2007年01月31日

天才ガロアと、複雑性の10項目

20070131(01).jpg 20070131(02).jpg
20070131(03).jpg 20070131(04).jpg
20070131(05).jpg 20070131(06).jpg
20070131(07).jpg 20070131(08).jpg
20070131(09).jpg 20070131(10).jpg
(2007/01/30 撮影)


□ 複雑性の10項目 (ロングボード改編)

あることに途方にくれていたときに、「 なぜこの方程式は解けないか? 」
という本に出会いました。
過去の記事で、私が高校時代の17才のときにみなと図書館で「ガロアと群論」という本に出あったということを書きましたが、ガロアの本ならと早速手に取りました。

実はまだ1ページしか読んでいないのですが、それが p.354 にあるリストです。

「創造的な人間は両方もつことの多い10組の特性」 (心理学者のチクセントミハイ)
チクセントミハイが創造性の高い多数の人に取材してまとめたリストだそうです。

これを私の解釈で日本語から日本語にシンプル意訳してみました。

01. 静と、衝動的な動
02. 頭はいいが、世間知らず
03. 責任感と、無責任
04. 現実的で、空想的
05. 内向的で、外交的
06. 謙虚で、高慢
07. 男女・女男
08. 新しくて、古い
09. 情熱的で、客観的
10. 喜びと、悲しみを同時に感じる。


私は、この条件にあてはまる人を、少なくとも、世界に2人はいることを
知っているような気がします。(><)

ちなみに・・・ その「途方にくれていたこと」はすでに解決した模様です。


Seven Songs for a Woman Impressed by Marie Antoinette,
Inspired by "Teresa Teng" to Masa. | Longboard


01. ラブレター / 白羽玲子
02. つぐない / テレサ・テン
03. 哀歌(エレジー) / 平井堅
04. 別れの予感 / テレサ・テン
05. 甘い予感 / 井上陽水
06. 時の流れに身をまかせ / テレサ・テン
07. 川の流れのように / 椿


[2007/02/01 05:45 書名訂正]
posted by LB at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アカデミック (Academic) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今後の記事予定

20070131(11).jpg 20070131(12).jpg
(2007/01/30 撮影)

□ 今後の記事予定

− 天才研究 修士論文 計画 (仮)
− 資産マネジメント アロケーションの再考 (予定)

− 勝手に私小説 構想 (予定)
− 勝手にSF小説 構想 (予定)

− 勝手に不遇の世代向け(35歳前後)ゲームシナリオ 〜転職・結婚・独立・勉学〜 (予定)
− 勝手に団塊の世代向け(60歳前後)ゲームシナリオ 〜新たな萌えを観つけて〜 (予定)

− 勝手にオリジナル・アルバムのためのロングボード作詞集 (10曲前後)

  アルバム名: 『 表と裏 』(仮)
  仮: ギャップの恋愛イノベーション
  仮: 天才証明
  仮: 駅のホームの彼女
  仮: シンデレラとピーターパン
  仮: ゴングは鳴った
  仮: 崖っぷちのクリスマス
  仮: ココロとサービスの贈物
  仮: ラスト・チャンスィーズ (改)
  仮: 小悪魔な良妻
  仮: ヘンタイのサイエンス
  仮: 最愛と矛盾
  仮: 2つのココロが結びついて
  仮: その瞳を忘れない
  仮: あきらめないで
  仮: ヴァレンタインの誓い

− 勝手にヴァレンタインのお返し (仮)

※ このブログの熱心な読者の方は既にご承知かと思われますが、予定のうちの極々一部のみが実際の記事になる可能性が高いです。
posted by LB at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

愛用のウェストバッグの新調

20070130(01).jpg 20070130(02).jpg
20070130(04).jpg 20070130(03).jpg
20070130(05).jpg 20070130(06).jpg
(2007/01/28, 01/29 撮影)


□ ウェストバッグ

ずっと「腰巻ポシェット」と自分では呼んでいました。「ウェストバッグ」というんですね。1年以上愛用して大変重宝していたバッグ(奥のしぶい茶色のもの)が、とうとう酷使に耐え切れなくなってチャックをはじめとして色々なところがボロボロになってしまいました。
でも、きっとこのバッグも、ここまで使ってあげたら、本望なのではないかと、私は勝手に思っています。
本当は、全く同じデザインのものが欲しかったのですが、購入した幕張のお店にはすでになくなっていて、もうかれこれ数ヶ月も、次のバッグを探しておりました。
残念ながら、前と同じくらい便利なものを探すのが大変困難だということが分かっていたのと、チャックが大開状態のバッグは危険すぎて使えないので、とても気に入ったというレベルではないのですが、そこそこ気に入ったレベルにて、新しいバッグを決めました。
前のものよりも薄い割りに面積はあるので、収納はこちらの方が良さそうです。きっと使っているうちに体に合って行くのではないかと思われます。


□ ハートのターコイズはデジカメにぴったり

今、メインで使っている携帯はスリムなのはいいのですが、一部の機能が不足しています。もともと承知で去年の5月くらいに買ったのはいいのですが、携帯ストラップを付ける穴さえなかったのを、ハートのアクセサリを買ってから思い出しました。
そこでデジカメに付けてみたら意外や意外。なかなかどうして、しっくりくるではありませんか。昨日から自分ではかなり気に入っていて、誰かに言いたくて言いたくて、約1名の方には言ってみましたが、今回は写真でこんなかんじですという表現です。


□ 水明亭の皿うどん

1ヶ月に1回くらいの頻度でどうしても食べたくなります。
冬にはちゃんぽんもいいです。とにかく麺が全く見えないくらいの具沢山には毎回驚かされます。なお、私は「皿うどん」を「皿焼きそば」と間違って注文したことが過去に5回くらいあると思います。その度にお店の方から「焼きそばじゃなくて、皿うどん でしょ。」と教えてもらって・・・。
最近はようやく学習しました。人は、なぜ、同じ過ちを繰り返してしまうのでしょうか。
ただ、今はさすがに覚えましたよ。これで10回くらい連続で間違えたら、お店の方にさすがに顔を覚えられてしまいそうです。
posted by LB at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛用品 (My favorite) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

渋谷で「武士の一分」と「ティアラ展」

20070129(01).jpg 20070129(02).jpg
20070129(03).jpg 20070129(04).jpg
20070129(05).jpg 20070129(06).jpg
20070129(07).jpg 20070129(08).jpg
20070129(09).jpg 20070129(10).jpg
20070129(11).jpg 20070129(12).jpg
(2007/01/28 撮影)


□ 武士の一分

観たい映画が3本くらいあったのですが、ようやく「武士の一分」を観てきました。今年に入って映画を観たのはこれが最初だったかもしれません。年末までに「天使の卵」と「地下鉄に乗って」を観ましたが、それからかなり間があいてしまったような気がします。ちなみに写真の他の映画はまだ観ていません。
作品自体についての感想は敢えて書きませんが、過去に自分が経験したいろいろな感情が蘇ってきました。「自分の存在意義を失う悲しみ」、「大切なものを喪失する悲しみ」、「命をかけるほどの憤り」、「プライド・目的」、「戦い」・・・ 以下ネタバレのために省略。
もちろん私は今はシングルなので、まだ経験していない感情もあるのでしょうけれど、ある番組でコメンテーターの方が「命とは時間である」という言葉を引用されていたのを思い出し、過去の自分の時間を見つめ返しました。過去の自分の大切な時間を正当化するためにも、未来の自分の時間を大切にしたいです。


□ ティアラ展

週末とあって大変混雑しておりました。平日に行ける人を羨ましく思います。私は学生証があるので若干お安く入場できますが、そんな優越感が吹き飛ぶほどのすごい人の数でした。なかなか列が進まない理由は展示まで達するとようやく分かります。金・銀・ダイヤモンド・プラチナ・パール・アメシスト・トパーズ・ルビー・サファイア・エメラルド・トルコ石・アクアマリン・・・。などなど、その輝きに眼が失明するのではないかと思うくらいの豪華絢爛。そして写真に映ったそれらのティアラを身につける王妃。
あまりクローズアップされていませんでしたが、それらの冠を用意した王様や伯爵がどんな人たちだったのかが気になりました。
でもなんだかビーズや人工石でも、同じ程度の輝きは再現できるのではないかと・・・、ギャラリーフェイクのフジタではありませんが、下世話なことを考えてしまいました。
もし、自分がデザインするとしたら、モチーフは、イチゴと、天使の翼と、卵と、トマトと、乙女椿と、薔薇と・・・ それからバナナの束と、バナナの葉っぱなどはどうだろうか。何か甘い香りが漂うようなそんなティアラを少しばかり想像してしまいました。冗談で言っているので、未来のお相手から、即、却下されることが目に見えていますが・・・。(汗)
この中の3種類くらいのモチーフでも十分なのではないかと思われます。
大きさは、小さめの斜めのカーブが綺麗なものも素敵そうですが、大型のこれぞカンムリという逆三角形のシャープな角度を持ったものも、悪くなさそうです。もちろん、自分のアタマに乗せようなどという、アタマのあたたかい人になろうとは、ちょっとだけしか思っていませんが。(><)
posted by LB at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマセラピー (Cinema Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

ターコイズのアクセサリー

20070128(01).jpg 20070128(02).jpg
20070128(03).jpg 20070128(04).jpg
20070128(05).jpg 20070128(06).jpg
(2007/01/28 撮影)

□ ターコイズ (トルコ石)

通称「空の石」。「天から幸運をもたらす使者」。「ピュアで自由な精神」を与え、
危険が迫ったときには身代わりになって守ってくれると云われているそうです。

[2007/01/28 19:43 文章追加]
posted by LB at 19:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 (Nature Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

明治記念館。(写真)

20070127(01).jpg 20070127(02).jpg
20070127(03).jpg 20070127(04).jpg
20070127(05).jpg 20070127(06).jpg
(2007/01/26 撮影)
posted by LB at 08:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

ポカポカ陽気のお昼のこと。(写真)

20070126(01).jpg 20070126(02).jpg
20070126(03).jpg 20070126(04).jpg
20070126(05).jpg 20070126(06).jpg
20070126(07).jpg 20070126(08).jpg
20070126(09).jpg 20070126(10).jpg
(2007/01/25 撮影 - ブログで外食の洋食が多いのは、普段が和食の反動です。)
posted by LB at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

軽いソラの色。

20070125(01).jpg 20070125(02).jpg
20070125(03).jpg 20070125(04).jpg
20070125(05).jpg 20070125(06).jpg
(2007/01/24, 01/25 撮影)

□ 今日のお天気 (都内)

早朝は寒かったのでしょうけど、その澄み切った空気が演出しているのでしょうか、とてもさわやかな青空。今朝の私は、海色の青よりも、なぜか、富士山に近いところのソラの白と青の間の薄い色に目を惹かれます。
その色に何か軽さを感じます。体が軽くなって元気が出てくるようなそんなイメージです。


[2007/01/25 08:20 文章追加]
posted by LB at 08:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

昨日。(写真)

20070124(01).jpg 20070124(02).jpg
(2007/01/23 撮影)
posted by LB at 07:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

さわやかなアサ。(写真)

20070123(01).jpg 20070123(02).jpg
20070123(03).jpg 20070123(04).jpg
20070123(05).jpg 20070123(06).jpg
20070123(07).jpg 20070123(08).jpg
20070123(09).jpg 20070123(10).jpg
20070123(11).jpg 20070123(12).jpg
(2007/01/23 07:00〜07:45 撮影)
posted by LB at 08:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 (Nature Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

浦沢直樹 からマーケティングを考える。

20070122(01).jpg 20070122(02).jpg
20070122(03).jpg 20070122(04).jpg
(2007/01/21 撮影 - なぜか7巻と13巻を2冊持っていたりする・・・ 欲しい人います?)


□ 問題: 市場創造 vs 市場探索

浦沢直樹は、「自分」が信じて納得ゆくものを時間の制約の下に生み出すという。

マーケティングでは、「市場を創る」と「市場を探す」という2つの観点の思考がありますが、さて、このどちらが正しいでしょうか?


□ 浦沢直樹

先週の『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、必見でした。
いつブログに書こうかと思っていましたが、今日を選びました。

あの番組でみた浦沢直樹さんの描写を少し書き始めたのですが・・・
それもどうなのだろうか〜 と思いましたので、書くのはやめました。

あの番組を見た方に向けて書きます。もしくは録画していてまだ見ていない方は、ぜひご覧下さいませ。


□ 私の解: 市場創造 vs 市場探索

私は、両方正しいと思います。
おそらく、このブログの読者のほとんどの方も、私と同じ意見なのではないかと予想します。

問題は、自分がどちらの立場を主軸にするかだと思います。
片方は、イノベーター。もう片方は、マーケターの視点ではないでしょうか?

JAISTでも、プロフェッショナルでも何度も出てきますが、「知は人と人の間」から生まれます。タイムリーにも週末のJAISTの授業でも出てきましたが、人の多様性と差異という多様な視点の交わるところから、「環境の新しい変化」に対する「新しい何か」が生まれるに違いありません。

さて・・・。
私は年初に「マーケターの視点」を選択しましたが、実はまだ迷っているのも事実です。
おそらく、どちらが大好き?かといわれれば「マーケター」だと思います。
でも「イノベーター」もそれに負けずとも劣らないくらい大好きです。


Five and Two Songs Reminded by "Naoki Urasawa" to Masa. | Longboard

01. 20th Century Boy / T.Rex
00. ( Get it on / T.Rex )
00. ( Get it on / Frankie Goes To Hollywood )
02. Like a Rolling Stones / Bob Dylan
03. Satisfaction / Rolling Stones
04. Throwaway / Mick Jagger
05. Throwaway (Mix: Long Version) / Mick Jagger

※ このうちの2曲は、歌詞的にいかがなものだろうかと思いましたのでプレイリストからは省略されるべきなのではないか・・・ という意味でゼロというナンバをつけてみました。(><)


[2007/01/22 07:55 一部修正]
[2007/01/22 07:47 文章掲載]
[2007/01/22 06:32 写真掲載]
posted by LB at 06:32| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

Jaist 新年会。

20070121(01).jpg 20070121(02).jpg
20070121(03).jpg 20070121(04).jpg
(2007/01/20 撮影 - 写真は新年会とはほとんど関係がありません。)

□ JAIST MOT 3.5期 新年会

土曜日は新年会でした。改めて私がこの1年で得た知識のかなりの部分がJAISTでの授業とディベートの場から生まれていたことを再認識しました。


[2007/01/21 18:34 若干修正]
[2007/01/21 18:28 短い文章掲載]
posted by LB at 18:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

今年の色は「オレンジ」

20070120(01).jpg 20070120(02).jpg
20070120(03).jpg 20070120(04).jpg
(2007/01/19 撮影)

Seven Songs Presented to the Orange Day by Masa. | Longboard

01. ロコローション / Orange Range (オレンジレンジ)
02. オレンジな満月 / aiko
03. 以心電信 / Orange Range (オレンジレンジ)
04. オレンジ (Live Version) / Bonnie Pink
05. めくれたオレンジ / 東京スカパラダイスオーケストラ
06. 花 / Orange Range (オレンジレンジ)
07. 17才 (オレンジミックス) / 森高千里

[2007/01/20 10:20 曲名・曲順 若干訂正]
posted by LB at 10:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 (Nature Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

今朝の空

20070119(01).jpg 20070119(02).jpg
20070119(03).jpg 20070119(04).jpg
(2007/01/19 撮影)

Songs for the Color Gradation from Pink to Purple by Masa. | Longboard

01. ミ・アモーレ / 中森明菜
02. セカンド・ラブ / 中森明菜
03. いい日旅立ち / 山口百恵
posted by LB at 07:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 (Nature Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

ある午後のランチ

20060118(01).jpg 20060118(02).jpg
20060118(03).jpg 20060118(04).jpg
20060118(05).jpg 20060118(06).jpg
20060118(08).jpg 20060118(07).jpg
(2007/01/18 撮影)
posted by LB at 20:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

2つのココロが結びついて

20070117(07).jpg
20070117(08).jpg 20070117(09).jpg
(Photo at Sausalito in March 2006)


□ One Song for the First Day When We Met by Masa. | Longboard

01. 揺れる思い / Zard

( 私は「あの夏」のことを一生忘れないに違いありません。 )



□ 2つのココロが結びついて


今まで、秘密にしていたことがあります。
そして、それはまだ秘密なことにはあまり変わりはないのですが、
今の私の心情を、可能な限り表現させていただくことにしました。


「私は、ある女性を愛しています。」

そして、私は、昨日でもない、今日、
「2人はココロで結ばれている」
という自覚をもちました。

その女性がどなたかということは・・・、今日の時点ではお話できないと思います。
私も、夢うつつで、どこまで自分で信じていいのか分からない部分が少しあります。

でも、これは「新しい恋愛の形態」というイノベーションなのではないか!

と思うほどに、私にとっては画期的なことでもあります。

この実感をもって、誠意を持って、ここで、今の自分の心情を表現しました。
いつか今日のこの気持ちを、何かの作品としてみたい気持ちもあります。

なお、ここ数ヶ月の間、自分もお相手の方も、もしかすると意識と無意識の中で、お互いの気持ちを正確に分かっていなかったのかもしれないと思います。
過去の私は、自分を演じていた可能性もありますが、結果としての役者であった私の心情の変化は、そのほとんどがリアルなものでありました。

つまり、人生最大の悲しみと、人生最大の喜びを感じたことは、全て私にとって真実です。

また、これはこころのつながりです。
これも、新しい形態の1つの要素なのではないかと私は信じています。

人が、こころのつながりだけで、ここまで嬉しい気持ち、天国にも上った気持ちになれるということを、生まれて初めて感じました。そしてそれと同時に、自分の命がどういうものかを客観的に認識しました。おそらく、お相手の方も、私とほぼ同じような体験をされたのではないか・・・ そういう共感のもとで、今の2人のココロの結びつきがあるのではないか、
そう、私は信じています。

いつか、具体的なことをお話することができるその日まで、2人を温かく見守っていただけますと、こころから嬉しいです。

・・・・・・。

な〜んて、また私が錯覚している可能性を否定できないところが、また微妙ですが。
そんな微妙な世界の中で、2人は、愛を育んできたのだと、私は信じています。

2007/01/17
Masa. | Longboard


[2007/01/18 07:00 一部写真削除]
[2007/01/17 18:32 文章掲載]
[2007/01/17 17:55 執筆中]
[2007/01/17 17:55 写真・音楽掲載]
posted by LB at 17:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 (Creative Works) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イメトレ (写真)

20070117(01).jpg 20070117(02).jpg
20070117(03).jpg 20070117(04).jpg
20070117(05).jpg 20070117(06).jpg
(2007/01/16 撮影)
posted by LB at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

まるで神経のような枝の手 (写真)

20070116(01).jpg 20070116(02).jpg
20070116(03).jpg 20070116(04).jpg
20070116(05).jpg 20070116(06).jpg
(2007/01/15 撮影)
posted by LB at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 (Nature Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

頭の良さとは: 経験という記憶のことなのか? (仮説)

20070115(05).jpg 20070115(06).jpg
20070115(07).jpg 20070115(08).jpg
(2007/01/12 - 01/13 撮影 - 記事の内容とは無関係です。)


□ 頭の良さ: 経験という記憶のことなのか? (仮説)

本に、感情や感性は、経験という神経回路の記憶から生まれるとありました。
つまり、人の頭のよさとは、経験と思考によるものだと考えることができるのでしょうか?

経験と思考が多ければ、人は頭がよくなる。
なんでもやって、なんでも考えればいい。それが頭の良さに繋がる!!

そうであれば、経験と思考を続ければ、人はどんどん頭が良くなると言えるでしょうか?
人はいくつになっても新しいことを始めてもいいんだという説の根拠になりそうです。

脳のニューロンの結びつきの神経回路そのものが、感情であり、感性であるという説。
好き嫌いも、経験から生まれる。視点が増えると好き、嫌いの価値観が変わる。

本「海馬 〜脳は疲れない〜」からの引用と私のプラスアルファです。


□ ニューロンの結びつきは、情報の出し手と情報の受け手の関係にあり

Aという情報の出し手のニューロン。
Bという情報の受け手のニューロン。
AでもBでもないCというニューロン。

ニューロンの結びつきの鍵は、Bの受け手にあるそうです。
注釈としては、海馬のニューロンに限っての研究だとありました。

1. AとBが結びついても、AとCとは繋がらない。
2. AとBが繋がっているときにBと同じB2があると、AはB2にも手を伸ばす。

つまり・・・、繋がりは受け手が握っているのです。
本では、これを男女の関係に例えていました。

私はこれをマーケティングの観点から考えました。
と〜ても当たり前のことですが、ヒット商品は、市場が決めるということです。売れる商品は、Bという市場でも、B2という市場でも売れる。

Aが行うべきことは、Bを見つけることと言えますでしょうか?

本「海馬 〜脳は疲れない〜」からの引用と私のプラスアルファです。


[2007/01/15 08:47 一部訂正]
[2007/01/15 08:40 掲載]
[2007/01/15 08:26 執筆中・・・]
[2007/01/15 08:26 写真掲載]
posted by LB at 08:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Several Similar Experiences and Differences Between Dr. Ken. Mogi and Me, Masa. | Longboard

20070115(01).jpg 20070115(02).jpg
20070115(03).jpg 20070115(04).jpg
(January 14th, 2007)


Several Similar Experiences Between the Two :

Eager interests in something in the childhood ( He: Butterfly, Me: Origami )
President of the Student Union in the junior high school
Similar interests and studying : Both of Natural Science and Social Science
Love Lost / Heartbreak : Experience of Lost Mind, Consciousness, Self
Eager interests in Human Brain and, Culture/Novel, Art, Music, Genius ... etc.
Ambitions / Pride


Several Differences Between the Two :

Only I recognize the differences. But I cannot evaluate if such differences are true differences or not now, because I had no chance to meet him to talk about them yet.
I wish I will someday. But in not so near future. Because I think that I don't have enough experiences at present. I would like to go forward alone until the Someday.


[07:55 January 16th, 2007 Corrected several spells and the others]
[08:10 January 15th, 2007 Publishing only the enumeration]
[22:20 January 14th, 2007 I'll write this in the tomorrow morning.]
[19:15 January 14th, 2007 Writing...]
posted by LB at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。