2006年04月30日

伊藤里絵さん: FRIDAY 〜袋とじ〜

20060430(01).jpg 20060430(02).jpg

■ 伊藤里絵さん 発掘フォト 「子供の日」 記念 クイズ 袋とじカラー

元:自称、伊藤里絵さんリサーチャーであり、現:自称、伊藤里絵さんウォッチャーの私としては、当然、余裕でクイズに一発正解です! よゆう よゆう。

昔からお着物がよくお似合いですね!
手をつないでいるとなりの子が、全然気にならないような、ちょっと気になるような・・・。
あ、ネタバレしてしまったかも。(><) これから買う方、ごめんなさい!
でもみなさん余裕で分かりますよ。楽勝です。

さて・・・ ひさびさに買ったFRIDAYですが、本能に訴求するコンテンツが沢山ありそうな模様です。私は、袋とじはセントフォースのものしかあけていませんよ・・・
なんてウソをついてしまいました。(><)

□ 昨日と今日

昨日は頭の汗をたっぷり掻いただけでなく、知的な欲求を十分に満たすことができてとても幸せでした。まだ私の頭の中には、いろいろなデザイアーがぐるぐる回っている感覚が残っているようです。

今日はスポーツクラブで久しぶりに体の汗を掻いてから、その後にでも秋葉に行きそうな気がします。昨日のJAIST MOTでの「イノベーション概論」でのグループワークについても、このブログにどこまで書こうかすごく悩んでいるところですが、何かしらを書かせていただこうと思っております。
posted by LB at 10:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤里絵さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

Sausalito on March 19, 2006

20060428(09).jpg 20060428(10).jpg
20060428(11).jpg 20060428(12).jpg
20060428(13).jpg 20060428(14).jpg
20060428(17).jpg 20060428(18).jpg
20060428(15).jpg 20060428(16).jpg
20060428(19).jpg 20060428(20).jpg
(2006/03/19 Sausalito)

今週末は特に旅行という計画はないので、過去の素敵なシーンを思い出して、近い将来の素敵なひとときを恋焦がれてみました。Sausalitoについては語りたいことが沢山あるのですが、機会があればまた書かせていただこうと思います。

[2006/04/28 07:00 文章掲載]
[2006/04/28 06:44 写真追加]
posted by LB at 06:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 (Travel) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊藤里絵さん 〜広島 黒田完封〜

20060428(01).jpg 20060428(02).jpg
20060428(03).jpg 20060428(04).jpg
(2006/03/19 San Francisco)

■ 伊藤里絵さん 〜広島 黒田完封〜

またまたやってくれましたね。やはり器が違うのですね!

自分から監督に今年は100球止まりの投球を申し出いてるとのこと。
里絵さんは、黒田評論家と呼ばれてもおかしくないかもしれませんね。

■ 芝桜の丘 埼玉・秩父市 羊山公園

おぉ〜。富良野のラベンダー絨毯も素敵でしたが、白、ピンク、赤の絨毯もいいですね!
私は最近まで知らなかったのですが、つい先日、親友のMercy_kが行ってきたと彼のブログに書いてあったのを見たのを思い出しました。

■ 堀江さん保釈 8kg減 ロン毛

今朝はこのニュースのオンパレードでしたね。
私はこの光景をずっと前に夢で見た気がするので、デジャブのような気分。
特にコメントはないです。以前にこのブログで書いた感想がすべてです。

□ 今週末と来週末

今週末はあまり天気は良くないようですね。
土曜日はアカデミック、日曜日は・・・
日曜日はデジカメを修理に出すとともに「電動歯ブラシ」を物色に行こうかな〜。健診と併せて歯も見ていただいたのですが・・・ 歯科衛生士の方に「もう何年も同じこと言わせないでください。」とでも言いたそうなくらい熱心にきちんとした歯磨きの方法を教えていただきました。毎年あの瞬間が憂鬱だったのですが・・・ やじプラのアナウンサーの方を見習って、私も少し健康的な歯について考えてみないといけなさそうです。

さて、来週末には天気が回復することを願いつつ、久々に土日が自由になりそうな気がしているので、何をしたいのか引き続き夢想してみようと思います。ニュースで見ましたが液晶テレビなど、需要が引っ張り凧なものに従事している方なども、このGWはフル稼働なのだそうですね。想像するに嬉しいような悲しいような・・・ というところでしょうか。

[2006/04/28 07:24 追記]
[2006/04/28 07:20 文章掲載]
[2006/04/28 06:32 写真追加]
posted by LB at 05:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤里絵さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JAIST MOT 「イノベーション概論」 近藤先生 日本を元気にする「成功の宣言文」

20060428(05).jpg 20060428(06).jpg
20060428(07).jpg 20060428(08).jpg
(2006/03/19 Sausalito)

昨日は日本で何十年も経営コンサルタントとしてご活躍されている近藤先生の授業でした。世界的なイノベーションというと、つい米国のシリコンバレーをイメージしがちではありますが、日本のイノベーションというのは過去にも現在にも世界に誇れる宝石がたくさんあるのだ、という事実に自信を持ちました。

ナンバーワン、オンリーワンの数々の事例や、心に残る「言葉」やフレーズをこれまた山ほど頂戴したのですが、朝の短い時間ではとてもとても紹介できる余裕がありませんので、ごく一部だけ書かせていただきます。

■ キーワード

「人間力」と技術力の二刀流。「メモ」と「道具」。「自分の言葉」を創る。自ら「発信」する。
「見える化」。「全員主役経営」。

■ 「四画面思考法」

「ありたい姿」、「なりたい姿」、「実践する姿」、「現状の姿」を4分割したチャートにかいてみるという「四画面思考法」は、直感的なイメージが湧きやすく、「場」、「空間」、「時間」を「見える化」するのに最適な方法だと分かりました。「知」は「実践」しないと「知」にならないわけですので、私に何が実践できるか、絶えず考えてゆきたいと思います。

■ 「成功の宣言文」

ここに書ききれない近藤先生の全ての凝縮の「場」がここにあります。
私もほぼ毎日見ています。毎日、少しづつ考えていくと経験として「知」を蓄積できますので、この「場」に参加することを強くオススメいたします。

「成功の宣言文」
http://www.success-poem.com/

私のブログのアクセス数とはケタが違います。^^)

[2006/04/28 07:50 文章掲載]
[2006/04/28 06:32 写真追加]
posted by LB at 05:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | アカデミック (Academic) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

伊藤里絵さん 〜小泉今日子 亀梨和也 20歳差愛〜

20060427(01).jpg 20060427(02).jpg
20060427(03).jpg 20060427(04).jpg
20060427(05).jpg 20060427(06).jpg

■ 小泉今日子さん(40) 亀梨和也さん(20) 20歳差 熱愛発覚

今日のやじプラ出演者の女性陣は目が輝いていたような気がしました。
古澤さんの「にわかには信じられませんけどね」のコメント、私も同感のような気持ちが半分以上。このニュース報道から想像できることは、世の女性も年下の男の子が好きだということでしょうか。オトコもオンナも同じなんですね!

私は小泉今日子さんの歌う「あたしンち」のオープニング曲がお気に入りです。姪のMちゃんと一緒に見るときには、つい、口ずさんでしまいます。
最初にオープニング曲が流れた回では、最後のおまけに小泉今日子さんも
「あたしンち」に出演していたのを思い出しました。アニメだったのですがとてもかわいらしいキャラでした。最後の「じゃ〜」がかわいかったな〜。

□ 今日の音楽

- あたしンちの唄 / 小泉今日子
- 丘を越えて
- MY SWEET HOME
- 月ひとしずく
- あなたに会えてよかった
- [探索中] (自転車に乗って気持ちのよさそうな歌詞の曲)
- [探索中] (切なくても感動的な曲)
- [探索中] (月明かりが綺麗な風景がみえる曲)

[2006/04/27 07:21 文章掲載]
[2006/04/27 05:23 写真掲載]
[2006/04/27 05:08 タイトル掲載]
posted by LB at 05:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 伊藤里絵さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JAIST MOT 「イノベーション概論」 井川先生

20060427(07).jpg 20060427(08).jpg
20060427(09).jpg 20060427(10).jpg
20060427(11).jpg 20060427(12).jpg
(2006/03/18 SF Pier39)

昨日の講義はいつにも増して「興奮」いたしました!

Xerox PARCとApple Computerのケーススタディ。
若かりし日のスティーブ・ジョブスのインタビュー映像。
「3つのデモを見た。1つはオブジェクト指向。2つ目はイーサネット。でもその2つはそのときは全く目に入らなかった。素晴らしかったのは3つ目のGUIだった。」
「あのデモをみて10分で、これからのコンピュータはみんなああなると思ったよ。」
「Xeroxは、IBMにも、Microsoftにもなれる可能性はあったんだ。」
マイクロソフトのビル・ゲイツの画期的な契約条項は、IBM-PCにクローンができたときのことを想定して、MS-DOSの販売権はマイクロソフトが勝ち取ったこと。

何度も語られる歴史上の奇跡ですが、Videoで見返すとその興奮がいつでも蘇ります。

あの当時の情熱を絶やさないジョブス氏を敬愛して、昨年のスタンフォードでの講演内容へのリンクをおおくりします。私はずっとハングリーなつもりですが、何かの手違いでハングリーでなくなりそうになるようなことがあったとしたら、いつでもこの言葉を思い出そうと思います。

Steve Jobs to 2005 graduates: 'Stay hungry, stay foolish'

http://pla-net.org/blog/archives/2005/07/post_87.html
http://news-service.stanford.edu/news/2005/june15/jobs-061505.html
http://news-service.stanford.edu/news/2005/june15/grad-061505.html

その他にもシュンペーターは「イノベーション」という言葉を定義したときに、「イノベーション」とは「技術革新」というよりは、「技術開発+市場創造」を意味していたこと(※1)、歴史的に研究所は、本社との隔離によって偉大な功績を残してきたこと。
「リサーチ・ダイレクターがしてはいけないことは、リサーチャーをマネージすること」(※2)という考えもあることなどなど、心に残るフレーズが山ほどありました。

※1 正確には定義には5つあります。
「仕入」、「生産」、「組織」のイノベーションもあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC
[2006/04/29 追記]

※2 「いいリサーチマネージャーはリサーチャーをマネージしないこと」から訂正しました。(後日再訂正の可能性あり)

昨日の数時間の講義は、もし私が1人でリサーチしたとしたら、きっと数年分にも及ぶ価値ある内容だったに違いありません。これ以上書いてしまうと、将来講義を受ける方々の感動が薄れてしまいそうですので今日のところはここまでということで。

あまりいい表現ではないのかもしれませんが、大学院に入ってまだ1ヶ月も経ちませんがこの1日で既に授業料分は十分ペイしたような気分です。
井川先生の「イノベーション」へ対する熱い思いが私にも乗り移りました。
土曜日のディスカッションも大変楽しみです。

[2006/04/27 07:00 写真追加]
[2006/04/27 06:34 文章掲載]
posted by LB at 05:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アカデミック (Academic) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

晴れをイメージしてみる

20060426(01).jpg 20060426(02).jpg
20060426(03).jpg 20060426(04).jpg
20060426(05).jpg 20060426(06).jpg
20060426(07).jpg 20060426(08).jpg
(2006/04/21, 04/24 撮影)

昨日の都内は、昼に雷雨かと思えば、そのあとはカラッと晴れて不思議な天気でした。
私はバッティングセンターで雨宿りをしている間にいつもより多く打ってしまいました。

さて、GWでお出かけの予定がある方は、天気を気にされているかもしれません。
ちなみに私は今週末も土曜日にほぼ丸一日講義があるので、日曜日の天気が、晴れとは言わなくとも、せめて曇りであってもらいたいところ。
何して過ごそうかな〜。まだほとんど決めてないや。

話は変わりますが、里絵さんの日記に登場していた飯村さんの髪型、リチャードギアーっぽかったですね。

あと、携帯ブログ見ましたが一眼レフを狙っているみたいですね。しぶいですね〜。
銀塩だったらもっとしぶいかも。私の銀塩は親友の披露宴のとき以来使ってないな〜。

そうそう、私のデジカメ、2月にラーメンの中に落として以来、電源ボタンがオフにすることができないままなんです。今まではバッテリーを抜いて電源を切るという奇妙な使い方で誤魔化していたんですけど、最近は、露出を変えるボタンも利かなくなってしまってかなり末期症状。保証期間があるうちに(???)早く修理に出しに行かなきゃ。(何か突っ込まれそうな気がするけど)
GWに1つやることがとりあえず見つかりました。(^^; それだけだとちょっと寂しいかもしれないけど。

posted by LB at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 (Nature Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

茂木健一郎さん 〜アハ!体験〜

20060425(01).jpg 20060425(02).jpg
20060425(03).jpg 20060425(04).jpg
20060425(05).jpg 20060425(06).jpg
(2006/04/23 撮影 - 久々にワンパイントのヒューガルデン!)

□ 茂木健一郎さん 〜アハ!体験〜

某テレビ番組で、脳が「アハ!」となる瞬間が、成功の連鎖を生むということを誰にでも分かりやすくご紹介されている茂木健一郎さん。最近は毎日のようにいろいろなところで拝見させていただいていおりますが、やはりあの番組の私への影響はとても大きかったです。
あの写真や動画のクイズですが、私は悔しいのですが、正解率3割くらいでした。それも動画の問題は、たまたま早送りで見ていたので、ひと目で分かりました・・・。というか・・・ インチキしてしまったのがバレバレですね。(汗)でも、答えが分かったときのあの何とも言えない恍惚感は、たまりませんね。逆にテレビの出演者が先に分かった、分かったと言われると、悔しくてあせってしまうのか、不思議と頭がうまく回ってくれなくなってしまうような気がします。

さて・・・ 私は「 自称、脳研究家 」の卵なので先生を前にここで自論を展開するのはとてもはばかられることもあり、今日のところは脳についてのお話はここまでということで。(^^; 私の説明で物足りない方は、是非是非、茂木先生の日記で、満たされてくださ〜い!

□ 茂木健一郎さん クオリア日記:
http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/

週末の2つの対談の音声ファイル、頂戴いたしました^^)

それから「セレブ」についての話も、勇気づけれられます。一度セレブになってみると本当のセレブが分かるということですが・・・。なかなか庶民にはそういう体験はできないかもしれないです〜(><)どなたかセレブ体験したような気分になれるゲームタイトルなどを企画してみてはいかがでしょうか??? 男性は分かりませんが、女性にうけるかもしれませんよ。
毎日綺麗なお花や、甘〜いスイーツに囲まれてみたり、ゴマちゃんみたいな愛しいペットに癒されてみたり、ハートをマッサージされてしまうようなゲームは・・・ ちょっと微妙なところもありそうですが、需要はないものでしょうかね??? もしすでに真剣に開発されている方がいらっしゃったら大変申し訳ございません。
素人の私が適当に言ってしまいまして。(><)

なお、先生の日記にありましたが、先生監修のゲームソフトが6月22日発売だそうです。

□ 「脳に快感 アハ体験!」
http://aha.sega.jp/

□ 東京駅は素敵♪

大学院がもう少しの間、東京駅にある関係で、このロケーションが気に入っています。
   理由1:八重洲ブックセンターがある。
   理由2:デパートやショッピングモールがある。
大学院までの道のりに、デパートの食品売り場があるのですが、誘惑に打ち勝つのが大変です。おいしそうなスイーツの山、山、山・・・。

里絵さんはアップルパイ評論家を目指している(???)そうですが、今のところの私は、これというのはまだ見つかっていないかもしれません。強いていればロールケーキが好きですね。秋限定のパンプキンと栗のロールケーキがおいしかったな〜。
写真からも少し推測できますが、最近はお腹がすこしヤバイ状況なので、自制しています(涙)でもヒューガルデンはやっぱりおいしかった。
日本でワンパイントのグラスを売っているのをようやく見つけました。大丸デパートでの催しでみつけました。実はこの上の大きさの3Lのグラス(?)もあることは知っていましたが、次回のイベントで出品されるそうです。

□ JAIST MOT イノベーション概論

今週は「イノベーション概論」ウィークです。週末にまとめのディスカッションと発表があるため、その後に何かかけたらいいな〜と思います。

[2006/04/25 07:40 時間切れ]
[2006/04/25 07:10 一部文章掲載]
[2006/04/25 06:38 写真掲載]
[2006/04/25 06:12 タイトル掲載]
posted by LB at 06:12| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

事業計画 (予告)

20060423(13).jpg 20060423(14).jpg
20060423(15).jpg 20060423(16).jpg
(2006/04/21 撮影)

技術・ビジネス系の大学院をきっかけとして「イノベーション」と「マーケティング」とは何かについて自分なりに考えようと決めたときの初心に返ってみました。

実はこのブログで紹介するのはずっと先のことにしようと企んでいたのですが、そこまで先延ばしにする必要がないことに気がつきました。
当初は100個のビジネスアイデアをリストアップした後で、その中で一番優れたアイデアを軸にしようと考えていました。まだまだ100個には達していませんし、本命はまだまだ温めてじっくり育てることに依然として変わりありませんが、本命ではない小粒のもので失敗したとしても、何も失うものがないとしたら、それからやってみるのも悪くはないのではないかと考えました。

実は土曜日の朝に思いつきましたが、大学院の講義にでてきた言葉に後押しされた形となりました。

「 知行合一 」 知は行を伴って初めて知となる。行は知をもって行となる。

このコンセプトは、実は昨年の10月にサーフィンに初めてトライした日に一度考えていたことでもあります。小さな波で練習して、そこで体得した知恵と経験は、いずれ中波や大波にトライするときにも役立つだろうということです。逆に小さな波に乗れないものが、いきなり大波にトライすることができるだろうかという話にもなります。

タイトルの「事業計画」そのものについては、実はここで詳細を書いても全く問題のないような類のごく一般的な話なのですが、もう少しだけ煮詰めてからにしたいので、今日は予告としてコンセプトだけ書きます。

■ 事業計画 no.1 コンセプト (2006/04/30 版)

一、本業をおろそかにしない副業とする。
一、本業ではないのでとことん遊んでみる。
一、本業ではないので無借金経営をする。
一、本業ではないので利益は度外視する。
一、気に入ってもらえたカスタマーに愛されるサービスを提供する。
一、事業内容は自由度を重視する。
一、誰にも迷惑をかけないように1人でやる。
一、自分で得た知恵やアイデアを協力者と相談してみる。
一、1人でやるのでスケジュールは立てない。
一、スケジュール厭わずゆったりと仕込むが、一度アイデアが見えたら瞬発力を発揮。
一、1人ではできない部分は無償の援助を求める。
一、1人ではできない部分は無償のインセンティブで共感者を募る。
一、コンセプトはいつでも追加・修正できる。
一、コンセプトはいつでもリニューアルできる。
一、いつでも好きなときに解散可能とする。
[2006/04/30 09:24 更新]
[2006/04/23 12:34 初版]

コンセプトにもありますが、マイルストーンはあったとしても、スケジュールはありません。準備が整ったものから1つ1つやろうと思います。社会人大学院生の私にとってベストと思われる戦略はこれしかないと思います。
よって、この事業計画 no.1を詳細に公開できる日程も今のところ不明です。
私にも分からないことなのでしょうがないです・・・。今のところは誰にも迷惑をかけていないというのがせめてもの救いでしょうか。

さて、知行合一を事業に当て嵌めたのが上記ですが、他にも知行合一は当て嵌まるでしょうか。例えば恋愛についてはどうなのでしょう? こちらは事業にも勝るとも劣らないくらい深い話のような気がします。

p.s. 昨日の講義の際に考えていた私のオリジナルの考えは別途掲載を予定。

[2006/04/23 12:54 写真追加]
[2006/04/23 12:34 文章掲載]
[2006/04/23 10:19 タイトル掲載 〜公開内容を検討中〜]
posted by LB at 10:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の体操 (Tea Break) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハナミズキ 白・ピンク・赤

20060423(01).jpg 20060423(02).jpg
20060423(05).jpg 20060423(06).jpg
20060423(03).jpg 20060423(04).jpg
20060423(07).jpg 20060423(08).jpg
20060423(09).jpg 20060423(10).jpg
20060423(11).jpg 20060423(12).jpg
(2006/04/21 撮影)

[2006/04/23 11:45 写真掲載]
[2006/04/23 10:19 タイトル掲載]
posted by LB at 10:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 (Nature Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

山中湖〜河口湖 サイクリング (2004/05)

20060421(01).jpg 20060421(02).jpg
20060421(03).jpg 20060421(04).jpg
20060421(09).jpg 20060421(10).jpg
(2004/05/01〜05/02 撮影 - 河口湖・山中湖周辺)

□ サイクリング: 山中湖〜河口湖 (2004/05/01〜05/02)

甲斐まり恵さんの中継。晴れてきて綺麗な青空をバックに富士山。そして桜。都内はまだうす曇ですが、綺麗な湖畔の景色がみれて嬉しいです!
というのも2年前のGWに親友のTurkey氏と山中湖〜河口湖に行ったのですが、桜が終わってしまった季節だったのです。2年ごしとなりましたが、河口湖の桜がどんなかんじなのかが分かって嬉しいです。

さて、このあたりをサイクリングしようとされる方へのアドバイスとしては、山中湖から河口湖はゆるやかな下り坂が続くので、新緑の春はとっても気持ちいいですよ。きっと逆方向に走る必要があるとするとあまり気持ちよくないと思います。川口湖畔のサイクリングもいい感じです。ちょっとチャレンジャーな方には、山中湖到着前に明神峠・三国峠越えにトライしてみてもいいかもしれません。一言で説明するとタイヘンです。
乗り継ぎの時間が待てずにJR御殿場線の山北駅(※)から出発したのですが、途中のトンネルでは車とスレスレに走らないといけなかったりしたり、峠までの道のりは本当にタイヘンです。最後の方はやはり自転車を轢いて上ったと思います。
でも・・・。峠を制したときの達成感はサイコウでした。山なみに沈む太陽を見届けたあと、一気にダウンヒル。それまで数時間かけて上った標高をものの10分程で下っちゃいます。あの下りは、長い上りを達成した人へのご褒美と言えますね♪

※ 補足しますと電車に自転車を載せる場合は輪行バックが必要です。逆に輪行バックがあって自転車のバラし方が分かれば電車でどこでも行けちゃいます。

20060421(05).jpg 20060421(06).jpg
20060421(07).jpg 20060421(08).jpg

■ やじプラ 芸能: 木村佳乃 Ms.Lily 2006 〜もっともユリの似合う女性賞〜

理想の男性像: 「真剣なお顔が色っぽい男性が好きです」

Q:「彼は色っぽいですか?」
佳乃さん:「その手には乗りませんよ!」

■ やじプラ 映画: 「ハチミツとクローバー」

「美術大学に通う5人の男女。この5人全員が片思いというせつない恋模様を描いた作品」
「恋をすると世界が違って見える」

■ やじプラ 野球: 清原骨折か???

連敗脱出は嬉しかったのですが・・・。
言葉が出ません。大事にならないことを祈るばかり。

新庄も辞めないで欲しいですね。
清原と新庄が出場する試合をもっともっとみたいです。

■ やじプラ 一刀両断/異議あり: 岡本太郎の贋作 100点超

「贋作」というと、わたしはコミックの「ギャラリーフェイク」を連想します。

主人公のフジタとヒロインのサラのやりとりも好きですが、悪徳商人の顔を持っていても実は美意識をもった善人でもあるというフジタ(藤田玲司)。あの役所は次郎長に通じるものがあるのかもしれませんが、いい味出しています。
実は私がNYのメトロポリタン美術館に行きたくなったのは、このフジタがメッツの元キュレーターだったというストーリーもかなり影響していると思います。
それから「ギャラリーフェイク」の最後の話は「モナリザ」の真作の話。一時期ダ・ヴィンチ研究にはまっていたことがあったのですが、テレビでも紹介されたあのもう一枚の「モナリザ」は、テレビよりも先に「ギャラリーフェイク」に出ていました。話によると昔からかなり有名な絵なのだそうですね。
たけしさんが司会をしていた番組だったのですが、テレビで最初に見たときには本当に信じたものです。あの「絵」は私の美的感覚の中では「真作」と思えるほどに美しく感じました。
真相についてはよく分からないのですが・・・(><)

□ 健康診断

今日は検診。自己流で毎年朝食を摂っていたのですが、今回は通常通り食べないで行ってみようかと思ってます♪
朝食に関する心境の変化の理由は・・・ 聞かないでください(><)
でも・・・ 2年前の河口湖の自分の写真と今の自分を比べてみると、ダイエット前とダイエット後の自分を見ているような気がします。1年以上前の写真はお腹が・・・ すごいことになっています! かなりはずかしいですが、機会があったら比較写真を披露しちゃおうかな〜。
いや、やっぱりしばらくはやめておこう(^^;

[2006/04/21 07:17 執筆完了]
[2006/04/21 06:46 一部文章追加]
[2006/04/21 06:10 一部文章掲載]
[2006/04/21 05:42 写真掲載]
posted by LB at 05:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツセラピー (Sports Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

ツツジと緑

20060420(01).jpg 20060420(02).jpg
20060420(05).jpg 20060420(06).jpg
20060420(03).jpg 20060420(04).jpg
(2006/04/18〜04/19 撮影 - 文章とは無関係です(汗))

■ やじプラ芸能: 映画 「キャッチ ア ウェーブ」

「「恋」と「友情」そしてサーフィン。高校生たちのひと夏を描いた青春映画。」

原作者は豊田和真さん(17歳)。ヒロインの母親役のとよた真帆さんの甥。
今月29日公開。

高校時代の思い出が蘇ってきます。
当時友人が試写会好きでよく銀座に試写会を観に行きました。でもなぜかどんな映画を観たのかを思い出せない・・・。高校時代に観た映画で一番記憶に残っているのは、
「ダウンタウンヒーローズ」 山田洋次監督。
主題歌は薬師丸ひろ子の歌う中島みゆきの「時代」でした。

高校時代と言えば、里絵さんの携帯ブログのカチューシャもいい感じでしたよ!
(社交辞令かどうかは・・・ 自分でもよく分からない(><))

それから日記の吉祥寺。昨年の夏頃(?)にTurkey氏とサイクリングの途中で井の頭公園の池のところにあるベンチでランチしたのを思い出しました。ボートに付いて行くカモ(アヒルもいた?)の挙動が気になって眺めていたのですが、餌をくれることを知っていてボートを追いかけているのが分かったときには、少し悲しかったような、少しかわいいと思ったような微妙な心境になったものでした。

さて、サーフィンですが・・・ 前回1月にやって以来かなりしばらくの間お休みしています。かなり暖かくなってきたのでGWあたりに復活してみようかな〜。ひさびさなので体がどこまで覚えているかちょっと不安。(><)

[2006/04/20 06:32 一部修正]
[2006/04/20 06:24 文章追記]
[2006/04/20 06:07 文章掲載]
[2006/04/20 05:22 写真掲載]
posted by LB at 05:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 自然 (Nature Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

初夏のような陽気: 森林浴、八重桜、チューリップ

20060419(01).jpg 20060419(02).jpg
20060419(03).jpg 20060419(04).jpg
20060419(05).jpg 20060419(06).jpg
20060419(07).jpg 20060419(08).jpg
20060419(09).jpg 20060419(10).jpg
20060419(11).jpg 20060419(12).jpg
(2006/04/18 撮影)

昨日の日比谷公園はベンチも噴水の周りも太陽の下でランチを食べる人で一杯でした。夜でもTシャツで大丈夫な陽気でしたね♪
posted by LB at 06:28| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然 (Nature Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

ハナミズキ

20060418(01).jpg 20060418(02).jpg
20060418(03).jpg 20060418(04).jpg
20060418(05).jpg 20060418(06).jpg
(2006/04/17 撮影)

昨日も暖かかったですが、今日も気温がぐ〜んと上がって都内も含めて今年最高気温になる地域が多いそうですね♪
posted by LB at 05:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 自然 (Nature Therapy) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

本: 東京タワー(リリー・フランキー)、天使の卵・天使の梯子(村山由佳)、映画: プロデューサーズ

20060416(07).jpg 20060416(08).jpg
20060416(09).jpg 20060416(10).jpg

里絵さん、広島が黒田で連敗脱出、おめでとうございます!

■ 本: 東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 ( リリー・フランキー )

大学院の講義のあとで八重洲ブックセンターを覘いたら、特別待遇で置いてありました。立ち読み・斜め読みではとてもすべてを味わいつくせそうな気がしなかったので、自分のものにしてしまいました。
まだ最初のページからきちんと読んでいないのですが、途中途中の重要なシーンから読んでしまいました。最初から一字一句を読まないと気がすまない読書家にとっては邪道な読書でしょうね。

東京タワーの上まで上がったことのない主人公とオカンというシーン。そう言えば私も途中までしかあがったことがないかもしれない。東京タワーはリニューアルされて1Fも小奇麗になったようだし、例の中継でやっていたように新しい趣向が増えているそうだから、都内の高層ビルがいくら増えたのかということを眺めにいくのも悪くないかもしれません。

さて・・・。私のオカンの話。せっかちで結論をどうしても知りたいときには後ろから本を読むという。最近は、一字一句読まないと駄目なんだとか言っておきながら、つい先日も上下巻の上巻を読んでから下巻を入手したらすぐに結論を読みに後ろから読んだという。そして読んでいないストーリーを勝手に類推するのだそうだ。なかなか私のような凡人には真似のできない本の読み方だ。というか、最近少し真似してしまう自分がこわい。
恥ずかしいからでしょう、私はオカンにはあからさまに親孝行をしたことは数えるくらいしかないのですが、来月は久しぶりにカーネーションでも送ってみようかなという気分になりました。まずはその前にこの本をきちんと読まないとですが。(><)

■ 本: 天使の卵・天使の梯子 ( 村山由佳 )

こちらも週末に調達したばかりなので、まだ最初の出会いの部分しか読んでいないのですが、最初のシーンの描写はとてもリアルでいい感じですね。
美大浪人生と年上の女性が電車で出会う。主人公が出会いのあとであわてて逃げるようにその場を去って、その後に後悔してしまうのがかわいいですね。このあとどのように再会するのだろうか・・・。まだまだ楽しみがたくさんありそうです。

■ 映画: プロデューサーズ

私はまだ見ていないのですが・・・。
たまたま私のオカンとオトンが見に行ってきたというので、感想を聞いてみました。面白かったそうです。片方のプロデューサーが牢獄に入るというくだりが、「ブリジットジョーンズの日記」の続編のシーンを彷彿とさせました。

6月公開予定の「やわらかい生活」も気になります。
6月まで待ちきれない気分ですが、5月も素敵な季節なので楽しみがたくさんあるんだと思うことにしようと思います。

[2006/04/17 08:15 執筆完了]
[2006/04/16 22:45 時間的都合により執筆延期]
[2006/04/16 21:30 写真掲載]
[2006/04/16 10:09 タイトル掲載]
posted by LB at 08:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

システム科学方法論 〜集合論とプロフェッショナル〜

20060416(01).jpg 20060416(02).jpg
(2006/04/12 撮影 - 建築の重要な要素の光から連想: 森林浴のイメージ)
20060416(03).jpg 20060416(04).jpg
20060416(05).jpg 20060416(06).jpg
(2006/04/14 撮影 - プロフェッショナルから連想: 永遠に愛する職業)

■ NHK総合: プロフェッショナル仕事の流儀 〜建築家 中村好文〜

「主人公は家」
「依頼主は自分が欲しい家を分かっていない」
「楽しい暮らしが分かっていないと、心地よいものを生み出すことはできない」

脳科学者の茂木健一郎さんの好奇心あふれる質問から、建築家の中村好文さんのスタイルが余すところなく映し出されました。話をされている中村さんの表情、そして、言葉の端々から、何かを超越した人が放つオーラのようなものを感じました。

■ システム科学方法論

今回は西洋と東洋のシステム思考と、集合論を使ったシステム構造化をやりました。

■ 集合論のあるチャートから考えたプロフェッショナルとは

集合論の難しい数式を眺めているうちに、私の心の目には全く別の風景が映りました。集合論の話で、2項関係のある要素を含んだある集合の2つの部分集合が、全く交わらない、つまり、空集合になるケースの例を見ていた時でした。
ある系に2つの集合があり、1つは過去を表し、もう1つが未来を表すと勝手に仮定してみました。その2つの集合が全く交わらないとしたら・・・。その2つの集合には、プロフェッショナルの要素はいないということなのではないか・・・という考えに辿り着きました。

プロフェッショナルとは、いかなる環境の変化にも対応できる、普遍性、あるいは、柔軟性をもった立場の人だというコンセプトが、たまたま自分の短期記憶に残っていたために、その集合論の1つのチャートと、プロフェッショナルのコンセプトが、結びついたのだと思います。

最近、いろいろなところで時代が変わっていく様子を目の当たりにします。そのように時代が変わるときに、ジェネラリスト、スペシャリスト、プロフェッショナルという立場の中で、どの立場が柔軟に対応できるかという話が、メディアで多く取り上げられているのも目にします。
現実社会は簡単にはシミュレーションできないに違いありませんが、単純なモデルで少しは意味がありそうなものをつくれたとしたら、環境変化に強い戦略は何かというゲーム理論の話にもなりそうです。

さて、私は目の前の多種多様なものに興味を持ち続けたいというジェネラリスト的な立場を捨てきれないでいる過渡期が長期に渡って継続しているため(?)、どのプロフェッショナルに向かっているのかということを、言葉で表現することがとても難しい状況です。
それを少しでも明らかにするために、アカデミックの世界に足を踏み入れたばかりなのですが、自分が何のプロフェッショナルに向かっているのか・・・。絶えず自問自答してゆきたいです。

自分が何のプロフェッショナルだと、明確に言える方を大変尊敬いたします。

[2006/04/16 22:36 文章掲載]
[2006/04/16 21:30 写真掲載]
[2006/04/16 10:08 タイトル掲載]
posted by LB at 10:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アカデミック (Academic) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

伊藤里絵さん 〜中野サンプラザとサンプラザ中野が消滅???〜

20060414(01).jpg 20060414(02).jpg
20060414(03).jpg 20060414(04).jpg
(2006/04/13 撮影 - ソイラテとハナミズキ)

■ 中野サンプラザとサンプラザ中野が消滅???

中野サンプラザの再開発案があり、サンプラザ中野さんがピンチだそうです。
最近中野にあんまり行ってないな〜。過去にはいくつも思い出があります。

またカミングアウトしてしまいますが、いろいろな意味で青かったハイスクール時代。

電車賃を浮かすために自宅から自転車で中野まで。当時は道を知らなかったのでえらく遠いところのように感じました。今はルートを知っているので全然近場だと感じていますけど。
さて、そこで人生初の大人な映画館に入ってしまいました・・・。リビドーを感じました〜。今はいろいろなものがあるのでわざわざ映画館に行く人もいないのでしょうけど。でも、学生証を見せて学割で入った記憶があるぞ〜。成人向けだったはずなんだけど・・・。(汗)
窓口のおばちゃんが見逃してくれたのかな〜。って、普通、成人向けに学生証で入るな!っていう突っこみが入りそうですが・・・。(汗)(汗)(汗)

一応フォローしておくとそういう映画館に行ったのはあれが最初で最後です。

経験した人は知っているのかもしれませんが、普通の人には耐えられないような雰囲気があります。何でも経験してみるのはいいということでしょうか。一度経験するともうお腹一杯になってしまいます。と強引にこの話題をしめくくろうとする私。

サンプラザ中野さん、すみません、話が全然違う方向に行ってしまいまして。(汗)

■ ゴールデンウィーク 5社に1社は9連休 平均5.9日

私はやじプラ見ますよ〜♪ 自称、伊藤里絵さんウォッチャーですから〜。

20060414(05).jpg 20060414(06).jpg
20060414(07).jpg 20060414(08).jpg

■ 富士通FMV 木村拓哉出演 新CM

FMVのCMって、不思議な感じのが多いみたいな気がします。
木村拓哉さんもこのCMは、かっこいいというイメージとはちょっと違う一面。
全然話は変わりますが、木村拓哉さんのおかげで、私は、建築家にも、ホッケーマンにも、パイロットにも、ヘアデザイナーにも、検察官にも、不良にも、犯人にも、ドライバーにもなれました。
今は豪邸を計画中だそうですね。私は遣り残していることが沢山あるので、豪邸はまだいらないかも〜。って豪邸を構えられる人に嫉妬しているだけかもしれませんね。

■ ユーミン 夏ツアー・スタート

VTRはルージュの伝言。
海をモチーフにした衣装とステージ。一足先に夏を夢見る。いいですね〜。

ライブは年末年始にNYのBlue Noteに行ったのがひさびさでしたが、
今のところは、次は、ユーミンか、小野リサか、Misiaのライブに行ってみたいな〜。でもライブって、一人で行くのはかなり勇気がいるんですよね。
問題は・・・。知人でこの趣味を持っている人が思い浮かばないこと。
実は隠れユーミン/小野リサ/Misiaファンだった知人がいたら、Mixiにメッセージをお願いしますね! (ブログで業務連絡してすみません。(><))

ちなみにNYのBlue Noteは、私のいろいろな意味での師匠のややまともさん(芸名?)と行きました。私が1年間の西海岸、ロンドン出張前にとてもいい英語教材を下さったのは忘れません。

元旦のBlue Note。ヴォーカルもウッドベースもとても素敵でしたが・・・。
私はジェットラグで、ほとんど睡眠鑑賞してしまったんですよね。

憧れの本店に入れて、久しぶりに再会した憧れの人と食事をして、いいジャズと触れ合って、店の照明の心地よさにも酔ってしまい、安眠することができました〜。(^^;

かなり昔の話ではありますが、ややまともさんは、私を「はったりくん」と命名して下さいました。今はジャズピアノを専攻されている方で、いろいろな才能のある方ですが、とくにネーミングのセンスは、私はこの方の右に出る人に出会ったことがありません。

夏にボストンに行くチャンスをうかがっているので、また会えるかもしれないのが楽しみ♪

[2006/04/14 07:15 掲載完了]
[2006/04/14 06:15 写真掲載]
[2006/04/14 05:08 タイトル掲載]
posted by LB at 05:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤里絵さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK総合: プロフェッショナル仕事の流儀 〜建築家 中村好文〜

とてもいい話なのですが、後日執筆を予定。

[2006/04/14 07:20 時間的理由により掲載中断]
[2006/04/14 05:08 タイトル掲載]
posted by LB at 05:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

伊藤里絵さん 〜やじプラ占い:ふたご座 恋愛運にラッキーブルーベア〜

20060413(01).jpg 20060413(02).jpg
(2006/04/12 撮影 - 今年の八重桜も大きいですね!)

■ やじプラ占い:ふたご座 恋愛運にラッキーブルーベア

「好きな人とふたりきりで幸せな時間を満喫。」♪

今日の夜から明日にかけて「満月」のようですね。
雲に隠れて見えなくとも、「私のハートはフルムーン」♪♪♪

■ 松平健 披露宴で友人祝福

上戸彩さんのコメント「子供の気持ちをもった人」が理想の相手

別の記事で吉澤さんが「ピーターパン・シンドローム」について話されていました。女性の場合は「シンデレラ・シンドローム」ですね。でも、「ピーターパン」と「シンデレラ」の相性はどうなのかな〜。ちょっと疑問符が付きますね。(><)
何か小話が書けてしまいそうな構図が浮かんできちゃいます。

大人になりきれない私としては、ドラえもんの「のび太」のような気分です。
私は丸いメガネをかけると「のび太」くんになっちゃうんです。メガネを変えれば「出来杉くん」にもなれちゃいますけど。メガネのセレクトって難しいですね。あまり自信がないので、やはりコンタクトに頼っちゃおう〜。

■ オープニング: 大木さん 〜野球が面白い〜

自分がサポートしている選手やチームの調子がいいと、とっても気分がいいものです!
清原効果のオリックス 、ジャイアンツ 原監督、東京ヤクルト 古田、そして楽天。
昨日は私の応援しているところがみんな勝利してしまいました♪♪♪

何か今日はとってもいい一日になりそうな気がしちゃいます。

巨人が強い年と景気との相関関係というのがあったと思います。
もし、日本に巨人ファンが多数なのであれば、今年も当てはまるかもしれません。

でも野球も株式投資と同じで、毎日一喜一憂するものなんですよね〜。
オリックス、こんなに開幕から飛ばして大丈夫なのかな〜。ちょっぴり心配です。

20060413(03).jpg 20060413(04).jpg

■ 世界通信のリトアニアのニュースの導入

古澤さん:「女性はキレイになりたいものですよね?」
里絵さん:「はい〜」
古澤さん:「女性がキレイになりたいのは万国共通のようで」
次のニュースへの美しい導入。

でも里絵さんは、これ以上キレイになってどうするんでしょうか???
(ひさびさに褒め殺しモード ^^;)

■ インドネシアのプレイボーイ廃刊運動

不思議な国ですね。東洋の神秘でしょうか・・・。といいつつ日本も海外から見ればまだまだ不思議の国かもしれませんけど。

「堅い内容なのに堅くなったのは態度ということなんでしょうか」という古澤さんコメント。ちょっとはずし気味なのがデーブさんっぽくて素敵。
「堅い」の漢字はいろいろあってタマに間違えちゃいますね。
私もちょっとはずしてみました。(汗)

■ 甲斐まり恵さんのオススメ

最近のオススメで思い出すものは、オリガミ、横浜中華街、そして今日は、トマトケーキでした。気に入って口コミでもオススメしちゃうとのこと。古澤さんと大木さんがテイスティングしていましたね。羨ましい。
私は、里絵さんの好きな豆乳も、それからトマトジュース、グレープフルーツジュースも好きです。特に自分でグレープフルーツをスクイーズするときのフレッシュなアロマはたまりません♪

20060413(05).jpg 20060413(06).jpg

■ きょうだけ、よ

「筋トレ」の話で盛り上がっていましたね。

堂さん、私も打ち合わせ中とかにお腹なっちゃうことありました・・・。お尻から出る風圧に比べればそれほど恥ずかしいことではないですね。それにお腹がすくってことは頭も体もフル回転している証拠だとも思いますよ!

古澤さんと西脇さん。筋トレされるそうですね。
私の場合は今更背が急激に伸びることはさすがにないと思うので、無理をしない範囲で体型は気にしていきたいところです。でも、筋肉質になると逆に背が縮んでしまうなんてこともあるかもしれませんね。
実は私はなで肩なんです。女性のなで肩は着物がすごく似合うのだと思いますが、男性のなで肩は着物があまり似合わないような気がします。
野球は好きですが、肩がなで肩なせいか、スピードがあまり出ません。
お恥ずかしながら、今まで100キロを超える球を投げたことがないんです。
大学時代の野球大会ではピッチャーもしたことがありましたが、打線の援護がなくて0vs2で負けたことがありました(※)。あの一試合のために2ヶ月も猛特訓したんですけど〜。懐かしい話です。
バタフライがキレイに泳げるようになったら逆三角形と強い肩を鍛えられるかな〜。

※ 追記: 実は私が卒業した次の年は優勝(!)したそうです。私の思いが次の年にも残っていたのかな〜とこれまた自分にいいように解釈している次第です。

それから西脇さんのご自慢のファッションというのも気になります〜。

里絵さんの腕はもう十分に細いように見えるのですが、どこまで細くするおつもりなんでしょうか???

■ 里絵さん 携帯ブログ 〜喫茶店で読書♪〜

私は最近自転車に頼りすぎなこともあって読書をする時間があんまりない・・・。西海岸の往復のフライトでは読書する時間があったのですが。
そうそう、米国で1.5キロも肥えてしまったわたくし。ベスト体重からトータルで3キロも増えてしまいました! 健康診断の体重測定前にちょっとピンチ。
例えが逆ですが、売却していない保有株の含み資産が半減してしまったときのような気分。でも最大重量から比べればまだまだ7割もダイエット効果が残っているし、春〜夏はいつも体重が減少するのであまり無理はしなくても大丈夫かな〜。

でも、今日はウォーキング&電車の中で読書に励もう♪

[2006/04/13 08:26 一部修正]
[2006/04/13 08:10 執筆完了]
[2006/04/13 07:18 一部文章掲載]
[2006/04/13 06:21 写真掲載]
[2006/04/13 05:20 タイトル掲載]
posted by LB at 05:20| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 伊藤里絵さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

伊藤里絵さん 〜松任谷由美+クレイジー・キャッツ Still Crazy For You♪〜

20060412(05).jpg 20060412(06).jpg
(2006/04/11 撮影)

■ Still Crazy For You♪ / クレイジーキャッツ & 松任谷由美

ユーミンの歌声と、クレイジーキャッツのサウンド。正直今までは想像もつかなかった組み合わせですが、聞いてみるとすごくいいかんじですね。
さびの歌詞も素敵そうですが、数十年前の音源を再現しているということで、音の方も気になりますね。
少し話が脱線しますが、某裏番組でビートルズの新アルバムのニュースを見ました。こちらはリミックスしたナンバーということで、私的には40年前のサウンドのリプロデュースというのがマイブームになりそうな予感がします。

さて、ユーミンは多摩美出身で最近は自転車を利用しているそうですね。
ある番組で母校の多摩美で歌うシーンを見たのを思い出しました。

私にとって美大は憧れでした。多摩美、武蔵美、そして東京芸大。
大学時代に美術大学への再入学を真剣に考えていた時期がありました。一度目の3年の後半の半年くらいだったと思います。「恋」「美大」「ハワイ」「留年」がキーワードになるのですが、話せばすごく長い話になり、私の人生を話す上でとても重要かつ大切な話ですので、いずれゆっくりと書かせていただくことができればいいなと思います。今日のところは過去に美大に憧れたことがあったということだけにしておきましょう。

■ オープニング: 堂さん 〜衣替え〜

地域によってはこのオープニングや、5時台の里絵さんオンパレードを見られないんだそうですね。毎日は難しいですが、心に残ったシーンをお伝えしていけたらと思います。

今日からしばらくオープニングの話題は担当制になるそうです。
第1回は堂さん。「きょうだけ、よ」でも衣替えの話題で盛り上がっていましたね。季節の変わり目。衣替えのタイミングが難しいですね。
堂さん、里絵さんは、しばらく様子見のご様子。
古澤さんは、衣替えなしで年中季節の服装が部屋にあるそうです。^^)

私は、最近はさすがに春〜夏と秋〜冬は衣替えをするようになりましたが、20代のときは年中Tシャツでした。昔は職場に同じようなS先輩がいたので、周囲から「Tシャツで寒くない?」と言われてもS先輩と同じ体質なんですと言えば良かったのですが、S先輩がいなくなってから立場が弱くなって困っています。(><)そうそう、S先輩が結婚されたという話を聞きました。同じような体質の私を少し勇気づける心あたたまる話なのでありました。あまりにもローカルな話題ですみません・・・。

20060412(01).jpg 20060412(03).jpg

■ オレンジ色の里絵さん

私的には今日のファッションの色こそが「オレンジ」だと思うのですが、私はブラウン管を通して見ているので色味の微妙な違いまでは分からないのがちょっぴり残念です。でも平日毎日、里絵さんを見れる生活は素敵♪

■ 広島の黒田投手

「いつもいい投球するのに打線の援護がないんです〜」
「もう〜〜〜」プンプンと感情をあらわにする里絵ヒメ。

いずれ訪れる勝利への期待が高まりますね。

実は黒田投手をまじまじと眺めたのは昨日が初めてだったかもしれません。

昨夜のスポーツニュースのダイジェスト。いい投球をしていたので応援していたのですが、あのような結果になってしまいました。(ぐすん)
でも勝って欲しかったような、負けてちょっと嬉しかったような、複雑かつ微妙な心境です。気持ちというのは自分でも分からないことが多いですね。好きであって少しだけ嫌い。そんな感じです。それを嫉妬と呼ぶならそうなのかもしれません・・・。(><)

私は吉澤さんのように神戸出身(※)ではないのですが、大学時代の親友が大のオリックス(当時は阪急色が残っていた)ファンだったことと、オリックスの選手が魅力的な人ばかりだったので、あのときに感化されました。吉澤さんが話されていましたが、やはり、なんといっても今年は清原ですね。ベンチでもバットでも両方とも清原効果をとても期待しちゃいます♪

※ 訂正します。北海道でした。大変失礼致しました。[後日訂正]

さて、セリーグでは黒田投手の他は、個人で応援してみようと思います。巨人の選手は私は知らない人の方が多くなってしまいましたが、原監督はなぜか応援したくなります。それから東京ヤクルトの古田。この2人に注目してみようかと思います。

20060412(02).jpg 20060412(04).jpg

■ ゆで卵は重力に逆らう

慶應大学の研究グループのリサーチ結果。

古澤さんの「我々の生活にはあまり関係なさそうですが・・・」が正直なところのコメントだと思います。きっと研究グループも半分はそういう気持ちで研究しているような気がしてしまいます。^^)

松井さんは「科学者は卵を高速回転する装置を開発するんですよ。」と半分は肯定的なようなそれでも少し風刺のような絶妙のコメント。

私は似非経済学士ですが、そんな私でも母校を少し援護したい気持ちになります。世の中にある未解決の課題について言えることは、ある世界で解決した知が、それとは全く別の世界で通用するということがあると思います。

あくまでも例えば話になりますが、将来、光速に迫るような勢いの超高速移動手段が、重心を変える回転運動を問題にすることがあったとしたら、何かの役に立つかもしれません。ニュートンがりんごから引力のコンセプトを導き出したという例え話ほど大それたものではないかもしれませんが、目の前にある未解決の課題というのは、そのときにしっかり頭に入れておくと、将来にも役立つことは往々にしてあると思います。理系の話から離れると、生活の知恵や主婦の知恵なども、意外と株式投資に役立ってしまうことありますよね?
人は好き嫌いで自分に必要な情報を取捨選択する必要があるとともに、それとは逆に、たまには自分が今まで興味を持っていなかった目の前のものにも興味を持ってみるという好奇心も大事ですね。この好奇心は間違いなく重要です。

私が休職期間中に得たもので重要だったものは、実はこの「好奇心」の再生にあったのかもしれないと、今になって思ってしまいます。

(今朝は BGM:「甘い予感」 井上陽水 (原曲:ユーミン)で書いてみました。)

[2006/04/12 08:12 掲載完了]
[2006/04/12 07:47 一部文章追加]
[2006/04/12 07:27 一部文章掲載]
[2006/04/12 06:17 写真掲載]
[2006/04/12 05:17 タイトル掲載]
posted by LB at 05:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 伊藤里絵さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。