声援。
そして、海外からの方や、わたしも含めて、携帯やら、一眼レフカメラやら、
コンパクトデジタルカメラやらで、撮影するギャラリーが、10人くらいは
いたでしょうか・・・。


そんな、皆が見つめる中で、奇跡はおきました。

ゆっくりではありますが、中心のサッカーボールが、ちょうど、彼の方に向かって
流れてくるではありませんか。

まるで、彼と、周囲のギャラリーの想いが、サッカーボールを引き寄せているようにみえました。

別の表現としては、噴水が起こす同心円状の波が、サッカーボールを動かしていた
わけですが、彼の方向にまっすぐと向かっていったのは、何かの縁に違いないでしょう。

あと、数mというところで、その男性は、我慢ができなくなったのでしょう。
スーツのズボンがぬれることを覚悟で、自ら、ボールをとりに水の中にはいってゆきました。

彼がボールをつかんだ瞬間の、ギャラリーの歓声と拍手は、
ワールドカップで、日本代表が強豪チーム相手に、奇跡のゴールをあげたときと
同じような、そんな感覚でした。

これが、テレビや映画の中で起こっていたわけではなくて、ライブで起きたことを、
偶然にも、私が目撃した瞬間でした。

あのとき、あの池のまわりの世界は、彼を中心として、周りのギャラリーと、サッカーボールと、天からの赤い糸で結ばれていたように思います。

もし、私が、彼の立場だったとしたら・・・。いったいどのような行動をとっただろうか。

私は、アマチュアの、自称、記者(!?)なので、現実の決断を下すためには・・・。まだまだ経験が浅いです。


ただ、過去に、真冬の荒川に、サッカーボールをとりに、パンツ一枚で、飛び込んだ経験が
あることは鮮明に覚えています。

あのときは、本当に、若かったな〜。
あのときのような勇気をもつ、そんな若さが今の私には欲しいな〜。神様。


[2007/03/29 06:36 文章掲載。体裁修正中。]
[2007/03/29 05:40 執筆中。。。]
posted by LB at 06:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 (Nature Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「エラー」から生まれる「ひらめき」。(仮説)

 
「神がサイコロをふる。」

過去に数回あったと思います。別名を「偶然の一致」と呼べるのかもしれません。

全く関連性のない2つのものに関連性を見出す、稀有の才能(!?)を持つ人がいる・・・・。
きっと、「あぶない人」に違いありません。わたしは「「自分があぶない」ということを自覚」しています。

おそらく、その「偶然の一致」が起きる確率は1/10000〜1/100くらいでしょうか(!?)。
(この数字はかなりいい加減です。)
「突然変異」は、ひらめきと何かの関連性があるような・・・ 気がします。

誤解を与えないように、もう少し、特定するならば、私も、定常状態では、それほど
エラーを起こすことはないと思います。

定常状態でないときに、そういう状態になるのだと思います。
危なさと創造性は、表裏一体だと、私は信じています。

「突然変異」から連想する別の言葉は、「エラー」。

ハッキングレベルのプログラミングをしたことのある人なら、
自分の書いたコードの、一見して「エラー」のような「バグ」が引き起こす、
その「特異なふるまい」が、かわいくなって、消したくなくなることが
あることを知っていると思います。

「職業的な観点」からは、エラーやバグは、まちがいなく、敵です。
でも、「遊びの世界」では、エラーやバグは、かわいいものです。
このご時勢に、こんなことを言うと、相当、殴られそうではありますが。

誤解を与えないように表現するのが、とても難しいのですが、

「遊びで、楽しむプログラムにはバグはゆるされる。」
「仕事で、書くプログラムにはバグがない、ことが求められる」

ということでよろしいでしょうか!?

仮名漢字変換の変換ミスも、同じようなものだと思います。
過去に、変換ミスをして、わざと訂正しなかった箇所がいくつもあります。
それは、訂正しないほうが、おもしろいと思ったからです。

勘のするどい方は、すでに気がつかれていたかもしれません。
でも、もっと勘のするどい方は、その中に「単なるミス」が含まれていたことも、ご存知かと思います。^^)


[2007/03/29 00:42 確率の数字を若干訂正。]
posted by LB at 00:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JAIST 東京MOTコース 2年目の私の予定。

 
□ JAIST 長期履修 (実質的留年)

本業に専念するために、実質的留年を決めました。
ただ、次年度に研究計画書を提出するために必要な単位を取得することは考えています。

と、ここまで書いて、白状しますが・・・

実は、単位が足りなくて、研究計画書の提出条件をクリアしていないのです。
1年で、3コマ6単位しか、単位取得できませんでした。
おそらく、出席した講義は、12コマ以上はあったと思います。

これは、「イイ・カゲン」ともいいますが、自己犠牲でもあるのです。
分かってくださる方には、分かってもらえることかと思います。

そのココロは・・・。


□ JAIST 知識科学 サイエンス・サイエンス

過去の1年で私にとって必要だったのは、単位のためにレポートを書くことではなく、
「知ることを知ること=サイエンス・サイエンス」だったからだと思います。

それが、「知識科学」ですよね!
屁理屈だと言われそうですが、これが、私のオリジナリティーです。

本当に、この1年で学んだことは、私の大学5年間^^)以上のものだったと思います。

JAIST 東京MOTコースに、大変感謝しているとともに、大変敬愛しています。
この場をお借りして、改めて、御礼申し上げます。

いつか、石川本校にもご挨拶に伺いますよ!
posted by LB at 00:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アカデミック (Academic) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

ウグイスの鳴声。

20070327(01).jpg 20070327(02).jpg
20070327(03).jpg 20070327(04).jpg
20070327(05).jpg 20070327(06).jpg
20070327(07).jpg 20070327(08).jpg
( 2007/03/27 Photo by Masa. Hattori // Masa. | Longboard )


□ ウグイスの鳴声。

朝の散歩で、ウグイスの鳴き声を聴きました。
昨年も聴いたような記憶があるのですが、あの時はそれが本当にウグイスだったのか、真相が分からずにいます。今朝聴いたのは、間違いなく、ウグイスだと思います。
木の茂みの中の歌声の主の姿を確認できなかったのが、残念ではありますが、かなり、練習もこなれてきてそれらしい歌声でした。モノラルではありますが、録音を兼ねて動画も撮ったので、いずれ時間があったら、またアップするかも・・・ しれません。

以前にも書きましたが、きっと、春になって唄う脳細胞が細胞分裂して成長している・・・ そんなイメージがあります。
posted by LB at 07:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

あるお昼の猫さま。(写真)

20070326(01).jpg 20070326(02).jpg
20070326(03).jpg 20070326(04).jpg
20070326(05).jpg 20070326(06).jpg
( 2007/03/26 Photo by Masa. Hattori // Masa. | Longboard )
posted by LB at 22:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

昨日のライブ。

20070325(01).jpg 20070325(02).jpg
20070325(03).jpg 20070325(04).jpg
20070325(05).jpg 20070325(06).jpg
20070325(07).jpg 20070325(08).jpg
( 2007/03/24,03/25 Photo by Masa. Hattori // Masa. | Longboard )


□ 昨日のライブ。

土曜日にmercy-k氏のライブに行ってきた。ハワイのなんとかという縦笛を演奏する。未だになんとかという縦笛としか呼べない、自分の記憶力が悲しい。

桜をはじめとして春らしい曲から始まった。ゲスト盛り沢山で、本人が演奏した割合の方が少なかったような心理的記憶があるのは気のせいか(!?)。それがお客に大好評だったようだ(!?)

http://mercy-k.blog.mo-hawaii.com/575.html

でも、"What A Wonderful World" はよかったな〜。
誰の作曲だったか・・・。もう忘れてしまった。

記憶力と関係があるのかは分かりませんが、その前にひさびさの歯医者で、麻酔を打たれて、ゴリゴリ、ギリギリ、奥歯の方に大きな穴を掘られて・・・。神経もとられてしまったのが、体調にとても影響していたようです。その夜は演目が終了次第、早々とおうちに帰ってきました。
mercy-k氏、最後に一言も言わずに立ち去ってごめんなさ〜い!!


[2007/03/25 20:22 リンク追加。]
posted by LB at 20:15| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

明日の記事予報: 主観と客観の逆転(2) 主観が正しいと仮定した場合

 
□ 主観と客観の逆転(2) 主観が正しいと仮定した場合

以前に主観よりも、客観を重視する思考法について書きましたが、
その逆の発想も、当然できます。
創造性は、主観以外の何者でもないと言えなくもないかもしれません。前回に私が故意に隠していたコンセプトは、主観を絶対的とした場合の世界観です。これだけでは片手落ちなのは自明ではありますが、これがない場合も、同様にして片手落ちだと思います。

ここまで書いておいて・・・ 明日、どこまで書こうとしているかは、今の私には分かりません。またしばらく書かないかもしれません。
posted by LB at 14:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

オハギと黄な粉。(写真)

20070323(01).jpg 20070323(02).jpg
20070323(03).jpg 20070323(04).jpg
20070323(05).jpg 20070323(06).jpg
20070323(07).jpg 20070323(08).jpg
( 2007/03/21,03/22 Photo by Masa. Hattori // Masa. | Longboard )
posted by LB at 23:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

あるお昼のランチ。(写真)

20070322(01).jpg 20070322(02).jpg
20070322(03).jpg 20070322(04).jpg
20070322(05).jpg 20070322(06).jpg
( 2007/03/22 Photo by Masa. Hattori // Masa. | Longboard )


[2007/03/22 23:45 親友からの指摘により内容変更。]
posted by LB at 22:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

ストーリー思考。

20070321(01).jpg 20070321(02).jpg
20070321(03).jpg 20070321(04).jpg
20070321(05).jpg 20070321(06).jpg
20070321(07).jpg 20070321(08).jpg
( 2007/03/20 Photo by Masa. Hattori // Masa. | Longboard )


□ ストーリー思考。

ドラマや映画や曲の歌詞や、カリスマ経営者のストーリーが好きなのは、憧れのシーンやプロットに、過去の自分の栄誉と、未来の自分の栄誉を重ね合わせているからなんだと思います。
「根拠のない自信」は、最高の自分が成し遂げるであろう成果のあとに、どのような「夢のようなご褒美」が待っているかをイメージしているからこそ、湧いてくるもののように思えます。

あと50m泳いだら、大好きなアップルタイザーを飲もう♪ のようなかわいらしいものから、壁投げでピッチング練習をしているときに、9回2アウト、満塁。最後のバッターをストレートで空振り三振に抑える・・・ というような高校野球の名シーンにありそうな場面をイメージしてみたり・・・。

ま、中にはそれこそ実現困難なストーリーをイメージしてしまうことも多々あるかとは思いますが、逆に言えば、それくらい具体的なイメージを持っていない未来が、自分に起こることは考えにくいに違いありません。具体的にイメージした未来の自分。その中から、いくつかが実現されるのだとしたら、それでも十分のような気がします。これだけは絶対に実現したい・・・ そういう「想い」があるものについては、過去に実現しなかったものは、ほとんどないと、断言してもいいと思います。そういうものが「人の想い」だと思います。
posted by LB at 19:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

「超意識」は「世界を超大脳化」する!

20070320(01).jpg 20070320(02).jpg
20070320(03).jpg 20070320(04).jpg
20070320(05).jpg 20070320(06).jpg
20070320(07).jpg 20070320(08).jpg
( 2007/03/19 Photo by Masa. Hattori // Masa. | Longboard )


□ 「超意識」は「世界を超大脳化」する!


[2007/03/20 06:55 執筆断念★★★★★]
[2007/03/20 06:27 写真追加。]
[2007/03/20 06:18 執筆中。。。]
posted by LB at 06:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

「イシキ」と「ココロ」はブラックボックスでも「世界は定義できる」(仮説)

20070319(01).jpg 20070319(02).jpg
20070319(03).jpg 20070319(04).jpg
( 2007/03/16 Photo by Masa. Hattori // Masa. | Longboard )


□ 「イシキ」と「ココロ」はブラックボックスでも「世界は定義できる」(仮説)


[2007/03/19 08:38 執筆断念。]
[2007/03/19 06:18 執筆中。。。]
[2007/03/19 06:18 写真掲載。]
posted by LB at 06:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

明日の記事予報: 「イシキ」と「ココロ」はブラックボックスでも「世界は定義できる」(仮説)

茂木先生の 2007/03/14 の録音を途中まで聴かせていただいました。

"06:10"までは金曜日の朝に既に聴いていました。

今朝は "16:12" まで聴いて、はっとして再生を止めました。
録音は、そこで時間を止めることが可能なので素晴らしいです。

もし、私がシンポジウム会場で聞いていたら、他の興味のない
ものに時間を奪われたり、すでに心身の体調が弱りはじめている
可能性もあるわけですが、録音では、好きなときに、好きなところ
からはじめて、好きなところで止めて、自分の好きな思考に
走ることができる・・・。素晴らしいの一言です。

もし、私が既にシンポジウム会場で聞いていたら、一回聴いた
という経験が、録音をもう一度聞くという行為を決断するのに
マイナスに働くことでしょう。「初めては新鮮」です。
「人のひらめき」は「初めて」にかなりの部分が支配されている
と思います。「発火」は「初めて」と切り離せないと感じます。
解けないパズルも、新しいパーツが付加されるだけで、
突然、いくつものパートが解けていくことがある・・・。
ひらめきの連鎖には「初めてのパーツ」という「鍵」が起爆剤
になるのだと思います。

思い出したことを、メモしてみました。
私はアマチュアなので、その内容をそのまま公開することが
恥ずかしくないのかどうかを全く判断できませんが、少なくとも
一晩は寝かせて、明日考え直そうと思います。

"21:10" まで聴いてまた止めました。あと「50分」分あります・・・。^^)


以上です。
posted by LB at 11:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Songs Nouveau - 2007 February to March

20070318(01).jpg 20070318(02).jpg
20070318(03).jpg 20070318(04).jpg
20070318(05).jpg 20070318(06).jpg
20070318(07).jpg 20070318(08).jpg
( 2007/03/15,03/16 Photo by Masa. Hattori // Masa. | Longboard )


Songs Nouveau - 2007 February to March by Masa. Hattori // Masa. | Longboard

01. 蕾 / コブクロ ( ドラマ「東京タワー」主題歌 )
02. てんやわんやですよ / クレイジーケンバンド ( ドラマ「今週、妻が浮気します」主題歌 )
03. Baby Don't Cry / 安室奈美恵 ( ドラマ「ヒミツの花園」主題歌 )
04. 見えない星 / 中島美嘉 ( ドラマ「ハケンの品格」主題歌 )
05. 拝啓○○さん / やなわらばー ( ドラマ「エラいところに嫁いでしまった!」主題歌 )
06. Luna / 安良城紅 ( ドラマ「わるいやつら」主題歌 )
07. Flavor Of Life / 宇多田ヒカル ( ドラマ「花より男子2」主題歌 )
08. シングルベッド / EU PHORIA(ユーフォーリア) ( ドラマ「特命係長 只野仁」主題歌 )
09. ジュリアン / プリンセス・プリンセス
10. Every Breath You Take / The Police ( ロングボード作詞「あなたとわたし。〜どちらもトゥルー〜」メロディ )
11. サクラ色 / アンジェラ・アキ
12. HOME 〜Paino Version〜 / アンジェラ・アキ
13. パパ / プリンセス・プリンセス
14. 彩り / Mr.Children
15. フェイク / Mr.Children
16. あんまり覚えてないや / Mr.Children
17. 赤いスイートピー / 松田聖子
18. <曲名不明。> ( ドラマ「華麗なる一族」テーマ曲 )


Songs Selected from 5 Artists Albums

01. 1mm / Aqua Timez
02. 千の夜をこえて / Aqua Timez
03. 君という名の翼 / コブクロ
04. あなたへと続く道 / コブクロ
05. ここにしか咲かない花 / コブクロ
06. 毎朝、ボクの横にいて。(Sweet drip mix) / コブクロ
07. 太陽 / コブクロ
08. 桜 / コブクロ
09. 未来への帰り道 / コブクロ
10. INTRODUCTION / 倖田來未
11. 夢のうた / 倖田來未
12. 月と太陽 / 倖田來未
13. 恋のつぼみ / 倖田來未
14. WON'T BE LONG 〜Black Cherry Version〜 / 倖田來未
15. Candle Light / 倖田來未
16. 運命 / 倖田來未
17. With your smile / 倖田來未
18. ミルクティー / 倖田來未
19. WON'T BE LONG 〜Red Cherry Version〜 / 倖田來未
20. Not yet / 浜崎あゆみ
21. until that Day... / 浜崎あゆみ
22. 1LOVE / 浜崎あゆみ
23. LABYRINTH / 浜崎あゆみ
24. JEWEL / 浜崎あゆみ
25. Born To Be... / 浜崎あゆみ
26. Beautiful Fighters / 浜崎あゆみ
27. Secret / 浜崎あゆみ
28. REMEMBER LADY / MISIA
29. 太陽がくれたプレゼント / MISIA
30. Stay in my heart / MISIA
31. 月 / MISIA
32. SHININ' 〜虹色のリズム〜 / MISIA


[2007/03/18 20:30 タイポ訂正。]
[2007/03/18 01:25 「曲名不明。」追加。]
[2007/03/18 01:17 「赤いスイートピー」追加。]
posted by LB at 06:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージック (Music Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

桜色

20070316(01).jpg 20070316(02).jpg
20070316(03).jpg 20070316(04).jpg
20070316(05).jpg 20070316(06).jpg
( 2006/03/29 Photo by Masa. Hattori // Masa. | Longboard )


□ ココロは桜満開。

今朝の私は、ココロが満開になりました。
そのココロは・・・ 秘密で〜す。

私自信にもまだ謎だらけなのです。
いつか明らかになると信じています☆☆☆☆☆


□ 今週末のプライベートな予定。

茂木先生の心脳問題の録音を聞く予定です。

茂木健一郎先生の録音は、毎回欠かさずダウンロード
しているのですが、実は最後まで聞いたことがなかったのです。

今回の内容は、是非チェックさせていただきたい内容です。

私も「哲学的ゾンビ問題」というコンセプトを自覚したことが
あります。つい最近です。2007/02/25〜02/27のことです。

つまり、「ワタシというヒトのイシキ以外のものは、
すべて、神様がつくった世界というエキストラに過ぎない」
という錯覚を感じたということです。

これの逆の錯覚もあります。
「ワタシは、世界という舞台がお膳立てしている、
踊らされているピエロという役者に過ぎない」
のではないかという錯覚です。
そういう映画がありましたね。何というタイトルだったか(※)。

錯覚や妄想なのか、それが世界に通用する真実に通じる
コンセプトなのかどうか・・・。それは、現在は証明できない
問題であり、未来にしか、答えはないと私は考えます。
また、現在正しい公理系も、将来に否定される可能性はある
わけですから、すべてが正しいと証明できない。世界は
もともと錯覚なのだという考えもできると思います。

唯一正しいことは、世界をあるユニバースで定義したときに、
その世界だけで閉じることが可能であれば、その世界だけに
通用する公理系は、真であるということです。
ただし、世界は、それだけで世界と呼べないことも自明のこと
ですから・・・。自分の世界を狭い世界におくか、
それとも、広大な宇宙のような世界に視野を置くかで、
見る物が全く変わってきてしまう・・・ と言えるでしょう。

※ ジム・キャリー出演の トゥルーマン・ショー でしたね。


■ 茂木健一郎 クオリア日記:『意識をめぐる問題の現状と課題』

http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/2007/03/post_5fe8.html


■ 茂木健一郎 クオリア日記: コンセプトワーク

http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/2007/03/post_8c88.html


[2007/03/16 20:49 トゥルーマン・ショー追加。]
[2007/03/16 08:48 一部追加。]
[2007/03/16 08:05 修正一段落。]
[2007/03/16 08:00 文章修正中。]
[2007/03/16 07:55 文章追加]
posted by LB at 07:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 (Nature Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

スイッチング (文章)

「 相反する2つの性質の対称性 」 が私のブログの中でのテーマの
1つとしてありますが、「遊び」と「仕事」について再考しました。

【 遊び 】: 「柔軟な発想」には欠かせないもの。
【 仕事 】: 遊びでは、「実行/遂行」はできない。

この2つにも、時と場合にあわせて使い分けが必要だと再認識しました。

私は、今後は本業に専念するために、学業を休学することを検討しています。
今月中に結論を出す予定です。
posted by LB at 07:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

やわらかなシアワセ

20070314(01).jpg 20070314(02).jpg
20070314(03).jpg 20070314(04).jpg
20070314(05).jpg 20070314(06).jpg
20070314(07).jpg 20070314(08).jpg
20070314(09).jpg 20070314(10).jpg
( 2007/03/12 Photo by Masa. Hattori // Masa. | Longboard )


季節のスイーツに会いに、デパートの食品売り場に行きました。
そこで出あったのは、ふかふかにやわらかいシフォンケーキ。

欲張りにも、プレーン、バナナ、イチゴの3種類をゲットしてしまいました。たまにスイーツでシアワセを味わうのですから、3種類くらいあっても罰はあたりませんよね。

このスイーツにあわせた飲み物は、サクラの地ビール。
ちょっと変わったフレーバーのビールもたまにはいいものです。

その日は、プレーンをいただきました。
ふかふかで触ると無くなってしまいそうな柔らかさですが、その甘さはしっかりとしています。

次の日にイチゴを食べようと思ったところ、なくなっていました・・・。(><)
私の家のものが食べてしまったようです。もともとみんなで食べようと思って買ってきたとはいえ・・・。一口味見したかったなぁ。

でも・・・ バナナはしっかり食べました。プレーンもよかったですが、バナナも美味しかったです。

まるで、愛する人と、同じシアワセの味を感じているような、そんな甘さでした♪♪
posted by LB at 20:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

カラフルな野菜。

20070313(01).jpg 20070313(02).jpg
20070313(03).jpg 20070313(04).jpg
( 2007/03/12 Photo by Masa. Hattori // Masa. | Longboard )

カラー・ピーマン! 別名「パプリカ」。

なんて綺麗なピーマンなのでしょう ^^)/

デパートの食品売り場で、ついつい、その美しさに惹かれていっぱい買ってしまいました。
野球のボールよりも大きい特大のオレンジのパプリカと、その3匹の子供たちです。

眺めているだけで、何かココロがカラフルになります。

お味の方は・・・。まだ食べていないのでよくわかりませんが、
普通のミドリのピーマンよりは、甘みが多いような、そんなイメージがあります。

ミドリのピーマンがダメなヒトも、これなら・・・ ( 以下省略 ) 。。。

・・・・・・。

食品売り場では、他にも買ったものがあるのですが〜。
それについては、気が向いたら明日にでも書こうかなぁ。
posted by LB at 00:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 (Nature Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

1月毎1枚の写真。(カレンダー用)

200604(800).jpg 200605(800).jpg
200606(800).jpg 200507(800).jpg
200608(800).jpg 200609(800).jpg
200610(800).jpg 200611(800).jpg
200612(800).jpg 200701(800).jpg
200702(800).jpg 200603(800).jpg
( 2005/07 - 2007/02 Photo by Masa. Hattori // Masa. | Longboard )


□ 1月毎1枚の写真。

1年くらい前にオリジナルカレンダーをつくろうかと考えたことがありました。当時はお流れになったのですが、第一歩として写真を12枚集めてみました。すべて過去にブログで使用したものですが、今回の掲載では特別に少し大きいサイズの写真もアップしてみました。
ご興味のある方は、1つ1つクリックして下さると、少し大きな写真が見られます。ファイルサイズの関係から、大きめの写真はほんとうによっぽどのことがないと掲載しない方針・・・ ですので、今回は「特別」です。
それでも解像度はオリジナルの半分ではありますが・・・。(>_<)


[2007/03/11 23:26 説明追加]
posted by LB at 00:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 (Art) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。